痩せるダイエット運動法

CMでも評判のワンダーコアダイエット!レベル別おすすめ器具と使い方!

ダイエットしたい部位で常に上位にあるのがお腹です。
年齢と共にスクスク育ったお腹は年齢を表しますし、スタイルも崩れておしゃれの幅もぐっと狭くなります。
服選びの基準がお腹隠しになっていませんか?

そんな人にオススメなのがCMで有名になったワンダーコアです。

【ワンダーコアとは】

ワンダーコアはショップジャパンフィットネスが販売しているフィットネス器具です。

年々増加しているフィットネスへの需要があるにも関わらず時間がない・続かない・頑張ってるのに全然結果がでないというジレンマをかかえている現代人が多くおられます。

そこで短時間・簡単・結果がでるという嬉しい3要素を組み合わせた器具をショップジャパンが開発したものがワンダーコアです。

今ではシリーズ展開していてワンダーコア・ワンダーコアスマート・ワンダーコア2と3種類が販売されています。

〔ワンダーコアは腹筋がメイン〕

ワンダーコアは腹筋をメインに鍛えるフィットネス器具です。
やり方次第では下半身も鍛えることができるようですが基本的には腹筋を鍛えることができます。

〔普通に腹筋したらいいのでは?〕


別に専用の器具をわざわざ買わなくても普通に腹筋したらいいのではと思っている方は多いでしょう。

しかし続きますか?
ちゃんとしたやり方を知っていて、それを実践できて続けられる人はきっと割れた腹筋を手に入れられるのでワンダーコアは必要ないかもしれません。
ですがこの記事を読んでいる人はそうでない人が多いと思います。

単なる腹筋にもちゃんとしたやり方やフォームというものがあります。
しかしそれを自分だけでやるには難しいものがあります。
端からみた感じはわかりにくいですし、続けていく内にだんだんと疲れてきてやり方やフォームが崩れていきますし、それに気づきにくいです。

ワンダーコアならいつやっても、疲れてもフォームややり方が崩れようがないのです。
なぜなら後ろに倒れるだけだからです。
起き上がるときは背中を支えてくれるので比較的楽に腹筋を鍛えられます。

正しいやり方やフォームは体を痛めないように考えて決められていますので、体を守るためにもなります。

【ワンダーコアシリーズを紹介!】

ワンダーコアは3種類あります。

〔ワンダーコア〕

ワンダーコアの元祖となるもので背中方向に倒れるだけで180度以上の幅を体を痛めることなく腹筋運動することができます。
ワンダーコアは回数を稼ぐ腹筋運動ではなく少ない回数・短時間で効率的に鍛えることができることを目的としています。
この考え方は他の2つにも共通しています。

腹筋運動と合わせて6種類の使い方があり全身の筋肉を鍛えることができます。

詳しい使い方などは付属のDVDに収録されています。

〔ワンダーコアスマート〕

ワンダーコアの第2段はワンダーコアスマートです。
大きく違うところはその大きさです。
大きさも重さも約半分になり収納時の大きさも非常にコンパクトです。

女性や年配の方など体力面に不安ある方向けに作られています。
ワンダーコアは180度以上の腹筋運動ができましたが、ワンダーコアスマートは180度までと稼働域が狭くなりました。
体力に不安な方にはこれでも十分効果があります。
女性の部屋にゴツいフィットネス器具があるのはちょっと・・・ということで簡単に組み立てられてすぐに収納できるのでインテリアの邪魔になりません。

しかも体力に不安な方は腹筋だけ鍛えてもアンバランスになってしまいます。
ワンダーコアスマートは8種類の全身運動を行うことができます。

詳しくはワンダーコア同様に付属DVDに記されています。

〔ワンダーコア2〕

ワンダーコアを改善しよりフィットネス性能をアップさせた上位種として販売されています。

ワンダーコア・ワンダーコアスマートが初級~中級編ならワンダーコア2は上級編といっていいでしょう。
ワンダーコアは腹筋運動をサポートしてくれるバネが3つあるのですが、ワンダーコア2は2つしかありません。
稼働域は同じなので単純に負荷が約3割り増しになったような感じです。

しかし背中のローラーがついているバーの角度がより背中にフィットするものになり腰への負担を軽減し腹筋運動の負荷をあげても腰を痛めにくいものになっています。

そして上半身をより強化するために ローイングバンドシステムを搭載しています。
これはゴム製で手で持ってつかうことで背中や肩周り筋肉を鍛えることができます。

こちらもワンダーコア・ワンダーコアスマート同様に付属DVDに鍛え方が収録されています。

【ワンダーコアを使用するときあったほうがいいもの】

〔マット〕


ワンダーコアシリーズは室内器具なので当然床に置いて行います。
接地面はゴム仕様なのですがやはり同じところでずっと使っていると床を痛めることになります。
ヨガマットなどのマットを敷いてフィットネスを行ったほうがいいでしょう。

〔撮影器具〕


フィットネスをするときはやり方やフォームが重要です。
付属DVDで正しいものを見たとしてもそれをあなたができているかどうかは別問題です。
しかし誰かにみてもらったとしても、専門知識のある人ならいいですがそれならフィットネスジムに通ったほうがいいでしょう。

自分でやろうとするならビデオカメラやスマホでも撮影しやすくなる器具を揃えておき、自分のフィットネスの様子を客観視することが重要になってきます。

【まとめ】

ワンダーコアは正しいやり方、正しいフォームで少ない回数をするので効率的に行うことができ時間がない人でもできます。
正しいフォームでやることで首や腰への負担を軽減することにより苦しさが減り継続率も上がります。

時間がないけど結果は欲しい方は試してみてください。