本当に痩せるダイエットメソッド

40代になってから痩せない…その理由と対策を解説します!

40代に突入してから痩せにくくなったという方は多いです。30代までと食事の量は変わらないし運動しなくなったわけでもないのに、何故かどんどん太ってしまう。ダイエットの努力が結果に現れ辛くなるのも、この年代です。「若い頃は多少食べ過ぎてもすぐ元に戻ったのに…」なんて、“老い”の始まりを感じて悲しくなっちゃいますよね。

肥満の度合いを調べる、通称『メタボ検診』が始まるのも40歳から。加齢の問題のみならずホルモンの変調や社会的ストレスなども相まって、40代は一気に太りやすくなる時期なのです。今回は、そんな40代が痩せない理由と対策についてまとめてみました。

こんなにあった!40代が痩せない理由

ときに人は食べ物からカロリーを摂取し、それをエネルギーに変えることで生きています。だから日々摂取したカロリーの分だけ消費すれば、プラスマイナスゼロで太ることはありません。40代になって痩せにくくなる主な原因は、このカロリー消費の機能が鈍ってしまうから。つまりは“基礎代謝の低下”なのです。

『加齢』による基礎代謝の低下

基礎代謝量は生後上昇し続けますが、10代の中頃にピークを迎えたあとは、徐々に下降していきます。減るタイミングが意外と早いので、驚かれるかもしれませんね。もちろん個人差も大きいのですが、ガクッと落ち込むのが大体40歳に差し掛かったころ。以前と同じ食生活や運動習慣を続けていたのでは、この落差の分だけ脂肪が残ってしまいますよね。

また40代に限ったことではありませんが、労働環境がデスクワークに偏ってきていることも問題です。慢性的な運動不足に陥ることで、筋肉量はどんどん減っていきます。基礎代謝の低下に筋肉量の減少が加わって、老廃物を溜め込みやすく、セルライトができやすい体質になっていくわけです。

女性ホルモン『エストロゲン』の減少

女性に限った話になりますが、女性ホルモンの一つ『エストロゲン』の減少も、太りやすくなる原因と言われています。一般的にエストロゲンは7~9歳頃から分泌され始め、30代半ばくらいまで増えていきます。この時期までは代謝が活発で、脂肪の燃焼や老廃物の排出も、至ってスムーズ。だからダイエットの効果が、短期間で現れやすいのです。

ところが30代半ばを過ぎると、エストロゲンは徐々に減少していきます。特に40代半ばでは激減する傾向にあるため、肥満の問題を含め、様々な心身の変調が頻発するようになります。いわゆる、『更年期障害』ですね。閉経前後の10年くらいはホルモンバランスが不安定になりがちなので、体調管理には特に気を付けてほしいです。「最近痩せにくくなったな…」と感じたら、この辺りとの関連を疑ってみてください。

家庭や職場での『ストレス』による影響

また一般的に、40代は数多くのストレスに直面していることが多いです。倦怠期による夫婦間の軋轢や子供の将来への不安、両親の介護問題など、とにかく家庭にはストレスがいっぱい。また職場では中堅になり、上層部からの重責と思い通りにならない部下の扱いで疲れ果てたり。40代には、実に多くのストレスが襲いかかるのです。

またこのようなストレスは、『コルチゾール』の分泌を促すことが分かっています。これは激しいストレスから体を守る生体反応なのですが、コルチゾールの分泌が高くなりすぎると、様々な悪影響があるんですね。その一つが、筋肉を糖質に変えてしまうというもの。筋力が落ち、脂肪が増える要因として問題視されています。

40代から始めるダイエットのポイントとは

以上のような40代が痩せない理由が分かれば、自ずと対策は見えてくるはずです。『加齢』に負けない基礎代謝の向上、減少した『エストロゲン』を増やす食生活、『ストレス』をなるべく減らす生活習慣。以下、これらについて具体的な提案をしてみましたので、ぜひ実践いただきたいです。“人生90年”と言われる現代日本。40代なんて、まだまだこれからですものね。

年齢による衰えは『運動』でカバー

40代を迎え基礎代謝が低下したとは言っても、決して機能しなくなったわけではありません。例えば女性の場合だと、基礎代謝量はピーク時で1,400(kcal/日)ほど。40代になっても、1,100(kcal/日)くらいはあるのです。だから今までよりも、やや多めに運動すれば良いだけのこと。以前のようなスリムボディを取り戻すのは、大いに可能なんですよ。

基礎代謝を上げるには、『無酸素運動』が不可欠。一般的なのは筋トレですが、腹筋やバーベルトレーニングがイヤなら、普段のウォーキングに短距離ダッシュを追加すると良いでしょう。水泳がお好きな方は、息が切れるくらいハードな泳ぎ方をすれば、無酸素運動をしたことになります。1日10分をめどに、有酸素運動と組み合わせながら試してみてください。

少なくなったエストロゲンは『食事』で補う!

女性ホルモンの乱れが気になる貴女には、『大豆』を使った食材をお勧めします。というのも、大豆に含まれる『大豆イソフラボン』という成分が、エストロゲンに似た働きをすることが分かっているからなんです。普段の献立に、納豆や豆腐、油揚げなどの大豆製品を多く取り入れるようにしましょう。

また、ミネラルからは『亜鉛』を推したいところ。亜鉛は体内に2g程度しか存在しないミネラルですが、実に色々な働きをしています。その一つが、生殖機能を高め、ホルモン合成を活性化するというもの。特に更年期症状の改善に効果があると言われています。亜鉛を多く含む食材としては、牡蠣やニシン、カニ、レバーなどが有名です。これらが摂りにくいのであれば、亜鉛のサプリメントに頼るのも良いかもしれません。

『生活習慣』を見直してストレスを減らす工夫を

ストレスに関しては、原因そのものを失くしたり、減らしたりできれば一番良いですよね。ただ、それが難しいって場合もあると思います。そんなときは、現在の悪い『生活習慣』を今一度見直してみましょう。

悪い生活習慣とは、例えば“夜型の生活”。人は早寝早起きをして朝日を浴びないと、自律神経のバランスを崩してしまうのです。朝日を浴びると、脳内で『セロトニン』という神経伝達物質が分泌されます。これが人の感情や気分を高めているのですね。

だから夜更かしの生活を続けているとうつ症状が出やすくなって、イライラしたり、ストレスを溜めたりするんです。NHKが行った国民生活時間調査によると、男女ともに、40代の睡眠時間が最も短かったとのこと。充分な睡眠を取って、しっかり朝日を浴びるようにしてくださいね。

まとめ

以上、40代が痩せない理由と、その改善策についてご説明いたしました。いかがでしたでしょうか。いかに40代が痩せにくく太りやすい環境にあるか、お分かりいただけたことと思います。最後に要点をまとめておきますので、ご自身に当てはまる項目をチェックしてくださいね。

  • 加齢による基礎代謝の低下は当然ある。有酸素運動に無酸素運動をプラスして、衰えた基礎代謝をカバー。
  • 女性にとってエストロゲンの減少は大きな問題。大豆に含まれる大豆イソフラボンで代用しよう!
  • 家庭や職場で噴出するストレス因子。夜型の生活や睡眠不足などの悪習を改めて、ストレスを減らす努力を!