本当に痩せるダイエットメソッド

食べる順番を変えるだけでダイエット?無理なく痩せるなら取り入れよう!

今までの食事内容を変える事なく、食べる順番を意識するだけでダイエット効果が期待できるとされる食べる順番ダイエット。

道具や食べなければいけない食材などが必要なく、始めやすい手軽さから数あるダイエットの中でも人気が高いダイエット方法です。

この記事では食べる順番ダイエットの最も効果を引き出すやり方と注意事項、そしてどうして食べる順番ダイエットは効果があるのか、について詳しく解説していきます。

食べる順番を変える事で痩せやすくなる!

先に言っておきますと、このダイエットは食べる順番さえ気をつければいくら食べてもいい!というものではありません。

同じ量の食事、カロリーなら、食べる順番に気を付けることで、そうでない場合に比べて太りにくいというものです。

ある程度食事制限をしている方のもうひと押しのためのダイエットのコツ、と言った方がよいかもしれません。

食べ過ぎてしまえば、どんなダイエットをしても太ります。それは誤解のないようにしましょう。

まずは味噌汁・野菜から

このダイエットのキーワードは「血糖値のコントロール」と「食べ過ぎ防止」です。

やり方はとっても簡単で、まずは味噌汁(汁物)や野菜から食べ始めます。お米やパンなどの炭水化物を先に食べると、急激に血糖値が上がり脂肪になりやすくなります。

まずは味噌汁や野菜・サラダなど、糖質低いものを口に入れることで血糖値の上昇を穏やかにします。

また、汁物や野菜はお腹にたまりやすいです。先にある程度お腹を満たしておくことで、カロリーの高いお肉や糖質の多いお米などの食べ過ぎを防ぐことができます。

味噌汁・野菜の次には肉や魚、そして最後にお米という順番で食事を行うことが血糖値の上昇を緩やかにするために最も効果的な方法です。

食べる順番ダイエットは、順番が命!

料理は、様々な食材を調理してできますので、当然1つの食材からできているわけではありません。

例えば野菜炒めにはお肉も野菜も入っていますし、ラーメンには麺だけでなくチャーシューやネギ・メンマといったものも入っていますよね。

食べる順番ダイエットの効果をより引き出すためには汁物・野菜のあとにメインを食べるわけですが、メインのお皿の中に野菜が含まれていれば、それから食べるようにしましょう。

味噌汁の中にも食べる順番がある

最初に食べる味噌汁も例外ではありません。味噌汁にだって具が入っているわけですからね。

わかめや大根といったカロリーも糖質も低いものであれば問題ありませんが、ジャガイモのような穀物や、油揚げといった脂質が多いものは注意しましょう。

じゃがいもであれば順番としてはお米やパンと同じになりますし、油揚げなら肉や魚と同じ順番になります。

ただ、汁を全て飲んだあとに、じゃがいもだけ・油揚げだけ食べるというのもあまりマナーとしてはよくないので、外食の際は特に気を付ける必要があります。

じゃがいもや油揚げはカロリーが高いという観点からも、自分で料理する場合、みそ汁の具としては避けた方が良いです。

野菜ジュース・果物の食べ順は?

一見食べる順番が分かりづらいものに関して説明します。

野菜ジュースを普段健康のため、野菜不足解消のために飲んでいる方も多いでしょう。

野菜ジュースは野菜だから、汁物の次とは限りません。なぜなら市販の野菜ジュースは飲みやすくするために糖質が加えられている場合があるからです。

糖質とは炭水化物ですのでお米やパンと同じです。野菜の代わりとして野菜ジュースを飲む場合、順番には気をつけましょう。もちろんご自身で野菜をそのままジューサーにかけた、ということであれば本来の野菜の順番(汁物の次)ということで問題ありません。

果物はほとんどが水分ですのでお腹を満たすという意味で汁物と同じような解釈をしている方もいますが、迷ったときは成分で考えましょう。

果物には水分が多いですがカロリーがあり糖質が豊富です。よって食べるとすればお米やパンと同じ順番にはなります。

シチューのようなスープ類も同様です。

シチューを汁物と考えている人は少ないでしょうが、シチュールウやカレールウは小麦粉が主な原材料です。したがってこれもお米やパンと同じ順番になりますね。

食べる順番ダイエットには期間が必要

食べる順番ダイエットは気軽に取り入れやすいダイエットです。しかし、食事制限をするわけではないので、劇的な変化は出づらいという特徴があります。

また、明らかにカロリーオーバーなのに、順番さえ守れば太らないという魔法のダイエットでもありません。

どんなダイエットでもある程度の食事制限は必要になります。ダイエットは継続できることが最重要です。

1度痩せても1か月後にリバウンドしていれば意味がありません。

痩せるには時間がかかりますが、食べる順番ダイエットは継続しやすいという大きなメリットがあります。

まとめ

気軽に始められて、継続しやすい「食べる順番ダイエット」。比較的ストレスのないダイエット方法です。

しかもこのダイエットは食べ過ぎ予防としても効果があるので、自然とカロリーが抑えやすいという点も大きな特徴です。

汁物・野菜→肉・魚→炭水化物 という順番を守るだけなので外食でも実践しやすく、また野菜をきちんと食べるので栄養バランスもよくなるというメリットもあります。

気軽・簡単なダイエットで継続もしやすいですが、食べる順番を変えるだけなのでどうしても限界があり、効果が出るまで時間はかかります。

しかし、他のダイエットとの併用もしやすいですので、食べる順番ダイエットだけに頼り過ぎず、様々な工夫をすることがダイエットの成功への近道になるでしょう。