本当に痩せるダイエットメソッド

女性に多い『皮下脂肪』は、こうやって落とそう!

『脂肪』にも色々な種類がありますが、大別すると、皮下脂肪と内臓脂肪の2つになります。

皮膚のすぐ下にあって、指でつまむことができる脂肪が『皮下脂肪』。体の奥の、主に内臓にまとわりついている脂肪が『内臓脂肪』です。

また皮下脂肪は女性に付きやすく、内臓脂肪は男性に付きやすい傾向があります。痩せるためにはこの両方の脂肪を燃焼させなければなりませんが、どちらかと言うと、皮下脂肪の方が落としにくいのですね。

ダイエットしてもお腹のぜい肉だけ残りがちなのは、このためです。

そこで今回は、この厄介な『皮下脂肪』の特徴や減らすコツ、付きにくくする工夫などについて解説します。

皮下脂肪は、ダイエットにおいて言わば“鬼門”となるところ。頭と体を使い上手に突破して、理想の美BODYをゲットしましょう!

女性は皮下脂肪、男性は内臓脂肪が付きやすい

冒頭でも申し上げた通り、一般的に皮下脂肪は女性に、内臓脂肪は男性に付きやすいです。

女性は妊娠や出産の際に子宮を保護しなければなりませんから、元々皮下脂肪を多く溜めるメカニズムになっているのですね。だから女性には、お腹やお尻、太ももなどの下半身が膨らんだ『洋ナシ型肥満』が多いわけです。

一方の男性に多いのが、『リンゴ型肥満』。お腹周りだけが突き出たような肥満のタイプです。皮下脂肪と違って、指でつまみにくいという特徴があります。

これは、脂肪がより深部の“内臓周り”に付いているから。いわゆるメタボのことですね。最近の研究で、男性ホルモンの減少が原因の一つであることが分かっています。

皮下脂肪が落としにくいのは、“最後に”消費されるから

普段私たちは様々な食べ物を摂取し、それをエネルギーに変えることで生きています。

ところが食事制限などで摂取カロリーが少なくなったり、激しい運動などでエネルギー消費の方が多くなったりすると、食べ物だけではエネルギーを得られなくなります。

そこで体はどうするかと言うと、すでに体内にある栄養分を使おうとするんですね。これがダイエットの基本的なメカニズムです。

ただ、この栄養分の使われ方にはある程度順番があって、まずは、血液中のブドウ糖が消費されるんです。

そしてこれも少なくなってしまうと、次は筋肉に含まれる糖分が消費されます。さらに筋肉でも間に合わなくなったときに、ようやく脂肪が消費されることになります。

また脂肪の消費についても順番があり、まずは内臓脂肪、次が皮下脂肪なんですね。つまり、皮下脂肪はカロリー消費の一番最後に来るってことです。

消費がとことん後回しにされるため、皮下脂肪は落としにくいのです。

脂肪の代謝が上がれば、皮下脂肪は落としやすくなる!

だから私たちは、皮下脂肪は落としにくいという前提を踏まえつつ、なるべく脂肪が燃焼するよう、工夫しなければなりません。

そしてその一つが、“脂肪の代謝を上げる”ということです。脂肪が燃焼しやすい体を、元から作るわけですね。その具体的な方法として、今回『漢方』『筋トレ』『マッサージ』の3つを取り上げます。

『漢方』のチカラで脂肪の代謝アップ

近年、ダイエットに効果があるとして、『漢方』が注目されています。比較的副作用が少なく、アレルギー体質の方でも使いやすいことが人気になっているようですね。

中でも『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』という漢方薬が、皮下脂肪カットの話題によく上るところです。

防風通聖散は、トウキやシャクヤク、センキュウなど、18種類の生薬で出来ています。元々は風邪薬で、悪寒や発熱、めまい、のどの痛みなどの改善に効くとされていました。

しかしその後、皮下脂肪を分解・燃焼する効果があることが分かり、今では“ダイエット薬”としても認知されています。

さらに、脂質の吸収自体を抑制したり、脂質の排泄量を増やしたりする効果があることも分かってきました。

医薬品として様々なメーカーから販売されていますので、ダイエット生活の一つに取り入れてみるのも良いかもしれません。ただ、胃腸の弱い方や下痢気味の方は服用できませんので、注意してくださいね。

筋トレ→有酸素運動で皮下脂肪を撃退!

皮下脂肪を落とすには、当然のことながら『運動』も欠かせません。前述のように、カロリー制限した上で、血液→筋肉→内臓脂肪というエネルギー消費を経なければなりませんからね。

皮下脂肪まで辿り着くには、相当の運動量が必要になってきます。

ただ、やみくもに運動しても非効率。まずは、脂肪を燃焼させやすい体質に変えていくことが大事です。

運動する際は、筋トレのような『無酸素運動』から行うようにしましょう。

お腹やお尻のぜい肉が気になるという方は、腹筋やレッグレイズ(仰向けになって脚を上げ下げする運動)がお勧めです。時間は10分程度にしてください。

筋トレによって消費されるのは、主に糖質です。

そして糖質が少なくなったあと、次に消費のターゲットとなるのは『脂質』。つまり、筋トレ後に『有酸素運動』を行うことによって、より効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。

筋トレが終わったら、軽い水泳やジョギングなどを、少なくとも20分以上行うようにしましょう。

お風呂上がりのリンパマッサージで血行改善

脂肪の代謝において、『血行』も重要なファクターです。血液の流れが悪くなると、体中の細胞に栄養が届きにくくなります。

細胞自体の活動が低下するわけですから、当然、代謝も悪くなりますよね。血行を良くする方法はいくつかありますが、その一つが『入浴』です。

まず、温水で体が温められると血管が拡がるので、血の巡りが良くなります。入浴するだけで、血行促進効果が見込めるのですね。また、リラックス効果も期待できます。

体が温まると副交感神経が活性化するので、筋肉がほぐれ、さらに血行が改善されるのです。ただし、これは温度が40℃以下の場合。温度が高すぎると逆に交感神経が昂るので注意しましょう。

 

併せて、入浴後は『リンパマッサージ』をしてほしいです。

リンパは、体内の老廃物を排泄したり、病原菌を排除したりする器官。加齢や運動不足などにより働きが鈍ると言われていて、血管と同様、代謝に影響する部分です。

例えば「お尻」は腰の中心から円を描くように、「お腹」は左右それぞれ時計回りになるように、やさしくさすると良いでしょう。リンパの流れがスムーズになります。

食生活を見直して、皮下脂肪の付きにくい体づくり

皮下脂肪の付きにくい体を作るには、『食事』にも気を遣わなければなりません。皮下脂肪が蓄積するのは、基本的に摂取カロリーが消費カロリーよりも多いからです。

厚生労働省の報告によると、1日に必要なカロリー(平均値)は、女性で約2,000kcal、男性で約2,700kcal。この数値を下回るような食生活を送らなければ、脂肪は減らないのです(※もちろん個人差はあります)。

また、食材によって皮下脂肪になりやすかったり、なりにくかったりします。食事の内容(メニュー)にも気を配るようにしましょう。

腹持ちが良いうえに、カロリーが低い食材を選ぶのがコツです。おすすめのレシピも紹介しますので、よろしければ参考になさってください。

あなたは大丈夫?皮下脂肪が付きやすい食べ物とは?

まずは、皮下脂肪が“付きやすい”食べ物から見ていきましょう。もちろん色々ありますが、とりあえず避けていただきたいのが、『糖質』の多い食べ物です。

具体的には、ケーキやクッキー、チョコレートなどの洋菓子、菓子パン、カップ麺などがそうです。牛丼やカレーライスなんかも意外と多かったりします。

また揚げ物など、油を使った食べ物も控えてほしいところ。特に、何度も使い回した油はNGです。時間が経った油は酸化が進んでいるので、脂肪として残りやすくなりますからね。

具体的にはポテトコロッケやチャーハン、フライドポテトなどが当てはまります。あと塩分が加わるとより太りやすくなりますので、普段から減塩にも配慮するようにしてください。

皮下脂肪が付きにくくなる!おすすめメニューをご紹介

逆に皮下脂肪が“付きにくい”のは、①カロリーが少なく、②脂肪の代謝を上げ、なおかつ③血糖値の上昇が緩やかな食材です。

特に③に関しては『低GI食品』と呼ばれ、健康促進の目的で、WHOや国際糖尿病学会が推奨している食品なんですよ。具体的には、大豆やサツマイモ、きのこ、バナナ、ヨーグルトなどがあります。

また、脂肪の代謝を上げる食材として『唐辛子』が有名です。唐辛子には「カプサイシン」という成分が含まれているため、体温を上昇させ、発汗を促し、脂肪を燃焼しやすくする効果があるのです。

これは、カプサイシンが血液に入り、中枢神経を介してアドレナリンが分泌されることで起こります。

そこで今回、低GI食品や唐辛子を取り入れた『唐辛子鍋』をご紹介したいと思います。とても美味しいですし、手軽に様々な食材を摂ることができるので、おすすめですよ。準備する食材は、以下の通りです。

~脂肪の代謝を上げる!唐辛子鍋~

材料(2人分)

  1. キャベツ…1/4個
  2. 長ねぎ…1/2本
  3. ニラ…1/2束
  4. 豚バラ肉…200g
  5. 豆腐…1/2丁
  6. 板こんにゃく…1/2枚
  7. 生しいたけ…4個
  8. えのき…1/2袋(石づきは切り取る)
  9. しめじ…1/2袋(石づきは切り取る)
  10. ごま油…大さじ2杯
  11. にんにく…1片(薄く切る)
  12. 水…600ml
  13. 鶏がらスープの素(顆粒)…大さじ2杯
  14. 一味唐辛子…適量
  15. しょうゆ…大さじ1杯
  16. 塩…小さじ1杯

作り方

  1. ①から⑨を、食べやすい大きさに切る。
  2. にんにくを、ごま油でサッと炒める。
  3. 鍋に「炒めたにんにく」と⑫~⑯を入れて、火にかける。
  4. 続けて鍋に①から⑨を入れる。

食材に火が通ったら出来上がりです。お好みでコチュジャンをつけて、お召し上がりください。

まとめ

今回は、ダイエット生活で多くの方が苦労する『皮下脂肪』をテーマに、その落としにくい理由や落とすための方法、脂肪の代謝を上げるレシピなどについてお伝えしました。いかがでしたでしょうか。

古来ヒトは、飢餓状態に陥ったときに、自らの脂肪をエネルギーとして利用することで生き延びてきました。しかし現代人は、その仕組みによって“肥満”という新たな問題を抱え、苦しんでいます。…何とも皮肉な話ですね。それでは以下、要点をまとめておきましょう。

  1. 女性は皮下脂肪、男性は内臓脂肪が付きやすい傾向にある。
  2. 皮下脂肪の消費は後回しにされる。だから落としにくい!
  3. 脂肪の代謝を上げるには、『漢方』『筋トレ→有酸素運動』『入浴後のリンパマッサージ』が有効。
  4. 低GI食品と唐辛子のパワーで、皮下脂肪が付きにくい食生活を!