痩せるダイエット運動法

下半身デブから卒業!下半身ダイエットのやり方とは

ダイエットしたい部位で女性に多いのは「下半身」です。

洋服もトップスはSサイズなのにボトムスはMでもギリギリきついという方がいます。

なぜ下半身が集中して太るのでしょうか?
そしてどうしたら痩せられるのかをお伝えさせていただきます!

【下半身ダイエットには3つのタイプある】

下半身が集中的に太ってしまった人はみんなが同じ原因ではありません。
実は3つのタイプあってやり方も微妙に違っています。
そのタイプは次の3つです。

  1. 水太りタイプ
  2. 脂肪太りタイプ
  3. 筋肉太りタイプ

〔水太りタイプ〕


いわゆるむくんでいるタイプですね。

しかしそのむくみが慢性化してしまい水分の循環がとても悪く、常にむくんでいら状態が水太りタイプです。
下半身だけが気になる人に多いタイプですね。

〔脂肪太りタイプ〕


脂肪太りタイプはオーソドックスな肥満ですね。

太ももや足のつけねなどに頑固なセルライトがついているのが特徴です。
このタイプは下半身だけでなく全身が肥満傾向にあります。

〔筋肉太りタイプ〕


スポーツをしている人に多いのが筋肉太りタイプです。

筋肉がついていても引き締まった印象ではなく、ゴツい男性のような体つきになるので気になる人も多いでしょう。

ですが比較的治しやすく引き締まった体になりやすいタイプでもあります。

【水太りタイプのダイエット方法】

下半身ダイエットの中でも早く効果が出やすいので取り組みやすいと思います。
水太りタイプの方は次の原因があります。

  1. 下半身の筋力不足
  2. 水分不足
  3. 塩分の摂りすぎ
  4. その他

これらに対処していくことが重要になってきます。

〔下半身の筋力不足に対する方法〕

下半身から血液やリンパ腋などの水分が胴体に戻ってくるには足の筋力が必要です。

下半身の筋力が不足していると水分が戻って来にくくなるので水太りの原因になります。

下半身の筋力アップにはウェイトトレーニングやスクワットがオススメです。
自転車やエアロバイクで速く漕いで無酸素運動をしても筋力アップになります。

柔軟体操をして筋肉を柔らかくするのも重要なのでオススメです。

〔水分の不足に対する方法〕

水太りだからといって水分を飲まないようにするのは逆効果です。
水分が不足すると血液がドロドロになり流れも遅くなり、下半身から血液が戻って来にくくなります。

単純に水分をこまめに補給しましょう。
一般的に1日2リットルは飲むようにと言われています。
このときの水分は常温以上の温度にしておきましょう。
冷たい水ばかり飲むと体を冷やして全身の代謝を悪くしてしまいます。

〔塩分の摂りすぎに対する方法〕

塩分の多いものばかり食べていると塩分濃度を調整するために、細胞は水分を多く取り込もうとします

余計な塩分をとらないようにすることも大事ですし、すでに取り込んだ塩分を出すことも大事です。
余計な塩分はカリウムを摂ることで出しやすくなります。
カリウムはアボカド・ジャガイモ・ほうれん草・バナナ・キウイフルーツに多く含まれています。

〔その他の方法〕


水太りタイプはリンパマッサージを受けたり、むくみを解消する漢方やサプリメントを使うことでより早く下半身痩せができます。

【脂肪太りタイプのダイエット方法】


脂肪がついていて頑固なセルライトになっていると落としにくいので本格的なダイエットが必要です。

脂肪太りタイプの主な原因は次の2つです。

  1. 糖質・脂質の多い食事
  2. 運動不足

〔糖質・脂質の多い食事に対する方法〕

普段何も意識せずに生活しているとほぼ確実に糖質が多すぎる生活をしていることになります。
糖質はごはん・パン・麺類・お菓子・いも類に多く含まれています。
普段けっこう食べてませんか?
そういったものを減らして代わりにたんぱく質の多い食事に変えるといいでしょう。

脂質は糖質を減らす食生活になったときには大切なエネルギー源になるので必要なのですが、バターやラードのような動物性の油ではなく、オリーブオイルやごま油などの植物性の油にしましょう。

動物性の油には体に蓄積しやすい飽和脂肪酸がメインになり、植物性の油には体に蓄積しにくい不飽和脂肪酸が多く含まれているので植物性の油を使うようにしましょう。

〔運動不足に対する方法〕


単純に運動をしましょう。
運動といっても筋トレではなくランニングやウォーキングなどの有酸素運動が効果が高いです。

足への負担が気になる人は水泳もオススメです。

その他にも自転車・トランポリン・ラジオ体操などあまり激しくないものがいいですね。
目安としては会話しながらでもできる運動をしましょう。
呼吸が十分にできない運動は無酸素運動となり筋肉を増やすことがメインになります。
無意味ではありませんが効率よく脂肪を落としたい場合は有酸素運動をしましょう。

〔その他の方法〕

脂肪太りタイプに効果的なのは脂肪を燃焼させるサポートをしてくれるものです。

具体的には唐辛子のカプサイシンやコーヒーなどのカフェイン、カルニチンのサプリメントがオススメです。

【筋肉太りタイプのダイエット方法】


筋肉太りタイプの人は筋肉が不自然に発達して膨らんでおこります。

スポーツをしている人に多い筋肉太りタイプはスポーツの種類よっては仕方ない場合もありますが、大概の場合は姿勢が悪かったり、プレイ中のフォームが崩れて変なところに力が入っているからおこります。

筋肉太りの人のダイエットのポイントは次の3つです。

  1. 姿勢の矯正
  2. 骨盤の矯正
  3. 柔軟をちゃんとする

〔姿勢の矯正〕


これは日常生活のときの姿勢や運動しているときのフォームの改善することです。

姿勢やフォームが悪いと局所的に力がかかり、そこの筋肉が発達してしまいます。
下半身は日常生活やほとんどのスポーツでよく使われるので姿勢やフォームが崩れると筋肉が変につきやすいのです。

〔骨盤の矯正〕

骨盤が開いてしまったり歪んでいると、姿勢が悪くなったり運動の負荷が片寄るので下半身の筋肉が大きくなりがちです。
足をよく組んだりその組み方が決まっていると骨盤が歪みやすく、女性の場合出産のときに骨盤がずれやすいですね。

骨盤を矯正するには整体院に行ったり、骨盤ベルトやダイエットポールを使うことで自分でも矯正することができます。

〔柔軟をちゃんとする〕


筋肉が固くなると関節の稼働域がせまくなります。
そうすると体がスムーズに動かず運動の負荷が局所的になるので筋肉の発達がアンバランスになります。

運動する前はもちろん柔軟の効果が高いお風呂上がりにすることをおすすめします。

【まとめ】

下半身が痩せるとファッションの楽しみも増えますし、細くなることで脚長効果も期待できます。

どのタイプの人も下半身だけでなく全身にもダイエット効果が期待できますので是非試してみてください。