部位別に痩せるダイエット法

【失敗なし】内もも痩せに効果的なダイエット方法とポイントを解説!

なかなか痩せない内もも。頑張ってダイエットに励んでいるにも関わらず、太ももの間に隙間ができなくて困っていませんか?実は内ももは体の中でも痩せにくい部分になっています。どんなに内ももの筋トレをしても細くするのは難しいでしょう。

美脚を目指す人の悩みの種でもある内もも。今回は痩せにくいと言われている内ももを確実に細くしていく方法を紹介します。対策方法と内ももが痩せにくい原因も解説しているのでぜひ参考にしてください!

内ももは体の中でも脂肪がたまりやすい

太ももの内側にたまったプルプルの脂肪。「なんでこんなに脂肪がついちゃうんだろう?」って思った方も多いはず。実は太ももは体の中でも脂肪がたまりやすい部分なんです。

体はお腹に近い部分が太りやすく、お腹から離れるほど脂肪がつきにくくなっています。太ももはお腹からとても近い場所にあるため、脂肪もたまりやすいんですね。特に内ももは日常生活でも使われることが少ないため脂肪がつきやすく落ちにくい場所になっています。

体の構造からも分かるように内ももだけをダイレクトに部分痩せすることは困難です。例え上半身が細くても内ももだけ脂肪が残ってしまい太く見える人は沢山います。

内ももを刺激する筋トレなどをストイックに行っている人は「私の方法間違えてたの?」とゲンナリしてしまうでしょう。ですが、美しい脚のラインを作る上では筋トレも大切です。なので筋トレは継続しながら、しっかりと結果の出るダイエット方法を覚えていきましょう。

内もも痩せはカロリー制限が一番大切

落としにくい内ももの脂肪をなくしてほっそりした脚を手に入れるなら、カロリー制限が最も効果的です。体の中でも脂肪がたまりやすい部分の内ももは、ちょっと油断して高カロリーな食事をするとすぐに脂肪として蓄積します。

太りにくい体質の人でも、運動などをしていないと内ももに隙間ができないのはこのためです。自分の体が1日何もしなくて消費するカロリー量を「基礎代謝量」と言います。この基礎代謝量よりも食事や飲み物から体に入るカロリー量が少なければ体は自然に痩せていきます。

脂肪がたまりやすく落ちにくい内ももは、摂取カロリーを控えることによって痩せることができます。カロリー制限はダイエットの基本でもあるので、まずは自分の基礎代謝量を調べてみると良いでしょう。基礎代謝量はインターネット上で計算できるサイトが沢山あるので活用してみてください。

内もも痩せには全身運動が効果的!

基礎代謝量よりも摂取カロリーを少なくすることで体が痩せることが分かりましたね!ただ毎日食べたいものを食べることができなければストレスになってしまいます。食事制限の反動で暴飲暴食してしまったりする人は少なくありません。

内もも痩せにも重要なカロリー問題ですが、体の筋肉量を増やすことで基礎代謝量を上げることができるんです。筋肉量が増えると食べ物から入ってくる栄養をエネルギーとして燃やしやすい体になります。

基礎代謝量を上げることができれば、食事をそこまで我慢することなく内もも痩せができるんです。基礎代謝量を上げるトレーニングにはジョギングやウォーキングなどの全身運動が効果的です。体全体を動かすような運動をすることで基礎代謝量が増えて、エネルギーを消費しやすい体になります。

「ジョギングするのは恥ずかしいな」という方は、体の中でも大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝量を増やすことができます。大きな筋肉は太もも、背中、胸、お腹などです。腹筋、背筋、腕立て、スクワットなら自宅でもできますよね。週に3回くらいでも基礎代謝量が増えるので、ぜひ試してみてください。

内もも痩せにおすすめのヘルシーフード

ここではカロリーが低く栄養価の高いヘルシーフードを紹介します。食事制限をする際に注意してほしいのが、栄養のバランスをとることなんです。ただ単に食事の量を減らしてしまうと、栄養不足になって痩せた時に老けて見えてしまいます。

特に筋トレをして基礎代謝量を増やそうとするならタンパク質が非常に大事になってきます。タンパク質が少なくなってしまうと、体は脂肪ではなく筋肉からエネルギーを使うようになります。せっかく基礎代謝量が増えても、タンパク質を摂らないと筋肉量が減ってしまうんです。

今回、紹介する食材はどれも高タンパク低カロリーなので、日々の食事にぜひ取り入れてみてください。

低カロリー高タンパク!豆腐で内もも痩せ

豆腐はカロリーが低く、植物性のタンパク質を豊富に含んでいるヘルシーフードです。女性への美容効果が期待できれうイソフラボンも同時に摂ることができるので、ダイエットに最適な食材と言えます。

今まで朝、昼、晩と普通に食事をしていた人は、1日の食事のどれかの主食を豆腐に変えてみましょう。ご飯をやめて豆腐に置き換えるだけで、ご飯に含まれる炭水化物をカットすることができます。朝食に菓子パンなどを食べていた人は豆腐サラダなどに変えてみると良いですね。

豆腐を使って料理を作る時は「総カロリー」に気をつけてください。せっかく豆腐を使っているにも関わらず、脂っこい料理にしたら効果も半減してしまいます。なるべくヘルシーなメニューを心がけて無理なく内もも痩せできるようにしましょう。

肉好きの方におすすめ!鶏肉で内もも痩せ

ダイエットフードでもお馴染みなのが鶏肉です。鶏肉はタンパク質が沢山含まれていて、低脂肪な食材になっています。積極的にトレーニングを行うモデルさんなんかも、食事メニューに取り入れている人が多いです。

鶏肉の良いところはバランスのとれた栄養価だけではありません。ヘルシーな鶏肉の良いところは値段もヘルシーなところ!肉の中でも非常に値段が安いのでお金をかけずに内もも痩せしたい方にもピッタリの食材です。

鶏肉にはムネ肉、モモ肉、ササミなど様々な部位がありますが、おすすめはモモ肉です。モモ肉はササミほどパサついていないので美味しく食べることができます。値段面でのコスパもとっても良いですね。

モモ肉を使って料理をする際に少しでもヘルシーにしたい方は、鶏皮をとって料理してください。これで余計な脂を摂ることなく上質なタンパク質を摂り入れることができます。

牛乳と置き換え!豆乳で内もも痩せ

豆乳は大豆に含まれる良質な植物性タンパク質を摂ることができる飲み物です。牛乳に比べて脂質も少なく、美容効果のイソフラボンも入っています。牛乳でカフェオレを作っている人は豆乳に置き換えることでカロリーを少なくすることができます。

ストレスの解消に効果があると言われるビタミンB群も含まれているので、ダイエット中のイライラの緩和にも役立ちます。食事でタンパク質の量が少ないと感じた時も豆乳があれば手軽にタンパク質を補給することができますね。

豆乳には無調整のものから味を整えた調整豆乳まで様々な種類があります。ダイエット目的で豆乳を選ぶ際は必ず栄養価を確認するようにしましょう。商品によってタンパク質の保有率なども異なるので、よりタンパク質の多い豆乳を選ぶことをおすすめします。

内もも痩せに効果的な筋トレ方法

カロリー制限をして基礎代謝量を増やすことにによって内もも痩せできることが分かりました。ただ、カロリー制限をして脂肪をカットしただけでは必ずしも美脚になるとは限りません。

筋肉のつき方や骨格などは人によって異なります。ですので単純に痩せただけではバランスの悪い不健康な脚に見えることも。そんな自分の体をトレーニングによって理想に近づけていくのがボディメイクです。

モデルさんや美脚タレントさんのほとんどが筋トレを行っていることからも分かる通り、筋肉を鍛えるのもとても大事なんですね。メリハリのある美脚になるためには筋トレが不可欠です。

ここでは、内もも痩せに効果的なトレーニング方法を紹介します。

内もも痩せトレーニング1:ワイドスクワット

ワイドスクワットは、大股のポジションをとることで内ももに刺激を与えることができるトレーニングです。

足を肩幅よりも広く開きます。膝が内側に入らないように注意しながら上体を下げていきます。膝が90度くらいになるまで上体が下がったら、元の位置までゆっくり戻していきます。この動作を10回〜15回、3セットを目安に週2回〜3回行って下さい。

ワイドスクワットをする時に膝が内側に入ってしまうと内ももから刺激が逃げてしまいます。膝はつま先と同じように外に開いた状態でスクワットするようにしましょう。

より強い負荷をかけたい人はダンベルやペットボトルなどを持った状態でワイドスクワットをするのがおすすめです。トレーニングの後はストレッチをして筋肉をほぐすようにしてください。

内もも痩せトレーニング2:ボールスクイーズキープ

ボールスクイーズキープは、内ももをダイレクトに刺激することができるトレーニングです。座った状態か仰向けになった状態で内ももにボールを挟みます。足をゆっくりと閉じていき、限界まで閉じたら1秒ほど静止します。足をゆっくりと開いていき、元の位置に戻します。この動作を10回〜15回、3セットを目安に週2回〜3回行って下さい。

ボールスクイーズキープを行う際にボールがない方はクッションや枕でも代用できます。動作を行う際は一定のスピードでじっくりトレーニングを行うのがポイントです。鍛えにくい内ももを刺激することによって基礎代謝量を上げることもできます。

仰向けで寝ながらボールスクイーズキープをする場合は、上半身を軽く上げることで腹筋も同時に鍛えることができます。

内もも痩せトレーニング3:レッグアダクション

レッグアダクションは、横になりながらできる内もも痩せのトレーニングです。

横に寝た状態で、下側の肘を立てて上半身を起こします。上になっている膝を立てて、下の足をまっすぐ伸ばします。上体をキープしながら下の足をゆっくり上げていきます。限界まで上げた上体で5秒〜10秒ほどキープして元の位置までゆっくり戻します。ます。この動作を10回〜15回、3セットを目安に週2回〜3回行って下さい。

トレーニングを行う際は常に意識を内ももに集中してください。意識を鍛えたい部位に集中することで、より筋肉に刺激を与えることができます。体の硬い人には少々キツイ体勢になるので、はじめから無理せずに徐々に鍛えるようにしましょう。

ストレッチで痩せやすい太ももを手に入れる

脂肪がたまりやすい内ももはトレーニングを行うことも大切ですが、何よりも大事なのが柔軟性なんです。内ももの筋肉が硬いと血行が悪くて脂肪も固まりやすくなってしまいます。固まった脂肪を落とすことは非常に難しいです。なのでストレッチによって筋肉全体を柔らかい状態に保つこともポイントになります。

一番簡単なストレッチは床に座った状態で足の裏を正面で合わせます。次に左右に開いた膝を両手で下に押していきます。限界まで下げた状態で10秒ほどキープして元の位置までゆっくり戻します。ストレッチは深呼吸しながら行うようにしてください。深呼吸することで

体の緊張をほぐすことができます。

トレーニングの前後やお風呂上がりなどにストレッチをすることで、内ももの筋肉を柔らかい状態に保つことができます。

リンパマッサージで太ももの老廃物を流しだす

オフィスワーカーや立ち仕事など、同じ体勢でいることの多い方は足に老廃物がたまりやすいです。老廃物がたまってしまうと血行が悪くなり脂肪がつきやすくなってしまいます。このような問題を防ぐためにはリンパマッサージが効果的です。

足の裏からアキレス腱、ふくらはぎ、太ももの順にお肉をつまむようにマッサージしていきます。次に両手で足を掴んで雑巾を絞るように捻っていきます。この時もふくらはぎから太ももに向かってマッサージしていきます。

足の先端から太ももに向かってマッサージすることで、リンパの流れを良くすることができます。マッサージをする際は、強く揉みすぎないように注意しましょう。強く揉みすぎるとアザになってしまうこともあるので、優しく揉み込むようにしてくださいね。

まとめ

今回は、内もも痩せに効果的な方法を紹介しました。内ももは体の中でも脂肪がつきやすいことと、部分痩せが難しい部位になっています。内ももをストイックにトレーニングするよりもカロリー制限した方が細くしやすいです。

ただ、無理な食事制限は続けることが難しいですね。なので無理せずにカロリーを消費してくれる体を作ることも重要です。筋肉量を増やして基礎代謝量を上げることによって太りにくい体にすることができます。

今まで、何度か内もも痩せに挑戦してきたにも関わらず、結果が出なくて悲しい思いをした人も多いでしょう。そんな方は同じ失敗を繰り返さないためにも、ぜひ今回紹介した方法を試してみて下さい。

すぐに結果が出るようなものではありませんが、内ももを確実に細くしたい方には絶対おすすめです!