本当に痩せるダイエットメソッド

年齢のせい?代謝ダウン?30代でダイエットをしても痩せない理由2つ

「30代になると一気に痩せにくくなる。」と1度は耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。20代はまだ若いと言われていたのに30代に入って急におばさん・おじさん扱いされている方もかなりたくさんいると思います。実際に30代に入って無理ができなくなったなど加齢によるダメージを感じる方も少なくありません。

では、30代に入って痩せなくなるといわれるのも加齢が原因なのでしょうか。そうなると、30代の人たちはダイエットをしても失敗する率が高いということになってしまいますよね。そこで今回は、30代に入った途端に痩せないと言われる理由を解説していきたいと思います。

30代になると痩せなくなるのは何故?

一般的に30代で痩せなくなる原因として「30代は20代に比べて代謝が落ちるから痩せにくくなる。」と言われています。確かに30代になって身体が疲れやすくなった、脂っこいものが食べられなくなったなど体調面での変化を感じる方も多いでしょう。

しかし、実際は代謝以前の問題で日常生活の習慣が大きな原因ではないかと考えられています。また、30代という年代そのものが身体の不調を感じるようになる年代でもあるため、余計に痩せにくいと感じるのかもしれません。30代で痩せない理由をそれぞれ解説していきたいと思います。

ライフスタイルの変化と運動量の低下

30代に入ると仕事で重要なポジションについたり、管理職を任されるなど、仕事に対するキャリアアップだけでなく経済力のアップも期待できますよね。一方で、仕事で重要な役割を任される、部下を持つようになることで取引先との接待で飲み会が増えたり、給料が上がったからとオフィスに近い場所に引っ越すなどライフスタイルが変わった方も多いのではないでしょうか。

また、引越しによって通勤時間が短くなったり、終電があるのについついタクシーを使ってしまうこともあると思います。また、自宅でもルンバのような自動で掃除をしてくれる家電を購入するなど、日常生活における運動量の低下も30代には多く見られるといわれています。

つまり、30代になってライフスタイルが変わったことで、20代の時よりも摂取カロリーが増えて運動量が少なくなったため、痩せないと感じるのではないでしょうか。

今まで蓄積した生活習慣や身体の不調が一気に表れる

また、30代は年代的に今まで無理をしていたことが全て身体に表れる年代だといわれています。30代のいつ頃それが訪れるかは個人差がありますが、具体的な例を挙げると「20代の頃は寝ずに飲んでも仕事に行けたのに、30代では耐えられない。」などです。

10代や20代の時は「若さ」という最大の武器があり、多少の無理でも若さと体力でカバーし、何とか誤魔化すことができました。自分だけでなく、周囲の友人や知人が滅茶苦茶なスケジュールをこなしていたのを見た経験はありませんか。

しかし、若さや体力の多さでカバーできていると思っていたら大間違いで、30代に入ると10代20代の時に無理をしていたことがそのまま返って来るといわれています。だからこそ、10代20代の時は若さでカバーできていた体重も、30代になった途端に痩せにくくなるのかもしれません。

30代のダイエットで大切なことは何か

年齢的な問題と過去自分が無理してきたことが全て返って来るのであれば、30代で痩せようと考えるのはほぼ不可能ではないか、と思えてしまいますよね。しかし、多くの方が30代でダイエットを成功させているように、30代で痩せることは決して不可能ではなく、十分にダイエットできる可能性はあるといえます。

では、30代のダイエットでは一体どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。30代のダイエットに大切なことを解説していきたいと思います。

運動を増やすなど少しずつ生活習慣を変えていく

30代のダイエットで一番大切なことは生活習慣を変えていくということです。ただでさえ仕事や家事育児で忙しない日々を送っていると思うので、一度に全ての習慣を変えるということは難しいかもしれません。だからこそ、30代のダイエットは時間をいくらかけたとしても地道に生活習慣を変えていくことが大切になります。

飲み会や接待などで栄養バランスの偏った食事をする頻度が高くなることはもう避けられないですよね。だからこそ、飲み会や接待以外の場面での食生活を見直してみましょう。朝食はしっかり食べているか、昼食の栄養バランスはどうか、外食ばかりではないか、などです。時には自炊して家でご飯を食べたり、お弁当を持っていくこともオススメです。

また、運動も無理のない範囲で徐々に増やしていけたら理想的です。例えば、帰リ道で少し長めの距離を歩いてみたり、雑巾がけなど手動で家全体を掃除してみるなどです。

溜まりきってしまう前にこまめにストレスを発散させる

ストレスはダイエットに対して悪影響を与えるのでこまめに解消することをオススメします。ストレスが溜まると、コルチゾールと呼ばれるドカ食いホルモンが分泌されてしまうため、暴飲暴食をしてしまうリスクが非常に高まります。

10代20代の時は、ストレスも若さや体力の多さでカバーできる部分はありました。しかし、30代になってくると20代の頃よりもストレスを若さや体力の多さでカバーすることは難しく、ダイエット中にストレスが溜まりやすい傾向にあります。

ストレスが溜まりきった時に暴飲暴食など、ストレスを爆発させないためにもこまめなストレス発散が必要になります。自分の好きなことをする時間を作り、リラックスできる時間を忙しい日々の合間に作る努力をしていきましょう。

30代と20代の基礎代謝は実はそこまで変わらない

冒頭で「30代は20代の頃と比べて代謝が落ちるから痩せにくいといわれている。」と述べましたが、実際に30代と20代の基礎代謝の差はどれだけあるのでしょうか。実はそこまで30代と20代で基礎代謝が下がることはほとんどないそうです。

ただし、急激に体型が変わった、生活習慣が変わったなどの極端なことがあれば話は別ですが、ごく一般的には30代も20代も基礎代謝の量はそこまで変わりません。つまり、基礎代謝だけ着目するのであれば、30代も20代も痩せやすさの度合いはそこまで変わらないのです。

しかし、30代は年齢的にも今まで無理してきた分が身体に跳ね返ってくる時期なので、基礎代謝が20代と変わらないといってもライフスタイルを改善したり、運動量を増やすなどの努力は必要になってきます。

まとめ

30代と聞くと、肌の状態はもちろんダイエットに関しても不利になるというイメージが強いですよね。しかし、実際には20代と30代でそこまで基礎代謝の量は変わらないので、基礎代謝での痩せやすさはどちらの年代も変わらないといえます。

一方で、30代は仕事や結婚などライフスタイルが大きく変わりやすい時期でもあり、人付き合いが大きく変わるだけでなく、経済的なゆとりからさらに便利な生活に変わっていく人が多い年代でもあります。そのため、運動量の低下や高い摂取カロリー、アルコールの過剰摂取などダイエットとは真逆の生活を知らない間に送っている方も少なくありません。

30代のダイエットで大切なのは、今現在のライフスタイルを見直して改善することと、少しずつ運動量を増やしていくこと、そしてストレスを溜め込みすぎないことです。地道な努力が必要になっていくので長い目で見てゆっくりと改善していくことをオススメします。