痩せるダイエット運動法

運動が苦手でも簡単にできる!ダイエット向けの体操

ダイエットには運動が付き物なため運動が苦手な方にはとてもハードルが高いです。

しかし運動しないことにはなかなかダイエットは成功しにくいでしょう。

 

そこで運動が苦手な方でもできる簡単な体操を紹介させていただきます。

 

【食事制限だけではダメなの?】

 

ダメではありませんが食事制限だけでは効率が悪いのです。

 

運動が苦手な人やその習慣がない人は食事制限のみでどうにかダイエットしようとしますよね。

 

ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスで成り立っています。

食事制限は摂取カロリーを抑えるのは得意ですが、消費カロリーを増やすのは苦手です。

運動をしないと消費カロリーは基礎代謝がほとんどです。

 

〔基礎代謝の計算方法〕

 

基礎代謝は年齢・性別・体重でかわります。

 

18~29才            の

男性は24.0キロカロリー

女性は22.1 キロカロリー

 

30~49才

男性は22.3キロカロリー

女性は21.7キロカロリー

 

50~69才

男性は21.5キロカロリー

女性は20.7キロカロリー

 

これにあなたの体重をかけてください。

あなたが30才で体重60キロの女性とすると

21.7キロカロリー×60キロ=1302

この人の基礎代謝は1302キロカロリーです。

実際はこれに日常生活の運動が追加され1500~2000キロカロリーほどになります。

摂取カロリーがこれを下回ると痩せていきます。

 

〔摂取カロリーが低くなると痩せにくくなる!?〕

 

摂取カロリーが低いと筋肉が衰えて消費カロリーも低くなり結果的に痩せにくい体質になります。

 

食べ物を食べると摂取カロリーが増えると同時に栄養分も補給していて、その栄養分を元に筋肉などが作られるため、栄養分が少ない(摂取カロリーが低い)と筋肉が作られにくくなるどころか生命維持のため筋肉を分解し栄養分として使われることになります。

 

食事制限だけを続けると筋肉が減って代謝が減り、いざ運動しようとしても負担が大きくなり継続しにくくなります。

 

【オススメはラジオ体操】

 

運動が苦手な人でも簡単で全身を使えるラジオ体操はとてもオススメです。

 

みなさんが子供のころに1度はやったことのあるラジオ体操はダイエット効果高いのです。

第1・第2に分かれていて1つ3分半なので合計で7分やることで30~40キロカロリーを消費します。

これは15~20分ウォーキングしたときの消費カロリーとほぼ同じです。

 

第1はストレッチをするという意味合いもあり、負荷が低い運動が多く年齢・性別に関係なくできるように考えられて作られています。

第2は負荷が第1よりは高めに設定されていますが、それでもランニングや筋トレなどと比べると負荷は軽いでしょう。

 

〔ラジオ体操は1日何回やるの?〕

 

最初は1日1回好きなときにやるだけでもいいですが、ベストは1日朝昼晩の3回することです。

 

ダイエットは継続が何より重要なんですよ。

1日に3回、たった計21分ですが1日のサイクルの中に入れるのは難しいと思われます。

1回でも難しい人は第1だけにしたり、ラジオ体操の音楽の再生スピードを遅くすると楽にできます。

 

〔より効果を高めたい場合は〕

 

ラジオ体操の音楽の再生スピードを早くしたり、何人かでやることがオススメです。

 

ラジオ体操は音楽に合わせてメリハリのある動きをしますので、スピードを早めるとそれだけでかなり負荷が増します。

 

何人かでやるのは継続率を上げるためです。

特に女性は何人かで同じことをする作業が心理的に向いています。

仲間を集めてみましょう!

 

【相乗効果が期待できるもの】

 

筋トレや姿勢や骨盤の矯正をすれば基礎代謝を底上げすることができるのでとても効果です。

 

基礎代謝を上げることで1日の消費カロリーを底上げでき、何もしなくても脂肪が燃えやすい状態になります。

 

しかし運動が苦手な方にはハードルが高いですよね。

オススメは「EMS」と「骨盤矯正ベルト」です。

 

〔EMS〕

 

EMSは電気の刺激を皮膚を通して筋肉に伝え、強制的に筋肉を動かし鍛えるものです。

元々はリハビリ用に開発されたもので安全面では問題ありません。

寝転がってるだけでも筋肉を鍛えられるので、運動が苦手な方にはピッタリです。

脂肪の燃焼効果はないのであしからず。

 

〔骨盤矯正ベルト〕

 

骨盤を正しいキレイな形に矯正することで姿勢もよくなり、代謝アップに効果的です。

姿勢がよくなると身長も少し高くなることがある(本来の身長になる)ため、目の錯覚で体重があまり変わらなくてもスリムになったように見えます。

特に出産後の女性は骨盤が歪みやすいのでオススメです。

 

【まとめ】

 

ラジオ体操がダイエットに効果的なのがわかっていただけましたか?

 

ダラダラとやるのではなく、キビキビとすることでより消費カロリーがアップします。

しかしその分いつもより食べてしまうと意味がなくなってしまうので気を付けましょう!