本当に痩せるダイエットメソッド

1ヶ月3kg減も可!18時以降食べないダイエットの魅力と注意点まとめ

あれを食べない、これを食べないというストレスの溜まりやすい食事制限や、きつい運動が続けられず挫折してしまうということがダイエット失敗で考えられる一番の要因です。日々忙しい生活を送っている中で、さらにダイエットのためにきつい運動や食事制限を続けるのは至難の業ですよね。

そこで今回は、「18時を過ぎたら一切食べ物を食べない」だけでダイエットができる「18時以降食べないダイエット」のメリットや注意点について解説をしていきます。

18時以降食べないダイエットのメリット

18時以降食べないダイエットとは、文字通り18時以降は一切食べ物を食べないというダイエット方法です。

食べ物を口にしない時間が指定されているだけで、食事制限や運動をしなければいけないということではないため、気軽に日常生活に取り入れやすいダイエット方法として多くの女性に人気があり、実際に歌手やタレントが実践して成功したという話もあります。

まずは、そんな18時以降食べないダイエットのメリットについてご紹介したいと思います。

リバウンドのリスクが低いダイエット方法

まず、18時以降食べないダイエットでは、糖や脂肪を作り出す遺伝子「BMAL1」が活発になる22時から4時までの時間帯を避けて食事をすることができます。そのため、必要以上に脂肪や糖が作られなくなるという仕組みでダイエットすることができます。

また、食事内容は普段通りで18時までに3食済ませれば良いということなので、体重の減るペースも個人差はありますが1ヶ月で3kg程度と緩やかです。食事時間の調整をするだけなので、続けていくうちに身体が食事の時間に慣れ、習慣にさせることもできます。

つまり、体重の減るペースも緩やかで、無理なく身体を慣れさせ「脂肪と糖が作られやすい時間を避けること」を習慣化させられるのです。そのため、ダイエットを終えた後も継続しやすく、リバウンドのリスクが非常に低いダイエット方法だといえます。

ストレスが少なく長く続けやすいダイエット方法

上記のように、食事の時間を制限するだけなので食事の内容は普段通りです。ダイエットを始めたばかりの頃は、18時以降何も食べられず空腹感で辛いこともあるかもしれません。

しかし、「夜食を食べたら、次の日以降同じ時間に食べたくなる」といったように、身体は食事の時間に慣れていきます。つまり、食事内容はそのままで時間だけが制限されているため、他のダイエットに比べてストレスが少ないダイエット方法なのです。

身体が食事の時間に慣れてきたら18時以降食事を我慢することも苦痛ではなくなるため、長続きしやすいダイエットとしても定評があります。また、目標の体重に達した後も食事習慣として身につきやすいという点も18時以降食べないダイエットの魅力といえるでしょう。

倖田來未も18時以降食べないダイエットを実践し成功

18時以降食べないダイエットを実践した芸能人で有名な方が倖田來未さんです。もともと倖田來未さんが実践したことから18時以降食べないダイエットが知られるようになり、一時期は「倖田來未ダイエット」とも呼ばれていました。

今でこそセクシーなプロポーションを持つ倖田來未さんですが、デビュー当時の写真やPVを拝見するとややぽっちゃり気味な印象を受けます。今の倖田來未さんの姿を見ているので尚更そう思えるのかもしれません。

そんな倖田來未さんも18時以降食べないダイエットを実践したことで現在の美しいスタイルを手に入れることができました。運動嫌いで食べることが大好きと公言しており、18時以降ダイエットが続いた理由も「ストレスが少なく食べられるから。」だそうです。

18時以降食べないダイエットを効果的にするポイント

食事内容の制限もきつい運動もなく、18時までに3食を終えることだけをすれば良い18時以降食べないダイエットですが、さらに効果をアップさせる方法があります。ストレスがないことも大事ですが、ダイエットをするならなるべく効果を出したいですよね。

効果をアップさせる方法に関しては、多少の食事制限や運動が含まれる内容となります。最初は食事時間を制限することだけに留め、18時までに食事を済ませることに慣れてきたら是非実践してみてください。

栄養バランスの良い食事を心掛ける

食事制限とまではいきませんが、栄養バランスに注意した食事を心掛けることをオススメします。例えば、普段よりも野菜を多めに食べてみる、炭水化物中心だった食事におかずを1品追加してみるなどです。

また、普段外食が多い方であれば、自炊をする回数を増やしてみるなどもオススメです。晩御飯を多めに作っておき、翌日の職場や学校でのお弁当にすることもダイエットだけでなく経済的にも優しいですよ。

もっと余裕のある方は、無理のない範囲で間食を減らしてみることも効果的です。間食についても特に制限はありませんが、間食の内容を変えるだけでもダイエット効果は上がると考えられます。ケーキやスナック菓子を控え、噛み応えのあるスルメやドライフルーツ、ナッツ類がオススメです。

ウォーキングなど軽い運動を取り入れる

「夜にストレッチ30分」、「1日にエクササイズを3セット」などではなく、仕事帰りに遠回りをしてみる、一駅分歩いてみる程度で構いません。必ず運動をするのではなく、意識的に「いつもより少し身体を動かしてみようかな。」と考えてみましょう。

意識的に運動量を増やすことによって消費カロリーも上がりますし、身体の筋肉量も上がり脂肪を燃焼させる基礎代謝も上がります。いきなりハードな運動を取り入れる必要はないので、「毎日ちょっとずつ」という感覚で身体を動かしてみましょう。

身体を動かすことが苦手だという方は、仕事中や勉強中、家事をしている時などに少し腹筋に力を入れてキープしてみたり、テレビを観ながら身体を伸ばしてストレッチしてみるなどもオススメです。

夕食を少なめにして昼食を多めに食べる

18時以降食べないダイエットは、食事内容を一切変える必要のないダイエットですが、3食の食事量のバランスを考えるとより効果が期待できます。肥満遺伝子とも呼ばれるBMAL1は、22時から4時の間に活発になると上述しましたが、逆に静かな時間帯もあります。

お昼の2時前後は最もBMAL1の活動が少ない時間帯といわれており、この時間帯に食事をしても糖や脂肪ができにくいといわれています。そのため、お昼ご飯は多めに食べても大丈夫ということになります。

お昼ご飯は午後からの仕事や勉強のためにもたくさん食べるべきですよね。一方で、家に帰ってお風呂に入って寝るだけしか残っていない夜の食事は控えるべきだといえます。18時以降食べないことに慣れてきた方は、是非夜は少なめ、昼は多めの食事量を意識してみてください。

18時以降食べないダイエットにおける注意点

18時以降食べないダイエットは、「18時までに食事を済ませる」というルールだけなので、独自のルールをプラスしてダイエットをすることができます。一方で、さらなる効果を求めるあまり、間違ったダイエットをしてしまう恐れもあります。

そこで、18時以降食べないダイエットで気をつけるべき注意点をご紹介したいと思います。18時以降食べないダイエットで効果を得るため、そして長く続けるためにも是非気をつけて欲しいと思います。

リバウンド防止のため極度な食事制限はしない

18時以降食べないダイエットを実践する多く方がやってしまうこととして、「極端な食事制限をプラスしてしまうこと」が挙げられます。例えば、お肉や炭水化物を極力食べない、野菜だけを食べるなど、特定の食材を食べない、または特定の食材のみを食べるなどです。

食材の制限だけでなく、効果を高めたいという理由で量そのものを極端に減らしてしまう方も多くいます。ダイエットに即効性と大きな効果を求めたいという気持ちはわかりますし、焦ってしまうのも無理はありません。

極端な食事制限をすれば確かに痩せますが、目標値に達してダイエットを辞めた時にその数値をキープできる可能性はごく僅かです。むしろ、普通の食事に戻った途端一気に体重が増えてしまうなどリバウンドのリスクが非常に高くなってしまいます。

ある程度食事の時間を統一するようにする

次に、18時以降食べないダイエットで多い失敗例として、「食事時間が決まっておらず、食べ損ねてしまうこと」が挙げられます。毎日18時までに3食を終わらせるというのはかなり大変なんですよね。仕事をしていて時間を忘れて食べ損ねてしまう方も多いと思います。

特に多かったことが、18時までに食事ができず、最初は耐えていたけれど結局空腹感に負けてしまい夜遅くに食べてしまったという失敗談です。そのため、ある程度3食の時間を決めてしっかりと18時までに食事を済ませることが大切です。

もし、仕事で食事を忘れやすい、忙しくてまとまった時間が取れないという場合は、小分けにしてこまめに食事をすることもオススメです。例えば、15分の休憩時間におにぎりなどさっと食べられるものを用意すると良いでしょう。

まとめ

18時以降食べないダイエットは、食事の時間が指定されているだけで食事制限や運動が一切含まれていません。しかし、「肥満遺伝子BMAL1の活発な時間帯を避けて食事をすることで脂肪の生成を抑えられる」という根拠がしっかりとあるダイエット方法です。

食事内容を変える必要もなければ運動も強制されていないため、非常にストレスなくダイエットすることができます。また、食事時間を習慣づけさせることもできるので、ダイエット終了後もリバウンドのリスクが少なく、理想の体型を維持し続けられるダイエット方法です。

日常生活の中で少し食事時間を変えるだけでダイエット効果が期待できるので、忙しくてダイエットする暇がない、長く続かないという方は是非お試しください。