本当に痩せるダイエットメソッド

簡単に痩せる!元AKB前田敦子が本気でおすすめする6つのダイエット法

元AKBのメンバーでセンターポジションを務めていた「あっちゃん」こと前田敦子さん。小柄で華奢な体型が印象的ですよね。小顔で美脚でくびれもあって、理想的な体型です。いったい彼女はどんなダイエット法で美しい体型をキープしているのでしょうか。

今回は前田敦子さんが実践する6つのダイエット方法について、実際どのように行っているのか、またどのような効果があるのかお伝えします。実践して、前田敦子さんのようなキレイな体を手に入れましょう。

前田敦子はモデル体重で痩せている

前田敦子さんの身長は161cm、体重は49kgです。体格指数(BM I)を計算してみると“18.9”で、モデル体重という判定となり、モデル並の体型であることがわかりますね。

身長161cmの場合

理想体重(BMI22)   57.0kg

美容体重(BMI20)   51.8kg

モデル体重(BMI19)  49.2kg

モデルや女優の方はBM I19以下(モデル体重)であることが多く、芸能人の中では珍しくありませんが、一般人からするとかなり痩せていてスレンダーに思われます。

あまり注目されていませんが、かなりスタイルの良い前田敦子さん。顔が小さく美脚でくびれもある。女性が憧れる理想的な体ですね。前田敦子さんは一時期、「少し太ったのでは?」と噂されていましたが、再び華奢な体型となり、最近「さらに可愛くきれいになった!」と言われています。

前田敦子が実践する6つのダイエット方法

前田敦子さんが実践するダイエット方法は、辛い食事制限などは一切ありません。「しっかりと食べる。そして代謝を良くしたり、デトックス効果があるものを多く取り入れたりしてダイエット効果を得る」という内容です。

「食べるのが大好き!できるだけ食べることを我慢せずにダイエットしたい!」という方にはとても効果的なダイエット方法となっています。前田敦子さんおすすめの6つのダイエット方法を1つずつご紹介していきます。

朝ご飯は品数を多くしてしっかりと食べる

前田敦子さんの朝ご飯は料亭の食事かと思うくらいの品数と量です。ご飯に味噌汁、冷奴、焼き魚、おひたし、ゆで卵、サラダ、フルーツ・・・全部で12品ほどそろえることも。1日の食事で最も力を入れているのが朝食だそうです。

朝ご飯は、起きたばかりであまり食欲がわかず、少量で済ませたり、食べなかったりする習慣のある方もいるかもしれません。しかし、朝ご飯を食べると代謝が上がってダイエットに効果的ですし、しっかり食べることで排泄作用も促されます。

朝ご飯は1日が始まる最初の食事で、たくさん食べても1日の活動エネルギーとして消費されてしまうため、太りにくいです。ダイエット中は食事制限でストレスを感じることもあるので、朝ご飯においしいものを食べることで太る心配なく、息抜きができて良いですよ。

食事の前にたっぷりの生大根を食べる

前田敦子さんは食事の前に約300g、輪切りなら6cm以上を目安に生の大根を食べるそうです。「ダイエットに生大根を食べる」ってあまり聞いたことがないかもしれませんが、大根は生で食べることによってダイエットに効果抜群なのです。

大根に含まれる消化酵素のアミラーゼは炭水化物の消費を高めます。また、大根の辛味成分であるイソチオシアネートは肥満の原因となる活性酸素を取り除いて痩せやすい体質をつくるのに有効です。

大根に含まれるこれらの成分は、加熱することによって失われてしまうため、必ず生で食べるようにしましょう。

以前、ダイエットなどを取り上げるバラエティ番組で、生大根ダイエットの効果が試されていました。お笑い芸人の、たんぽぽ白鳥久美子さんが生大根ダイエットに挑戦する企画で、白鳥さんは12kgの減量と14cmのウエストダウンに成功したそうです。生大根ダイエットはかなりの効果が期待できるようです。

炭酸水は飲むだけでなく洗顔やお風呂にも利用する

前田敦子さんは、お腹がすいたら炭酸水を飲むそうです。炭酸水はお腹の中で膨らみ、空腹感を抑えられます。食べ過ぎを防ぐために食事の前に飲むのも良いかもしれませんね。

炭酸水を飲むことで全身の代謝が高められ、痩せやすい体をつくることができます。また、デトックス効果も期待でき、ダイエット中にはぜひとも取り入れたいですね。

前田敦子さんは炭酸水を飲むだけでなく、顔を洗う水に利用したり、湯船に入れて炭酸風呂を楽しんだりすることもあるそうです。

炭酸水での洗顔や炭酸風呂は、炭酸水の二酸化炭素が毛穴に入ることで血流を良くするため、代謝をあげたりむくみを取ったりというダイエット効果が得られます。また、古い角質を取る働きもするため、すべすべのたまご肌にもなれますよ。

おやつや夜食にはトマトを食べる

前田敦子さんはトマトが大好きで、お腹がすいたときには、とにかくトマトを食べるそうです。おやつとして、また夜食としてもトマトを食べるそうで、かなりの頻度でトマトを食べているようですね。

トマトダイエットはおいしく手軽にできて、ダイエット効果が高いため人気ですよね。トマトに含まれるリコピンは代謝を上げ、糖分や脂肪分を効率よくエネルギーに変える働きをします。そのため、体に脂肪がつきにくくなり、太りにくい体質となります。

リコピンは加工されても失われにくいため、加熱したトマト料理、トマトジュースやトマト缶でも摂取することができます。むしろ加工された方がトマトのリコピンが凝縮されて多く摂取することができます。

トマトダイエットはAKBの中でも一時期ブームとなり、小嶋陽菜さんや指原莉乃さん、大島優子さん、峯岸みなみさんも実践していたようです。

ジュースクレンズで短期間ダイエットを行うこともある

ジュースクレンズとは、野菜と果物を使ったジュースを食事の代わりとして飲むというダイエット方法です。クレンズには洗浄という意味があり、ジュースだけで食事を終えることで高いデトックス効果が期待できるファスティング法です。

ジュースクレンズでは、一般的にコールドプレスジュースを用います。コールドプレスジュースはグリーンスムージーとは異なり、低速回転のスロージューサーで材料に熱を加えることなく、強い圧力をかけて絞って作られます。

グリーンスムージーに比べて繊維質が少なく、サラサラとしていて飲みやすいです。

前田敦子さんは、ココナツウォーターベースのコールドプレスジュースを1日に5〜6杯ほど飲むそうです。前田敦子さんはストイックな食事制限が苦手なようですが、唯一取り入れているファスティング法がジュースクレンズだそうです。

1日固形物を食べずに、ジュースだけで栄養補給するなんて辛そうだと思うかもしれませんが、コールドプレスジュースは非常においしく続けやすいそうですよ。

AKB48卒業後にも定期的に体を動かしている

AKB時代には歌やダンスを全てこなしていたため、かなりの運動量であったと考えられます。AKBはダンスパフォーマンスが素晴らしく、センターポジションを務めていた前田敦子さんは特にレッスンや自主トレを多く行なっていたようです。

AKB卒業後、運動量が減ったため、週に3回ジムに通い、ヨガも取り入れることで自分のペースで無理なく体を動かすようにしているそうです。

食事制限のみでダイエットをする人が多いですが、ダイエットには運動も必要です。ダイエットをすると、体の脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまいます。

体の筋肉が落ちると、代謝が下がって痩せにくい体質となってしまいます。また、しまりのあるキレイな体を手に入れるためにも体の筋肉はある程度保つことが必要です。

前田敦子さんのように、無理のない程度に運動を取り入れてダイエットを行うことで、体の筋肉を保ち、痩せやすい理想的な体を手に入れましょう。

前田敦子は食べながらダイエットをする

前田敦子さんは食べることが大好きで、食べることを前提としたダイエットを多く取り入れていますね。食べることで痩せられる食材を用いたり、食べても太らない食べ方をしたりなど、とにかく食べることにこだわりをもってダイエットを行なっていることがわかります。

食べることが好きな自分に合ったダイエットを行なうことで、ストレスを感じることなく、美しいスタイルを維持しているのですね。

ダイエットは厳しい食事制限をするイメージが強いかもしれませんが、食事制限によって体に必要な栄養が不足すると体調不良となりかねません。きちんと食べながらダイエットをすることは健康的にも非常に良いです。前田敦子さんを見習って食べながら健康的にダイエットをしましょう。

まとめ

前田敦子さんが実践するダイエット方法は、ダイエット効果が高いものばかりであることがわかりました。

高いダイエット効果が得られるだけではなく、美容や健康にも良いものばかりで、ダイエットの必要がなくても、普段からこのような食習慣や生活習慣を身につけることがおすすめです。普段から実践することで、より痩せやすい体をつくることもできます。

また、難しい内容のものは一切なく、食事を少し工夫したり、身近な食品を取り入れたりして取り組むため、誰でも簡単に実践できます。

ダイエットは辛い空腹感を味わったり、特殊なことをしたりしなくても、ダイエットの知識を身につけて普段の食習慣、生活習慣を少し工夫すれば身近なもので簡単に効果が得られますね。