痩せるダイエット運動法

エアロバイクでダイエット!効果的なタイプや注意点とは?

ダイエットに効果があると人気のエアロバイク。1980年代前半に誕生して以来開発が進んで、今では家庭用のマシンが一般的となりました。

室内なら人目を気にせず運動出来ますし、気軽にテレビを観たりゲームをしたりしながらシェイプアップを図れるのも、その魅力の一つです。

ただ一口にエアロバイクと言っても様々な種類があります。ダイエット用の他に、アスリート向けの本格的なマシンやリハビリ専用タイプなどもあるので、初心者は、まずどれを選べばよいか迷いますよね。

そこで今回は、ダイエット用としておすすめしたいエアロバイクや、その具体的な効果などについてご紹介します!

エアロバイクがダイエットに向いている理由

ダイエットする上で避けて通れないのが「運動」です。

特に運動嫌いの方にとっては、かなり大きな関門になっているのではないでしょうか。ダイエットエクササイズというと、どうしても“苦しい”とか“ツライ”とかってイメージがありますものね。

ただ、既にお気づきの方もいるでしょうが、このような苦痛を伴う運動は、結局は長続きしません。

またやみくもに運動しても非効率なので、ダイエットに適した運動だけを選ぶのが、賢い方法です。

つまり運動は“楽しく”かつ“効果的”であるべき。そしてこの2つに応えてくれるのが、「エアロバイク」なんです!

エアロバイクは楽しい!室内だから気を遣う必要もナシ

エアロバイクの良い点はいくつかありますが、中でも“室内”で行えることは、長所としてかなり上位に来るのではないでしょうか。

とにかく人目を気にしなくて済みますし、天候や気温にも左右されず、自分のペースで運動できるのがウレシイですよね。この「気軽さ」って、ダイエットにはすごく重要です。

またテレビを観たり音楽を聴いたりしながらもできますし、ペダルの負荷を下げてゆったりとした運動にすれば、読書だって可能。

最近はスマホホルダーなんてのもあるので、ネットサーフィンを楽しみながら痩せたって方もいるくらいです。ダイエットは長期戦なので、ある程度楽しみがないと続きませんよ。

エアロバイクは有酸素運動だからダイエットに効果アリ

それにエアロバイクは有酸素運動なので、ダイエットに適しているんです。そもそも有酸素運動とは酸素を必要とする運動のことで、例えばウォーキングや水泳などがそうです。

過食などで溜まった中性脂肪を消費してくれるので、まさにダイエットの目的とするところ。最低でも20分以上時間をかけて、ゆっくりと行います。

ちなみに無酸素運動とは酸素を必要としない運動のことで、いわゆる筋トレのようなハードな運動を指します。筋肉を鍛え、中性脂肪を溜めにくくする体づくりが目的です。

だから、すでに溜まった脂肪を燃焼させる趣旨ではありません。もちろん無酸素運動がムダってことではありませんよ。有酸素運動をメインにしつつ、無酸素運動をサブ的に取り入れると、さらに効果が期待できます。

エアロバイクは3タイプ。ダイエット用は「アップライトタイプ」

そんなダイエットに打って付けのエアロバイクですが、現在数多くのマシンが販売されています。価格帯もかなり幅が広いので、どれを選べば良いか迷われるのではないでしょうか

。決して安い買い物ではないですから、あとで後悔することのないよう、事前にしっかり調べておきましょう。

また、エアロバイクは大体3タイプに分かれます。具体的には、「アップライトタイプ」「リカンベントタイプ」「スピンバイクタイプ」です。

このうち、一般的なダイエット用マシンは「アップライトタイプ」のみです。他の二つは、主にリハビリ用だったりアスリート向けだったりするので、選択肢から外しちゃってくださいね。

「アップライトタイプ」の特長と価格帯

ダイエット用の「アップライトタイプ」は、上半身を起こしてペダルを漕ぐ仕様になっています。

普段の自転車と同じような感覚で乗ることができるので、慣れるまでに時間がかかることもなく、スムーズに始められるのが特長です。

また最近のマシンは機能面も充実しています。走行距離や消費カロリー、心拍数などといった運動の情報が、液晶画面で分かるようになっているんです。

また価格帯については、大体1万円台から20万円台までとなっています。予算の都合等もあるかと思いますが、お勧めするのは3万円以上の商品。2万円以下になると、耐久性が低かったり安定性に欠けたりするケースが目立ちます。

また同様の理由で、折りたたみ式のタイプも、なるべく避けた方が良いです。

おススメのアップライトバイク『フィットネスバイクDK-8606』

では、数あるアップライトタイプの中から、お勧めしたいマシンを1台ご紹介します。その商品は、『フィットネスバイクDK-8606』です。

メーカーはダイコー(大広株式会社)で、家庭用エアロバイクを中心に扱っています。その技術力に関しては、業界の評価も上々です。

またデザインがシンプルで、フォルムもすっきりしているという特徴もあります。

『フィットネスバイクDK-8606』の負荷方式はマグネット式で、8段階の調節ができます。また連続使用可能時間は60分なので、耐久性も問題ナシ。

重量は26kgとやや重いのですが、これくらいあった方が安定感があって良いですよ。軽くてグラグラするのは、転倒しやすく危険ですから。

ちなみに本機のメーカー希望小売価格は、41,500円(税別)です。検討してみてはいかがでしょうか。

エアロバイクを選ぶ際のポイントとは?

以上のように、ダイエットをするなら、迷わず「アップライトタイプ」で決まりです。ただ、アップライトタイプであれば何でも良いわけではありません。押さえておくべきポイントが、何点かあります。

そのポイントとは、具体的には「サイズ」「負荷方式」「耐久性」「機能」の4つです。他にも価格やデザインなど気になるファクターはあると思いますが、まずはこれらのポイントをクリアしたものから選んでいただきたいです。

自分の体に合ったサイズを選びましょう!

4つのポイントの中でも特に重要なのが、「サイズ」選びです。自分の体に合ったサイズのマシンを選ばないと、姿勢が悪くなったり骨格が歪んだりしかねません。せっかく高いお金を払って頑張って運動しても、体調を悪くしてしまっては元も子もありませんからね。

自分にとって丁度良いサイズは、「サドルの高さ」で決まります。目安としては、ペダルを踏みこんだときに、つま先だと膝が軽く曲がる状態、かかとだと足が伸び切る状態になっていればOKです。なるべくサドルの位置を微調整できるようなマシンを選びましょう。

また、自分の足の長さから、適切なサドルの高さを見極めることもできます。まずは、ご自身の“股下”の長さを測ってみてください。その長さ(㎝)に「0.85」をかけた長さが、丁度良いサドル高だとされています。

負荷方式は主に「マグネット式」と「電磁式」の2種類

ペダルを踏みこむ負荷のかけ方は色々ありますが、アップライトタイプの場合だと、主に「マグネット式」と「電磁式」の2種類に分かれます。マグネット式は磁石を、電磁式は電磁磁石を利用して、負荷を生み出します。いずれも接触部分が無いため、静音性は高いです。

一般的に性能が高いのは「電磁式」の方で、マグネット式よりも負荷の段階が多く、細かな調節が利きやすいという特長があります。マグネット式では最低8段階のところ、電磁式だと32段階の商品までありますからね。さらに耐久性にも優れているのですが、いかんせん高額なのが玉にきずです。

「耐久性」や「機能」も要チェック!

「耐久性」に優れているのは電磁式ですが、かと言ってマグネット式が壊れやすいというわけではありません。耐久性を測る指標に「連続使用可能時間」がありますので、エアロバイクを購入する際はチェックしておきしょう。ちなみに30分くらいだと、やや心もとない感じ。なるべく60分以上のものからお選びになることをお勧めします。

また「機能」については、先にも触れました通り、「スピード」「走行距離」「心拍数」「消費カロリー」の4つが必要だと思います。運動量はある程度具体的な数字にしないと、自分でも把握できませんから。あと消費カロリーについては何kcal分運動したってのがはっきりすると手応えがありますし、何となく安心できますよ。

エアロバイクでどれくらいカロリーを消費すれば良いの?

基本的なことになりますが、私たちが太ってしまうのは、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いから。単純な話、摂取したカロリーを上回るように消費すれば、自ずと痩せていくわけです。

そこで、エアロバイクを使って1日にどれくらいのカロリーを消費すれば良いのか、大まかに計算してみましょう。

厚生労働省発表の『日本人の食事摂取基準』によると、身体活動レベルが「ふつう」の女性(18~49歳)が必要とする1日のカロリーは、約2,000 kcalです。

このうち、家事や仕事などの身体活動によるカロリー消費(生活活動代謝)は、約3割とされています。

つまり、積極的に体を動かすことで消費すべきカロリーは、2,000 kcalの3割なので、600kcalくらいと推定できます。

この600kcalから家事などによるカロリー消費を差っ引いて、大体半分の300 kcal辺りが、エアロバイクで目標とすべき消費カロリーではないでしょうか。

ちなみにエアロバイクを30分漕ぐと、150から300kcalくらい消費すると言われています。「消費カロリー>摂取カロリー」とするには、30分を2セットほど行う必要がありそうですね。

まとめ

以上、ダイエットに効果のあるエアロバイクのタイプやそのメリット、選ぶ際のポイント、推奨する運動量などについて解説いたしました。いかがでしたでしょうか。今回の内容が、皆様の身体的状況・設置環境に合ったマシンを選ぶ一助になれば幸いです。

最後に、要点をまとめておきますね。

  1. エアロバイクは室内運動だから、人目を気にする必要ナシ。「ながら運動」だってできちゃう。
  2. ダイエットに効果的な有酸素運動で、無理せず痩身!
  3. 一般的なダイエットなら、「アップライトタイプ」一択!
  4. とにかく自分に合ったサイズが最重要。微調整可能なマシンを選びましょう。
  5. エアロバイクは、毎日30分の2セットがおすすめ。コツコツとエクササイズしましょう!