部位別に痩せるダイエット法

自宅で簡単にできるふくらはぎダイエット方法!

ふくらはぎが太くて悩んでいませんか?

日本人をはじめアジア人はふくらはぎが太くなりやすい人が多く、美脚を目指している女性の悩みの種になっています。そんなふくらはぎですが、実は原因を理解して対策をすることで短期間でふくらはぎ痩せをすることができるんです。

今回は、ふくらはぎが太くなる原因と、問題を解決してふくらはぎを細くすることができる効果的な方法を紹介します。今まで知らなかった意外な原因が見つかるかもしれないので、美脚を目指している方はぜひ参考にしてください!

ふくらはぎが太くなる原因は人によって様々

ふくらはぎを細くしたいなら、どんなことが原因で自分のふくらはぎが太くなっているのか理解することが大切です。原因を特定することができれば、その問題を解決するための具体的な方法を導きだすことができます。

ここでは、ふくらはぎが太くなる主な原因を紹介します。自分のふくらはぎの様子を見ながら何が原因で太くなっているのか確かめてみましょう。人によっては複数の問題が原因になっている方もいるので、解説を参考にどのような原因が考えられるか見てみて下さい。

ふくらはぎが太い原因その1:むくみ

ふくらはぎが太くなってしまう一番多い原因がむくみによるものです。日頃から同じ体勢で仕事をすることが多いオフィスワークの方や、立ち仕事が中心の方などはむくみが原因でふくらはぎが太くなりやすいです。

むくみは血行が悪いことによって老廃物や不要な水分が体の中に溜まってしまうことによって引き起こされる症状です。ふくらはぎは体の中でも心臓から遠く、老廃物をスムーズに排出することが難しいため、体の中でもむくみやすい部位になっています。

むくみを放っておくと手や足先まで血流を届かせることができないため、冷え性の原因にもなります。冷え性は代謝量も下げてしまうので、痩せにくい体になってしまいます。仕事から帰ってきた時にふくらはぎがパンパンで、次の日もむくみが取れていない方はマッサージやストレッチなどで血行を良くする対策をするようにしましょう。

ふくらはぎが太い原因その2:脂肪

本来、ふくらはぎは体の中でも脂肪がつきにくい場所なのですが、脂っこい食事や大食いの方は脂肪が原因でふくらはぎが太くなっている可能性があります。脂肪が原因になっているのか確認したい方は、ふくらはぎを両手で掴んで雑巾を絞るように捻ってみてください。

この時、表面がボコボコする方は脂肪が原因でふくらはぎが太くなっていると言えます。ふくらはぎについた脂肪は通常、カロリー制限でなくなりますが老廃物が溜まっている冷え性の人の場合、代謝も悪く体温も上がりにくいため脂肪をなくしずらいです。

脂肪は冷やすと固まり、温めると溶かすことができるのですが、血行が悪くなりがちなふくらはぎを温めるには意識的なマッサージや代謝を上げるちょっとしたトレーニングを日々の生活に取り入れることが大切です。

ふくらはぎが太い原因その3:筋肉

意外に多いのが筋肉が原因でふくらはぎが太くなっているパターンです。昔、部活などでスポーツを熱心に行っていた方や日常生活で早歩きすることが多い人など、ふくらはぎが太くなる原因は意外にも多いです。

単純に筋肉がついてしまっている場合もあれば、連日ヒールを履いて仕事をすることによって筋肉が凝り固まってしまうこともあります。硬くなってしまった筋肉はゴツゴツした見た目になってしまい美しくありません。

筋肉がついていることは健康的で良いことですが、美脚を目指すなら筋肉の質や状態にはこだわりたいところです。凝り固まった筋肉を改善していくには、日常的な歩き方を意識したり、ストレッチを行うなどして十分に伸ばしてあげることが大切です。

柔らかい筋肉は血行を良くする効果もあるので、日頃からのメンテナンスに気をつけてみましょう。

ふくらはぎの理想のサイズは身長(cm)×0.2!

ふくらはぎ痩せの対策方法に移る前に、美脚と呼ばれるバランスの良い足を目指す上でふくらはぎはどれくらいの太さが理想的なのか知っておきましょう。細すぎるふくらはぎはバランスが悪く、病弱に見えてしまうので注意してください。

ふくらはぎの理想的な太さは「身長(cm)×0.2」と言われています。例えば、身長が160cmの方の場合「160cm x 0.2 = 32cm」となります。ふくらはぎの一番太い部分が32cmで足首に向かって細くなっていくというイメージです。

この数値はあくまでも平均値であり、人によってはアンバランスに見えてしまうこともありますが、あまりに熱心になりすぎて痩せすぎの状態になることを防ぐ目安にもなるので、ふくらはぎ痩せを目指す方は参考にしてください。

ふくらはぎ痩せに効果的な方法!

ふくらはぎが太くなる原因が分かったところで、ふくらはぎを細くする効果的な方法を見ていきましょう。ふくらはぎが太くなる原因について複数思い当たる方は、ここで紹介している対策方法をいくつか選んで試してみることをおすすめします。

ふくらはぎ痩せに共通して言えることは、柔軟で柔らかいふくらはぎを保つことです。凝り固まった筋肉や脂肪などは血行も悪くなりがちで、結果的に老廃物や水分が溜まってしまいむくみの原因にもなります。

定期的にメンテナンスを行うことで、ふくらはぎの問題が解消しスラッとしたシルエットを持続させることができます。美脚を目指す方も、健康的な体を手に入れたい方も以下の方法をぜひ試してみて下さい!

むくみを解消でふくらはぎ痩せ!リンパマッサージ

オフィスワークや立ち仕事、ヒールなどで連日ふくらはぎのむくみが取れないという方にはりんぱマッサージがおすすめです。リンパマッサージを行うことによって、意図的に老廃物をふくらはぎから追い出すことができます。さらに血行も良くなるので定期的に続けることによってむくみにくいふくらはぎを手に入れることができます。

ふくらはぎ痩せに効果的なリンパマッサージは、アキレス腱からふくらはぎに沿ってつまむようにマッサージしていきます。次にふくらはぎを両手でつかみ雑巾を絞るように捻ります。次に両手でふくらはぎを掴んで下から上に揉み上げていきます。

この動作をそれぞれ1分ずつくらい行い、何度か繰り返すことでリンパの流れを改善し、ふくらはぎから不純物を追い出すことができます。保温・保湿効果のあるマッサージクリームなどを使うのもおすすめです。

引き締め効果アップ!カーフレイズトレーニング

たるんだふくらはぎや老廃物が溜まってしまったふくらはぎの対策としても有効なトレーニングがカーフレイズです。カーフレイズはかかとの上げ下げを繰り返す運動のことで、ふくらはぎを集中的にトレーニングすることができます。

肩幅程度に足を開いて直立します。つま先を支点にかかとを上げていきます。十分に上げきったらゆっくり元の位置まで戻していきます。この動きを10回〜20回、3セット程度行ってください。

筋肉を強制的に収縮させることができるので、代謝を上げて血行を促進し老廃物などを流す効果も得られます。女性の方で筋肉量が少ない方はカーフレイズを行うことで健康的なシルエットのふくらはぎを目指すことができます。

「筋肉がつきすぎてしまうことはないの?」と心配する方も多いですが、女性の方は体の構造上、太くなりすぎてしまうことはないので、安心してトレーニングを行って下さい。

有酸素運動で脂肪燃焼!ウォーキング&ジョギング

美脚を目指す多くの女性が日々の生活に取り入れているのがウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。ウォーキングやジョギングはふくらはぎ痩せをしたい方にとっても有効な方法で、代謝をアップさせることによって太りにくい体を手に入れることができます。

脂肪が原因でふくらはぎが太くなっている方はウォーキングやジョギングなどを積極的に取り入れることでスラッとした美しいふくらはぎを手に入れることができます。

ポイントはあくまでも脂肪燃焼を目的とした有酸素運動を意識すること。心拍数が上がりすぎてしまうと有酸素運動にならないので、人とギリギリ会話ができるくらいを目安に行うことが大切です。

週3日くらいで1日15分〜30分ほどウォーキングやジョギングを行うことによってふくらはぎはもちろん、体全体を健康的な状態に保つことができます。

硬い筋肉をほぐす!ふくらはぎストレッチ

筋肉が硬い人は、ふくらはぎ全体をストレッチしてほぐしてあげましょう。ストレッチは場所を選ばずに思い立った時にすぐできるので「足が疲れたなぁ」と感じた時にリフレッシュさせる効果もあります。

簡単なストレッチは仰向けに寝た状態で足を伸ばし、つま先を頭の方に引き上げてふくらはぎを伸ばす方法です。足を一直線に伸ばした状態でふくらはぎを伸ばすことで太ももの裏側からふくらはぎの筋肉をストレッチさせることができます。

オフィスなどで床に寝ることができない時は、足を交差してまっすぐ伸ばした状態からゆっくり前屈することによってふくらはぎ全体をストレッチさせることができます。
ストレッチは筋肉のコリをほぐすだけでなく、血行を良くしてむくみを解消する効果もあるので、日々の習慣にしておくことをおすすめします。

寝ている間もふくらはぎ痩せ!着圧ソックス

ふくらはぎに圧力をかけることでリンパの流れを良くしてくれる着圧ソックスは、寝ている間にむくみを解消しやすくなるおすすめ商品です。仕事がらむくみが取れなくて悩んでいる人は、着圧ソックスを履いてメンテナンスするだけで、太もも痩せを実感できることもあるんです。

着圧ソックスは様々なメーカーが販売しています。数ある商品の中で着圧ソックスを購入する際のポイントは、自分に合ったサイズを選ぶことです。サイズが合っていないとキツすぎてアザになってしまうこともあるので、商品を購入する際はしっかりとサイズを確認するようにしましょう。

保温効果のある商品などもあるので、むくみを解消するのと同時に冷え性も解消することができます。疲れた足をリフレッシュさせることができるので、美脚を目指す方はぜひ試してみて下さい。

ふくらはぎ痩せを意識した歩き方

ふくらはぎが太くなる原因に対して効果のある対策方法を紹介しました。ただし最も大事なことは「また太くならないようにする」ことですよね?

そのためには歩き方を少し意識するのがポイントになります。歩く際は、歩幅を広めにして膝を伸ばし、かかとから着地します。足を前に出す際は、指先で地面を蹴るイメージで前に進みます。

胸を張って背筋を伸ばしながらこの動作を行うことでふくらはぎをしっかりと伸縮させることができ、ふくらはぎが太くなることを防止できます。はじめは慣れないと思いますが、1日の中で短時間からでも良いので、ふくらはぎ痩せを意識した歩き方を実行してみてください。

特にウォーキングをしている方は、同時にふくらはぎ痩せの歩き方を練習することで美脚効果をアップさせることができます。

まとめ

ふくらはぎ痩せに効果的なダイエット方法を紹介しました。人によってふくらはぎが太くなる原因は様々で、自分に合った対策方法を行うことで短期間でもふくらはぎを痩せさせることができます。

また、むくみや筋肉が固まってしまわないようにするためには日頃からストレッチやマッサージでメンテナンスを行うことが非常に重要です。日常的にふくらはぎを柔らかい状態に保つことができれば、太くなりにくいふくらはぎを維持することができます。

オフィスワークや立ち仕事など、日々の生活習慣がもろに現れてしまうふくらはぎは、ちょっとした対策方法を継続するだけで美脚効果を得ることができます。理想的な太さの目安なども参考にしながらふくらはぎ痩せを成功させて、スラッとした美脚を手に入れましょう!