部位別に痩せるダイエット法

ストレッチで脚やせ!自宅でできる簡単なストレッチ方法を特集!

女性なら誰だって「スラッとした脚になりたいなぁ」って思いますよね!今回は美脚を目指す人必見の脚やせストレッチを紹介します。太ももにたまってしまった脂肪…もうとれないと思っていませんか?

脚が太くなってしまう原因は人によって原因が違うんです。自分の脚が太い理由が分かれば、問題を解決していくこともできます。難しいってイメージがある脚やせダイエットですが、日々の生活にストレッチを取り入れることでかなりの効果が出ることも。

脚が太いことを諦めてきた人は、今回紹介するストレッチ方法をぜひ試してみてください。どの方法も自宅で簡単に行えるものばかりです。まずは手軽な方法で美脚を目指していきましょう!高いジムの会員費や無理な運動をしたくない方にもおすすめです。

人によって脚が太くなる原因は違います

ここでは、脚が太くなる主な原因について説明します。脚が太い原因って1つだけじゃないんですね。見た目が一緒でも根本的な原因が違えば対処法も違ってきます。自分の脚が太くなっている原因がどのようなものなのか考えてみてください。

むくみなのか、脂肪なのか、筋肉なのか…もしかすると複数の問題が原因になっているかもしれません。原因が分からないままストレッチやトレーニングを行ってしまうと逆効果になってしまう可能性もあるんです。

しっかり脚やせしていきたいなら、まずは脚が太い原因を明確にしましょう。以下の主な原因を参考にして自分がどれに当てはまるのか分析してみてください。何度も脚やせに失敗してきた方は一度冷静に原因を考えてみることをおすすめします。

むくみが原因で太くなっている場合

脚が太くなってしまう原因で一番多いのがむくみによるものです。オフィスワークの方や立ち仕事など、同じ体勢が多い方はむくみが出やすくなっています。むくみは不純物や余計な水分が排出されずにたまってしまう状態を言います。

むくみは血行を悪くして体温を低くする働きがあります。血流が体の末端まで行き届かなくて冷え性になってしまったり。体が冷えてしまうと脂肪もたまりやすくなって、さらに不純物がたまってしまうんです。

むくみは自然に解消されるものではありません。放っておくとむくみがひどくなって太ももが冷たくなってしまいます。この問題を解決するにはストレッチやリンパマッサージをして血行を良くしてあげることが大切です。

脂肪が原因で太くなっている場合

脂っこい食事が好きな方や大食いの方は脂肪が原因で脚が太くなっていることが多いです。脂肪も不純物と同じく血行を悪くする原因になります。そのまま放置しておくとセルライトになって落としにくくなってしまいます。

太ももを両手で握って雑巾を絞るように捻ってみてください。この時にポコポコとくぼみができている方は脂肪がついています。脂肪は冷えると固まってしまいます。なので血行の悪いと落としにくいんですね。

むくみと同時に脂肪が原因になっている人も多いです。脂肪を落としていくためにはトレーニングや食事制限も大切です。ですが、それ以前に脚の血行を良くして脂肪を溶けやすくすることが大切なんです。

脂肪を溶けやすいように温めるにはストレッチが効果的です。ストレッチをすることで血行が良くなり、トレーニングの効果をより高いものにしてくれます。

筋肉が原因で太くなっている場合

脚が太くなる原因として筋肉が問題になっている場合があります。筋肉が硬い人は脚が太く見えやすいです。普段の生活の中であぐらをかいたり、脚を組んでいることの多い人は要注意です。

日常生活のクセによって歪んだ骨盤や関節を筋肉が覆ってしまって、正常な位置に戻らなくなってしまいます。こうなると骨盤が無理に開いた状態になってしまい筋肉の上に脂肪が着きやすくなります。

凝り固まった筋肉はやっかいな問題を引き起こす原因になりやすいんですね。柔軟な筋肉なら血行も促進され代謝も良くなります。筋肉を柔らかい状態に保ちたいなら、日々のストレッチを欠かさずに行うことが大切です。

トレーニングで筋肉をつけることも大切ですが、筋肉の質にもこだわることで美脚効果をアップさせることができます。

理想的な脚の太さを知って美脚を目指そう!

具体的なストレッチ方法の解説にいく前に「美脚」の目安を把握しておきましょう。ただただ脚を細くしただけでは、病弱なイメージになってしまいます。スラッとしながらも健康的で美しく見える脚になりたいなら以下の計算方法から太さの目安を出してみてください。

太ももの理想の太さの計算方法は「身長(cm)x 0.3」で求めることができます。例えば身長が160cmの人なら「160cm x 0.3 =  48cm」ということになります。太ももの一番太い部分が48cmが理想的な太さということです。

ふくらはぎの理想の太さは「身長(cm)x 0.2」で求めることができます。例えば身長が160cmの人なら「160cm x 0.2 =  32cm」ということになります。ふくらはぎのの一番太い部分が32cmが理想的な太さということです。

あくまで平均値ですが、キレイな脚を目指すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

脚やせに効果的なストレッチ方法

ここからは脚やせに効果のあるストレッチ方法を紹介します。どの方法もシンプルで自宅で手軽に行えるストレッチになっています。とっても簡単な方法ですが、日常生活に取り入れることで様々な問題を解決することができます。

ストレッチをする際は、伸ばしている部位をしっかりと意識しながら行ってみてください。意識を伸ばしている部位に集中することでより的確にストレッチすることができます。

体が硬い人ははじめは無理をしないで少しづつ行うようにしてくださいね。

自宅で簡単!自転車こぎストレッチ

自転車こぎストレッチは、ストレッチとトレーニングを同時に行うことができる脚やせストレッチです。基礎体力をつけることによって脂肪燃焼効果も期待できます。

肩、肩甲骨、肘を支点にして下半身を上に持ち上げます。背筋を丸めないように注意しながら自転車こぎをします。この動作を1日5分くらいから始めてください。

自転車こぎをする時は膝をまっすぐにキープするようにします。膝が開いたり閉じたりすると太ももから刺激が逃げてしまいます。状態をまっすぐにキープしながら膝の位置にも気をつかってみてください。

一つ一つの動きは、テキトーにやるよりもじっくり行った方が脚やせ効果が高いです。太もも周辺をしっかり意識しながら運動することで刺激を逃すことなくストレッチすることができます。

寝ながら脚やせ!内ももストレッチ

普段使うことの少ない内ももをストレッチする方法です。脂肪がたまりやすい内ももは筋肉も固まりやすいです。しっかりとストレッチして柔軟な状態を保ちましょう。

床に座った状態で、脚の裏を合わせます。左右に開いた膝に両手を乗せます。上半身をまっすぐキープしながら両膝を押していきます。しっかりと内ももが伸びていることを感じながら10秒ほどキープします。この動作を3回ほど行いましょう。

体の硬い人は内ももをストレッチするのが難しい場合があります。そんな時は無理して脚を開こうとせずにできる範囲で行って下さい。筋肉が柔らかくなって脚が開くようになってきたら徐々にストレッチの幅を広げていきましょう。

お風呂上がりなど体が温まった状態の時にするのがおすすめです。

歪み解消で脚やせ!骨盤改善ストレッチ

骨盤が歪んでしまったり開いてしまうと脚が太く見えてしまいます。この問題を解決するには骨盤の歪みを整えるストレッチがおすすめです。今回は数あるストレッチ方法の中でも有名な「半月のポーズ」を紹介します。

大きく脚を開きます。右足のつま先を真横に向けます。両手をまっすぐ伸ばしてから右足に向かってゆっくり倒していきます。この状態を30秒ほどキープします。左右交互に行ってください。

半月のポーズを行う際のポイントは顔を天井方向に向けることです。顔を上に向けることによって上半身をしっかりストレッチさせることができます。また左右に広げた手は肩と平行にまっすぐ伸ばすようにしましょう。

朝と夜にストレッチを行うことで骨盤を整える効果を得ることができます。

むくみ解消!脚やせに効くリンパマッサージ

最後にむくみを解消するのに最も効果的なリンパマッサージを紹介します。脚にたまった不純物は放置していてもなかなか改善されません。リンパマッサージを行うことによってリンパの流れを良くして、脚にたまった不純物や水分を排出することができます。

リンパマッサージは足の裏から太ももに向かって行います。足つぼを押しながらアキレス腱、ふくらはぎ、太ももとお肉をつまむように揉んでいきます。次に両手で脚をつかんで雑巾を絞るように捻っていきます。

リンパマッサージを行う際は強く揉みすぎないように注意してください。あまりに強く揉んでしまうと内出血をおこしアザになる可能性があります。リンパマッサージもお風呂上がりなど、体が温まった状態の時に行うことで効果を高めることができます。

まとめ

今回は脚やせに効果的なストレッチ方法を紹介しました。自宅で簡単に行えるストレッチは毎日継続することで、太りにくい脚を作っていくことができます。ストレッチと同じくマッサージをすることも忘れないでくださいね。

不純物がたまってむくみがちな脚もリンパマッサージを定期的に行うことで、スッキリ美脚を目指すことができます。今まで何も対策をしていなかった人はマッサージだけでほっそりすることもあるんです。

脚が太くなる原因は人によって様々ですが、原因に合わせた対処法を行うことで確実な効果を得ることができます。まずは自分の脚にどんな問題があるのか見てみましょう。そして日常生活にストレッチを取り入れてみてください。柔軟で太りにくい脚を手に入れて、脚やせを成功させましょう!