本当に痩せるダイエットメソッド

酒粕でダイエット!痩せるだけじゃない7つの効果もご紹介

酒粕ダイエットというのは、甘酒などで知られる酒粕を食べるというダイエット方法です。酒粕を食べるといってもピンときませんが、実はダイエット効果が結構高いことで定評があるんですよ。酒粕ダイエットの方法や、レシピ、栄養や効果は?など詳しく見ていきましょう。

・そもそも酒粕とは?

そもそも酒粕とは何でしょう。酒粕というのは、日本酒を作る際にできるもろみを絞った後の固形物です。豆乳を作る時にできるおからのようなものですね。酒粕には、胃で消化されにくいたんぱく質であるレジスタントプロテインや、うまみ成分のアミノ酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸などのビタミンB群が豊富に含まれています。

発酵させることで、酵母菌がこれらの栄養を作り出し白米よりも爆発的に栄養が増えているのです。ビタミンB2は白米の26倍もあり、ビタミンB6に至ってはなんと47倍も栄養素が増えています。酒粕は、とても健康効果が期待できる食品なのです。

・酒粕の効果とは

体に良いことで知られる酒粕ですが、酒粕の効果はどのようなものがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

■便秘解消

酒粕には食物繊維が豊富に含まれるだけではなく、レジスタンスプロテインというたんぱく質の一種が含有されていて、消化酵素によって消化吸収されにくいので腸をそのまま通り過ぎて便として排出されます。そのため便秘が解消する効果が期待できるのです。

■脂質吸着

酒粕にはレジスタントプロテインというたんぱく質が含まれているとご紹介しましたが、このレジスタントプロテインは食物繊維にも増して脂質を吸着して排出します。脂質の吸着で知られているセルロースという食物繊維よりもさらに脂質の吸着能力が高いといわれていて、油っぽい食事と一緒に食べることで脂質の吸収をブロックし、健康効果やダイエット効果が期待できます。悪玉コレステロール値を下げることにより、動脈硬化の予防や心筋梗塞、脳梗塞の予防にもつながります。

■ビタミンB群による代謝活性化

酒粕に含まれるビタミンB群は、炭水化物やたんぱく質や脂質などの代謝をサポートする補酵素です。これらのビタミンを摂取することで、食べたものの消化と代謝がスムーズに行われるのでエネルギーに変換されやすくなり、脂肪として蓄積されにくくなる効果が期待できます。

■美肌効果

酒粕は美肌効果でも良く知られていますよね。アミノ酸が豊富で、肌の材料となるだけでなく、トリアシルグリセロールという成分が肌のシミやそばかす、ニキビ跡などの原因となるメラニン色素を抑制して美白効果が期待できるのです。また、コウジ酸という成分に抗糖化作用があり、糖化による肌の老化に効果が期待できます。抗炎症効果もあるのでニキビやニキビ跡の改善にも役立ちます。食べるだけでなくパックするのもおすすめです。

■がん抑制

酒粕はリンパ球のがん細胞と戦うNK細胞の活性化に効果があるということが分かっています。

■糖尿病の予防

酒粕には膵臓から分泌されるインスリンと同じような成分が存在し、糖尿病の予防、治療への効果が期待されています。

■アレルギー体質への効果

酒粕には、花粉症やハウスダストなどのアレルギーやアトピー性皮膚炎など、アレルギー体質の原因である免疫グロブリンという血漿タンパクの一つが作られないように、グロブリンを生成する酵素であるカテプシンBを阻害する成分が含まれているのでアレルギー体質の改善に効果が期待できます。

・酒粕ダイエットの口コミは?

酒粕ダイエットを実際に行った人はどのような感想を持っているのか気になりますよね。酒粕ダイエットの気になる口コミをご紹介します。

「運動もしていますが、酒粕ダイエットで5キロ痩せました。良いダイエット方法ですね。」

「テレビで酒粕ダイエットについて知り、試してみましたが3カ月で14キロ痩せました。」

「甘酒にして酒粕を摂取していたら10キロも痩せました。今は飽きてしまって中止していますが、別の方法で酒粕を摂取しながらまた酒粕ダイエットを始めてみようかと思います。」

「便秘解消のため酒粕を摂取し始めましたが、便通が非常に良くなり、私にとって欠かせないアイテムとなりました。」
参照元:https://dietbi.com/sakekasu-3839.html#i-14

・早速実践!酒粕ダイエットの実践方法・レシピ

酒粕ダイエットの実践方法というのは、一日50グラムの酒粕を料理などに取り入れて摂取するという方法で行います。

一日のうち50グラムの酒粕を食べるタイミングは自由で、一度に摂取してもいいですし三食ごとに小分けにして食べてもいいです。

酒粕はそのまま食べてもいいですし、甘酒にしても料理に使っても構いません。ただ、ダイエットということを考えると甘酒でお砂糖を使うのは推奨できません。

おすすめレシピとしては、

・酒粕に豆乳を加える
・酒粕に果物を絞ったジュースを加える
・納豆に酒粕を混ぜる(板粕より練り粕がおすすめ)
・味噌汁に酒粕を入れる
・鍋に酒粕を入れる

などがあります。

豆乳にはイソフラボンが含まれていますし、果物ジュースには酵素など美容に嬉しい成分が含まれています。

・酒粕ダイエットの注意点

酒粕ダイエットの注意点は、酒粕にアルコールが含まれていることにあります。

酒粕というのはアルコール分が8%くらい残っているので酒粕を食べた後はアルコールに弱い人は運転など控えましょう。

アルコールに弱い人は、酒粕を数分間加熱してアルコールを飛ばして摂取すれば大丈夫です。

・まとめ

酒粕ダイエットの魅力を簡単にまとめてみましょう。

・ダイエット効果が高い
・脂質吸着効果、便秘解消など健康効果も得られる
・美肌効果も得られる

酒粕は、昔から日本にある発酵食品で高い健康効果や美容効果が期待できます。飲むだけでなく、肌にパックしたりといろいろな活用法が考えられていますね。ダイエット食材としても、特に食事制限も運動も必要ないのに効果が高そうです。酒粕をぜひダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか。