本当に痩せるダイエットメソッド

森永卓郎がライザップで激ヤセ!話題の低糖質ダイエット方法を解説

経済評論家としてテレビでも頻繁に登場する森永卓郎さん。中年メタボ体型を代表するような肥満体質の森永卓郎さんが、パーソナルトレーニング「ライザップ」で見事ダイエットに成功したと話題になっています。

テレビCMでは、従来のメタボ体型から変身した姿を披露し「中年男性でも変われる」と同世代の男性にも勇気を与えました。不摂生な生活習慣が原因で糖尿病になるなど、健康面でも問題を抱えていた彼がライザップを通してどのような方法で痩せていったのか気になりませんか?

今回は中年男性にも効果的な森永卓郎流ダイエット方法を紹介します!

ライザップで20kg減!森永卓郎のビフォーアフター

過去を振り返って「不摂生を絵に描いたような食生活を長年していた。」と語る森永卓郎さんは、1日に5食も食事をしており、かつ丼などの高カロリーな食事を朝から食べていたそうです。

おおよそ5000kcalくらいの食事を1日に行っていたようで、運動嫌いということもあり、体を動かすことはほとんどなかったそうです。

当然、スマートな体型を維持できるわけもなく、167cmの身長に対して体重89.8kg、ウエスト114cm、体脂肪率は30%超えという中年男性にありがちなメタボ体型になっていました。

健康面でも深刻な問題を抱えていた森永卓郎さんはライザップを通してダイエットをすることを決意!結果、4ヶ月で体重69.9㎏、ウエスト91cmのダイエットに成功しました。現在は、健康的な生活を送れることに喜びを感じているそうです。

森永卓郎も実践!ライザップ推奨の低糖質ダイエット

運動が苦手な森永卓郎さんがライザップで行ったダイエット方法が「低糖質ダイエット」です。低糖質ダイエットとは、食事から体に入る糖質を制限することによってダイエット効果を得られるというものです。

現代人の食生活は糖質過多と言われています。ご飯、ラーメン、パスタ、お好み焼きなど主食になるものには「炭水化物 = 糖質」が沢山含まれています。

糖質を摂ると血糖値が上昇します。すると体は血糖値を正常に戻すためにインスリンという成分を分泌します。インスリンには血糖値を正常に戻す働きがありますが、分泌されたものの使われなかったインスリンは中性脂肪に変わってしまうんです。

1日に糖質の高い食事を何度もしていると、インスリンもその都度分泌され、体の中にどんどん脂肪がたまってしまうんですね。低糖質ダイエットで摂りすぎている糖質を制限することで、余分な脂肪の蓄積を抑えて痩せることができるんですね。

低糖質ダイエットは健康維持にも効果あり

糖質を抑えることによって脂肪の蓄積を抑える効果を得ることができる低糖質ダイエットは、健康面でもメリットがあります。糖質を抑えることで、今まで蓄積されてきた脂肪がエネルギーとして消費されるようになるんです。

人間は通常、糖質をメインのエネルギーにしています。そのため糖質をカットすると体は新しいエネルギーを必要とします。新しいエネルギーは体内にあるタンパク質や脂肪などが使われることが多く、結果として糖質を制限することで体の余計な脂肪が落ちていくんですね。

さらに糖質には中毒性もあると言われています。そのため「もっと食べたい」という欲求に襲われることがあったり、糖質を摂らないとイライラしたりすることも…糖質を制限することによって、このような禁断症状もなくなり精神面での健康も取り戻すことができます。

森永卓郎流!低糖質ダイエットの効果的な方法

ここからは森永卓郎さんが実践した低糖質ダイエットの具体的なやり方を紹介します。今回紹介する方法は一般的な低糖質ダイエットではなく、森永卓郎流のオリジナルな方法になっています。

森永卓郎流のポイントは「低コスト」で「簡単」なところ!一人暮らしの中年男性にも実践しやすい方法になっていて、ダイエットにありがちな「意外とお金がかかる」というようなこともありません。

森永卓郎さんと同じように「中年だけど痩せたい!」と思っている人は、以下の方法をぜひ試してみてください!

豆腐と卵をメインに肉・魚を組み合わせる

低糖質ダイエットでは、ご飯、麺類などの日本人が主食とする食材を食べないのがポイントになります。森永卓郎さんの場合は、豆腐と卵をメインの食材にして、肉や魚を組み合わせた食事をしていたそうです。

豆腐と卵はどちらもタンパク質が豊富に入っており、糖質もないため低糖質ダイエットにはもってこいの食材です。さらに肉と魚も高タンパクなものが多く、糖質も含まれていないので効率的にタンパク質を摂り入れることができる食材になっています。

肉や魚には様々な種類がありますが、鶏モモ肉、ササミ、サケなどの高タンパクで低カロリーなものを選ぶと良いでしょう。糖質を制限するのはもちろんですが、余計な脂質を摂るのを避けることができるので、ダイエットに効果的です。

料理はフライパンか鍋でシンプルに

森永卓郎流の低糖質ダイエットの特徴とも言えるのが「簡単に調理する」というところ!気合を入れて低糖質ダイエットを始めても、料理にこだわりすぎたら続けにくいですよね?特に男性はそう思う人が多いはず。

森永卓郎さんは低糖質な料理を作る際にフライパンもしくは鍋のみでシンプルに調理していたそうです。複雑な料理は確かに美味しいかもしれませんが、カロリーの計算も難しくなり知識の少ない人にはあまりおすすめできません。

しかし、「フライパンで炒めもの」や「豆腐とサケの鍋」など「炒めるだけ」とか「入れて煮込むだけ」のような簡単な料理なら手軽に作れて継続しやすいですよね。高タンパクなメインの食材と野菜などを組み合わせれば糖質の少ない料理をコストをかけずに簡単に作ることができます。

良質な油で脂肪燃焼をスピードアップ

「油」と聞くと健康に悪いイメージや「太りやすそう」と思う人も多いでしょう。しかし、良質な油は体にとって必要不可欠です。ダイエットの際に油を完全に抜いてしまう人もいますが、健康面を考えても良くないのでやめましょう。

森永卓郎さんはアマニ油やエゴマ油をサラダにかけて食べるなどして良質な油を摂っていたそうです。アマニ油やエゴマ油にはオメガ3脂肪酸という成分が含まれています。オメガ3脂肪酸は健康を維持するために必要な必須脂肪酸であり、血液をサラサラにして血行を促進する効果があります。

血行が良くなると代謝も上がり脂肪燃焼に効果があるので、痩せやすい体質に変えていくことができるんです。注意点としてはオメガ3脂肪酸は熱に弱いので、炒めものなどに使用するのではなくドレッシングなどで体に入れることです。

体に必要な脂質をヘルシーに摂ることができるおすすめ食品になっています。

糖質を完全にカットしないで少量摂るのがポイント

低糖質ダイエットは確実に痩せたい人にとてもおすすめのダイエット方法です。しかし、人間のエネルギーとして使われる糖質を完全にカットしてしまうのは危険です。今まで沢山の糖質を摂ってきた人が全く糖質を摂らなくなると何らかの障害が出てくることもあります。

糖質をゼロにしてしまうと人によっては、めまいや頭痛を引き起こしてしまいます。さらに不眠症に似た症状なども出てしまうこともあります。特に力仕事が多い人が急に糖質をカットすると体が対応できなくて、仕事に集中することができずケガの元になることもあるんです。

低糖質ダイエットでは完全に糖質をカットすることは進めていません。最低でも1日50gくらいの糖質を摂るようにしましょう。

低糖質ダイエットはリバウンドに注意

低糖質ダイエットは、ずばりリバウンドしやすいです!糖質を抑えた食生活に変えることで体の余計な脂肪をなくしていくことはできますが、通常の食事に戻せば簡単にリバウンドしてしまいます。

もちろん糖質の少ない食生活をずっと続けていければ、太ることもなくスタイルをキープできますが、現実的にはなかなか難しいですね。

せっかく痩せた体を再び元の体型に戻したくないという方は、筋トレを行って代謝量をアップさせるのがおすすめです。筋肉を鍛えて筋肉量が増えると代謝量も上がります。代謝量が上がると、食事から入ってくる栄養をエネルギーとして消費できるようになります。

簡単に言うと「食べても太りにくい体」になるということです。リバウンドをしないためにも腕立て、腹筋、背筋、スクワットなど自宅で行える運動を生活に取り入れることをおすすめします。

まとめ

今回は、中年メタボ体型から一転、20kgものダイエットに成功した森永卓郎さんのダイエット方法について紹介しました。本人曰く、不健康を代表するような生活習慣を行っていた状態から、糖質を制限することでしっかり痩せることができているのがポイントですね。

特に外食の多い一人暮らしの中年男性は糖質を非常に多く摂っている可能性があります。そんな人は森永卓郎さんと同じように簡単な自炊メニューで糖質を抑えた食事に切り替えることで、体とお金の両方でダイエットできるでしょう。

人によって効果が表れるスピードは異なりますが、糖質を制限することで確実なダイエット効果が得られます。糖質を完全にカットするのは健康的にも良くありませんが、摂りすぎていた糖質を控えることで健康面でもメリットがあるので、興味のある人はぜひチャレンジしてみてください!