痩せるダイエット食品

本当に一日一回飲むだけ?フルーツ青汁で痩せることが出来ない理由

フルーツ青汁は、最近になって出てきた新しい青汁です。それまでの青汁と違って青臭いまずさが無く、フルーツのさわやかな味が楽しめる人気の食品です。

このフルーツ青汁は、ダイエットに利用することを奨励されています。しかし、いくら続けてもフルーツ青汁では痩せることができない、という人もいるでしょう。

そのような人のために、今回はフルーツ青汁を飲んでいるにも関わらず痩せない理由や、フルーツ青汁の適切な利用方法をご説明します。

フルーツ青汁を飲んでいるのに痩せない理由

ダイエット効果があり、健康に良いうえに美味しいフルーツ青汁。買った時は、「これさえ飲めば痩せられる…!」と、希少な宝石を手にしたように感激したでしょう。

しかし、残念ながらいくらフルーツ青汁を飲んでも痩せられないという人もなかにはいるのです。

「やっぱり嘘だったのかな…」と落胆する前に、痩せない理由を探してみませんか?フルーツ青汁を買った代金は無駄だった、と決めつける前に、自分のダイエット生活を振り返ってみましょう。

フルーツ青汁を飲んでいるからと過食をしている

フルーツ青汁を飲んでいるからといって過食をしていませんか?スナック菓子を間食にしたり、一日に取るべき量以上のカロリーを摂取していると、いくらフルーツ青汁を飲んでいても痩せることはできません。

そもそもフルーツ青汁は食物繊維や酵素等を手軽に摂取し、老廃物の排出を手助けしてくれるものです。老廃物とは身体のなかにある不要なモノを指しています。しかし、いくら不要なモノといっても、脂肪まで不要なモノとフルーツ青汁は判断してくれるわけではありません。

このように、フルーツ青汁には、摂取したカロリーを無かったことにする効果はありません。ですから、いくらフルーツ青汁を飲んでいても、過食をしている限り痩せることはできないのです。

そもそも持続的に飲むことが出来ていない

フルーツ青汁は持続的に飲むことで、身体に不足しがちな食物繊維や酵素、乳酸菌を取ることができる飲み物です。これら乳酸菌や食物繊維等は、持続的に取らないとその効果が得られないのです。

だいたいのフルーツ青汁は、一日に一杯飲めば良い、と箱に書かれてあるでしょう。逆のことを言ってしまうと、毎日一杯は飲まないとその効果を得ることができない、と考えることもできます。

ダイエットは、持続することが大切です。フルーツ青汁を使ってダイエットするときも、持続的に飲むことが必要とされます。

持続的に飲むことができない、という人は、フルーツ青汁の小包を常にバックに忍ばせる、カレンダーに書いておく等の工夫をして、毎日飲めるような習慣づけを行いましょう。

フルーツ青汁は置き換えダイエットに向いていない

フルーツ青汁の通販サイトでよく取り上げられているのが、フルーツ青汁を使った置き換えダイエットです。だいたい朝食をフルーツ青汁に置き換えるケースがよく見られます。

しかし、考えてみてください。今までガッツリ朝食を食べていた人が、朝食の代わりにフルーツ青汁を飲むようになったとして、それを習慣づけることができると思いますか?

その答えは、NOです。おそらくこのような人は、午前中お腹が減って仕方がないでしょう。仕事や学業に身が入らないかもしれません。夕食にフルーツ青汁を置き換えることも、同じことです。

フルーツ青汁は、そもそも液体なので置き換えダイエットには向いていないのです。液体は固体と違いすぐに胃を通り抜けてしまうので、胃に溜まるというはなく、次の食事の時間まで空腹で過ごすことになってしまいます。

フルーツ青汁は飲むだけで体重を減らすモノではない

ご説明したとおり、フルーツ青汁を飲むだけで体重が減る、というのは誤りです。もし本当にフルーツ青汁が飲むだけで脂肪が無くなるような代物なら、それは危険な飲み物ということができます。

よくテレビ等で、「この食品を取っていればそれだけで痩せる!」などと食品が紹介されることもありますが、ああいったものもフルーツ青汁と同じ、適切な食事と運動があってこそ痩せているものなのです。

「飲むだけで痩せられる!」を、本気にしてはいけません。

ダイエットにはそもそも適度な運動と食事管理が必要

ダイエットは、そもそも適度な運動と食事管理が基本です。今までたくさん食べていた人、運動不足な人は、今までの自分の生活を振り返り、反省する必要が出てきます。

「自分の生活の何が悪かったのか?」と考えることは、自分のこれからのダイエット生活の指標を決める大事なカギです。

運動不足であったら運動を出来るだけ行うこと、食事が高カロリー高脂質であったら低カロリー低脂質のものに代えることが必要です。

このように、ダイエットとは自分の生活を振り返り、適度に制限することが求められる行為なのです。

はっきり述べてしまうと、苦しい道のりです。だからこそ、「飲むだけでいい」と宣伝されているフルーツ青汁は人気があるのでしょう。痩せることができるうえに、従来の青汁と違って美味しいとなれば、それに頼りたくなる気持ちにもなってしまいます。

あくまでも「サポート食品」として位置付けるべき

フルーツ青汁は、あくまでも「ダイエットのサポート食品」と位置付けて摂取するのが良いです。つまり、フルーツ青汁を主食にしないで、食事と共に飲むのがオススメということです。

ダイエットは辛いものです。「一刻も早く痩せて理想の体型になりたい…」という気持ちは、誰にでもあります。好きな物を早く食べられるようになりたい、という気持ちを持っている人もいるかもしれません。しかし、だからと言って全食をフルーツ青汁に置き換える、というようなことは絶対に止めてください。栄養不足で余計に食べたくなってしまううえに、最悪の場合は栄養失調で倒れてしまうことさえあります。

ダイエットは急がず、気長に行うことが一番です。フルーツ青汁は、あくまでもサポート食品として摂取し、食事は三食しっかり取るようにしましょう。

まとめ

フルーツ青汁は、あの苦いことで有名な青汁を飲みやすくしたものです。あのまずさで有名な青汁が非常に飲みやすくなったのですから、これを使わない手は無いと買う人もいるでしょう。

しかし、フルーツ青汁でのダイエットには、これまで述べてきた通り注意が必要です。フルーツ青汁は主食にしないこと、あくまでもサポート食品として位置づけることが大切なのです。

また、ダイエットには適度な食事制限や運動などが必要なことも忘れないでください。様々な制限が必要なダイエットは、短期間に激しいダイエットをするのではなく、長期間で、ゆるいダイエットをすることをオススメします。

正しく飲めば、フルーツ青汁は身体の老廃物を排出しやすくしてくれる、良いパートナーとなってくれますよ。