本当に痩せるダイエットメソッド

クエン酸ダイエットにおけるメカニズムと正しい方法を徹底解説!

クエン酸ダイエットは、クエン酸を摂取することでダイエットができるという方法です。しかしながら、クエン酸ダイエットはやり方を間違えると逆効果になる場合や、効果がでない場合もあります。

クエン酸は、ダイエットに効果的であるためうまく活用することで手軽に体重を落とすことが出来ます。ただし、クエン酸だけを摂取することで体重が落ちる効果はありません。本記事では、クエン酸ダイエットにおけるメカニズムと正しい方法を解説します。

クエン酸ダイエットの効果とメカニズム

クエン酸ダイエットの効果としては、代謝があがるだけではなく、美肌効果やアンチエイジングの効果があります。これに加えてクエン酸ダイエットには、疲労回復の効果もあり、日々仕事や勉学で疲れた人でダイエットをしたいと思っている人においてもクエン酸ダイエットは効果的です。

このクエン酸ダイエットには、栄養学的な観点からみたメカニズムが存在します。このメカニズムを知ることによって、クエン酸ダイエットを正しく行えるようになります。

クエン酸ダイエットによる代謝向上効果

クエン酸は、梅干しやレモンといった食べ物に含まれる有機化合物のヒドロキシン酸と言われる栄養素のひとつです。このクエン酸には、細胞の中のミトコンドリア内にあるクエン酸回路と言われるエネルギー代謝経路を円滑に回す働きがあり、糖質やたんぱく質、脂質といった栄養素からエネルギーを円滑に生成するために必要になる物質です。

このクエン酸は、体内で不足することがあまりないものの、クエン酸が不足してしまった場合、エネルギー生成が円滑に行われないため、代謝が下がってしまいます。そのため、クエン酸を摂取することによって、エネルギー生成を円滑に行えるようになるため代謝が向上するといった効果があります。

このようにクエン酸ダイエットでは、クエン酸の代謝向上効果を利用してダイエットを行います。

クエン酸ダイエットのメカニズム

クエン酸ダイエットでは、クエン酸による代謝向上効果を利用してダイエットを図ります。しかしながら、単にクエン酸を摂取しているだけでは、ダイエットを行うことにはなりません。クエン酸はあくまでエネルギー生成を促進する働きがあるだけで、直接エネルギー生成を行うわけではありません。

つまり、エネルギーを消費する運動などを行わなければ、エネルギー生成を行わないためダイエットで落とすべき脂肪を落とすことが出来ません。言い換えれば、運動などでエネルギーを消費する時に、クエン酸があることによって効率的にエネルギーを生成することができるため、ダイエットに効果的であるという事です。

このようにクエン酸ダイエットでは、運動などを行う際にクエン酸の代謝向上効果を利用することで、脂肪などをエネルギーにしやすくなるためダイエットに効果的になるというメカニズムがあります。

クエン酸ダイエットの方法とは?

クエン酸ダイエットはやり方を間違えると逆効果になることがあります。これには、クエン酸を摂取するだけでダイエットになるという間違った解釈で行うことで、クエン酸の含まれる食べ物やサプリメントを過剰に摂取してしまうという理由があります。

このため、ダイエットに適切なクエン酸の摂取する頻度や摂取方法は重要です。本項目では、この逆効果になる原因とクエン酸ダイエットにおける適切な摂取頻度、クエン酸の摂取方法について解説します。

クエン酸ダイエットはやり方を間違えると逆効果になる

クエン酸ダイエットは、やり方を間違えると逆効果になることもあります。なぜならば、クエン酸を摂取するだけではダイエットを図ることが出来ず、むしろカロリーだけ摂取していることになるためです。

特にクエン酸は、柑橘系のフルーツであるレモンやグレープフルーツといった酸っぱい食べ物に含まれます。そのため、砂糖などをかけて摂取する場合もありますが、先述した通りクエン酸だけ摂取してもエネルギー生成を促進するだけであって、直接エネルギーを生成するわけではありません。

これらのことからレモンやグレープフルーツにおける糖質や食物繊維などのカロリーに加えて砂糖などの糖分を摂取しているだけになってしまい逆に太ってしまうこともあります。

ダイエットに適切なクエン酸の摂取頻度

ダイエットに適切なクエン酸の摂取頻度としては、毎食の食事の時と運動後に摂取するのが良いです。なぜならば、クエン酸は一度に多く摂取しても、時間が経つと体から排出されます。

このことから、クエン酸は一度に大量に摂取する必要はなく、1日に何回かにわけて摂取することが適切です。クエン酸の体内に残る時間としては4時間が目安です。そのため1回ごとの食事の時に摂取すると効果的です。

またこれに加えて、運動後などに摂取することで、体内で枯渇したグリコーゲンなどを再生成するために脂肪などをエネルギーへと変換するのを促進するため、クエン酸ダイエットがより効果的になります。

このようにクエン酸ダイエットにおいては、食事のタイミングで摂取することと、運動後に摂取することで効果的なクエン酸ダイエットを行えます。

クエン酸の食べ物とサプリによる摂取方法

クエン酸の摂取方法には、食べ物で摂取する方法とサプリメントで摂取する方法があります。特にクエン酸は、酸っぱい食べ物に含まれる場合が多いです。例えば、梅やレモン、グレープフルーツはクエン酸の含有量が多いことで知られています。

しかしながら、酸っぱいものが苦手な人においては砂糖をかけて無理やり摂取するのではなく、サプリメントを使用することをおすすめします。

確かに砂糖をかければ酸っぱいものでも食べやすくなります。しかしながら、砂糖は急激に血糖値を上げてしまうため、エネルギーを消費しない場合はすぐに脂肪として蓄積されてしまいます。このことから、サプリメントを使用して摂取すれば無理やりカロリーを上げて摂取することにならないため、クエン酸ダイエットには効果的です。

このように、クエン酸の摂取方法には食べ物で摂取する方法とサプリメントで摂取する方法があるため、酸っぱいものが苦手な人はサプリメントを使いましょう。

クエン酸ダイエットと並行して行うべき事

クエン酸ダイエットでは、クエン酸を摂取するだけではダイエットにならないということはすでに述べた通りですがダイエットは基本的に1日の消費カロリーと摂取カロリーをコントロールすることで体重を落とします。

そのため、クエン酸ダイエットにおいても同じことが言えます。有酸素運動は、主にカロリー消費を目的としており、食事は1日の消費カロリーをオーバーしないことが前提です。

これらのコントロールがあるからこそクエン酸ダイエットを行うことが出来ます。

 有酸素運動でエネルギーを消費する

有酸素運動は、エネルギーを消費するのには最も効果的な運動です。ただし、多くのカロリーを消費したいからといってきつい運動をする必要はありません。きつい運動をしてしまえば、毎回運動することがきつくなってしまうため、運動の継続が行えなくなります。ジョギングでもきついという人はウォーキングをするだけでも構いません。

これらの有酸素運動は運動代謝の過程から言えば、15分以上を目安にすると良いです。なぜならば、15分を越えた辺りから脂肪を燃焼してエネルギーを生成し始めるためです。そのため、有酸素運動では、運動のきつさよりも時間で考える方が重要であると言えます。

これに加えてクエン酸を摂取することによって、エネルギー生成を促進するため、効果的なクエン酸ダイエットを行うことが出来ます。

食生活を見直して適切な量を摂る

クエン酸ダイエットにおいても食生活は、人間のカロリー摂取の要因であることから重要であると言えます。なぜならば、1日の消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまえば、その余分なエネルギーは脂肪になります。ただし、食事制限などをして無理やりカロリーを押さえてしまえば栄養素が不足してしまい、身体機能の低下につながります。

クエン酸ダイエットにおいて最も理想的なのは、1日の消費カロリー分を食事で摂取し、運動してカロリーを消費することで、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることが理想的です。基礎代謝は、自分の身長や体重、運動量などによって大きく異なりますが、20代女性では1180kcal、30~40代では1140kcalが平均基礎代謝であると言われています。

このように、クエン酸ダイエットにおける食生活では、食事制限などを行う必要はなく、1日の消費カロリー分を摂取することが重要です。

まとめ

クエン酸ダイエットは、クエン酸を摂取するだけでは意味がありません。むしろ逆効果になることもあります。クエン酸には、エネルギー生成を促進する働きがあり、エネルギー消費をすることによってクエン酸ダイエットは効果的になります。

クエン酸ダイエットにおいては、適切な頻度や適切な摂取方法があります。クエン酸は時間経過に伴って体外に排出されてしまうため、食事のタイミングや運動後などに摂取すると良いです。加えて酸っぱいものが苦手な人であれば、サプリメントを使用して摂取することがおすすめです。

また、クエン酸ダイエットにおいて、食生活の見直しと有酸素運動を行うことは必要不可欠です。なぜならば、1日の消費カロリーを上回った食事をしていれば、ダイエットにはならない事に加えて、運動を行わなければクエン酸を摂取する意味がないためです。

このようにクエン酸ダイエットには正しい方法があるため、適切な方法で実践してみましょう。