本当に痩せるダイエットメソッド

リンパマッサージの効果と自分でもできる方法!体内からきれいにしよう!

美容や健康に興味がある人ならリンパマッサージを知っている人、もしくはすでに体験されている人もいると思います。

 

ですがまだ体験していない人や忙しくてなかなかサロンにいけない人に向けて、リンパマッサージとは何なのかどんな効果があるのか、とセルフでもできる方法をお伝えさせていただきます!

 

【そもそもリンパって何?】

 

リンパは流さないといけない、リンパが滞っているなど聞きますがリンパとはそもそもなんなのでしょうか?

 

私たちの体は血管を通っている血液から酸素や栄養をもらって細胞が活動することで生きています。

リンパは液体で血管と細胞の橋渡しをしている液体を指しています。

イメージで言うとお茶漬けのご飯が細胞で出汁がリンパ液ですね。

 

必要な酸素や栄養素を細胞に届ける時だけでなく、老廃物や病気になったときなどは細菌やウイルスを細胞から取り除くときにも使われます。

 

【リンパマッサージは何をするの?】

 

血液は心臓のポンプ機能があるので体を巡ることが比較的簡単にできますが、リンパにはポンプと呼べるものがありません。

基本的に筋肉が動くときの力を利用して全身を巡り、その過程の中で古いリンパ液と新しいリンパ液が交換されます。

つまり普段あまり体を動かさない人はリンパ液の巡りが悪くなりリンパ液の新陳代謝がしにくい状態にあります。

 

そこを外部からマッサージすることでリンパ液を流してあげ、リンパ液の新陳代謝を促してあげるのがリンパマッサージになります。

基本的には手足を末端から心臓に向けてオイルやクリームなどを使い滑らすようにマッサージしていきます。

どちらかというとエステの動きに近いですね。

 

あとリンパはリンパ管という管を通って心臓につながっていてその途中にリンパ節と呼ばれるリンパ管が太くなったり集中している場所がありそこの流れもよくしてくれます。

 

〔リンパが流れないとどうなるの?〕

 

リンパ液が流れないとリンパの新陳代謝がうまくいきないためリンパ液自体が古くなっていきます。

そうすると酸素や栄養を運んだり、老廃物を取り除く力が弱くなってしまうんですよ。

 

さらにリンパ液が溜まることで水分の巡りも悪くなるのでむくみやすくなったり、新陳代謝が悪くなるので肌荒れの原因になります。

アンチエイジング効果もあり精神的にもやる気がでると言われています。

 

【リンパマッサージをセルフでできないの?】

 

忙しくてサロンに行けないや費用が高くていけない人はセルフ(自分)でやることで多少の効果は得られます。

 

〔準備〕

 

準備するものは特にありませんが、よりやりやすくするためにはマッサージオイルやクリームを使うとマッサージしやすいですね。

 

意外と重要なのはコップ一杯の水を飲むことです。

リンパも体内の水分が多いほうが流れやすくなるためマッサージの効果が高まります。

これは本格的なエステサロンでもされていることなので真似しておきましょう。

 

〔顎ラインのリンパマッサージ〕

 

小顔効果も期待できる顎ラインのリンパマッサージは比較的簡単にできます。

基本的に耳たぶの付け根にあるリンパ節に向けてマッサージします。

 

やり方

 

1.手のひらの親指の付け根にある母指球(ぼしきゅう)という膨らんだ部分を小鼻の横に当てて頬骨に沿って動かしそのまま耳までマッサージします。

 

2.顎の先から顎骨の下側に親指を当てて沿わせて耳に向けて滑らせていきます。

 

〔足のリンパマッサージ〕

 

足はリンパが滞りやすい部位で、リンパマッサージをすることによってむくみの解消が期待できます。

風呂上がりにやると効果が高くなりますよ。

 

やり方

 

1.つま先からかかとへ向けて滑らすようにマッサージします。

 

2.ふくらはぎを下からヒザに向けて滑らし同じ要領でスネ側も行い、手で拳を作り第2関節でヒザを両脇からグリグリとマッサージすることでリンパ節をほぐしましょう。

 

3.太ももを両脇から挟むように圧迫し、その次に拳を作り第2関節で太ももを同じ要領で挟みながらグリグリとほぐしながら太もも裏にあるリンパ節に流していきます。

 

【1度はサロンに行くほうがいい】

 

マッサージで重要なのは力加減です。

今は動画サイトなどでいろいろなやり方の動画がありますが、力加減はよくわかりませんよね?

 

プロが行うマッサージを体験することで力加減がわかり真似しやすくなりますね。

 

【まとめ】

 

リンパマッサージはダイエットや美容に効果的ですし、スッキリとして気持ちもいいものです。

自分でするのもいいですが、毎日頑張っている自分に対してのごほうびとしてもどうでしょうか。