本当に痩せるダイエットメソッド

デブ菌とヤセ菌のバランスは2:3がベスト!調整方法を3つ紹介!

最近、ダイエット番組や雑誌のダイエット特集などで、ちらほらと「デブ菌」、「ヤセ菌」という言葉を耳にしますよね。

これって、なんなのでしょうか?名前からして、当然ダイエットに関係してくる菌なのですが、どんな作用をしているのでしょうか?

今回は、今もっとも注目されている腸内細菌である、「デブ菌」「ヤセ菌」にスポットを当てて、ダイエットとのかかわりと、オススメの食生活などを紹介します。

デブ菌、ヤセ菌ってそもそも何者!?腸内細菌の恐るべき力を知る!

食事制限をちゃんとやってるのに、痩せない!?こんな経験をしたことがある人はたくさんいますよね?

これって、もしかしたら、今から紹介する「デブ菌」が関係しているかもしれませんよ。

デブ菌は正式名称を「ファーミキューテス門」という腸内細菌のグループの1つで、脂っこい食べ物などを食べると増えてしまいます。

一方で、「ヤセ菌」も正式名称を「バクテロイデーテス門」という腸内細菌のグループの1つであり、食物繊維を好み、「短鎖脂肪酸」を作ることで太りにくくしてくれています。

菌だからといって、油断してはいけませんよ。

特にこの「デブ菌」と「ヤセ菌」が太るか、痩せるかを左右しているといっても過言ではないので、この菌たちとどうやって上手く接していくかが重要になっていくのです。

次からはその上手な付き合い方を紹介していきます。

デブ菌とヤセ菌の特徴を知って、デブ菌は減らして、ヤセ菌は増やす!

デブ菌もヤセ菌もどちらも腸内細菌の1種です。

ただし、その働きはまったく異なり、むしろ真逆と言っていいほどの違いを起こします。

しかし、その反面デブ菌もヤセ菌も体の中にはなくてはならないもので、「減らしたり」、「増やしたり」の必要はありますが、「まったくなくしたり」、「すべて満たしたり」もダメなんです。

ここでは、デブ菌とヤセ菌の特徴を紹介するとともに、どのようにまずは接していけばいいのか、デブ菌とヤセ菌はどのくらいの比率で存在すればいいのかなど基礎的な知識を植えつけていきます。

デブ菌は痩せない原因の最有力の悪い奴!退治方法を考えよう!

先ほどからも名前がでているように、デブ菌は正式名称ファーミキューテスといい、消化されたものを、体内に吸収してしまう働きを率先してしまう菌です。

簡単にいえば、悪い奴ですね。

通常は、食べたものの80%の栄養や水分は腸で吸収して、体の形成や活動に役立てて、残りは全て便として排出しています。

ところが、このデブ菌などの腸内細菌は、この不要部分を溜め込むように働いてしまうのです。

そのため、いくら運動などでダイエット活動しようとも、食事制限などをしようとも、効率が悪くなりますし、極端な例ではダイエットはまったく成功しないのです。

ちなみにこのデブ菌は、腸内に住んでおり、そのほかの悪玉菌と一緒にダイエットをする人にとって永遠の天敵となります。

さらに、このデブ菌とヤセ菌の割合が、7:3くらいになってしまうと、体は肥満体型になっていきます。

また、デブ菌は脂っこい食事を好むので、脂っこい食事は控えることをオススメします。

肉類やラーメンなどはもっともデブ菌を育ててしまうので気をつけましょう。

ヤセ菌に短鎖脂肪酸を作らせて太らない体を手に入れる!

先ほども紹介しましたが、ヤセ菌は短鎖脂肪酸を作ってくれます。

これにより太らない体質になっていくのです。

この短鎖脂肪酸には以下の優れた性質があります。

  • 脂肪を燃焼するのを助けてくれる
  • 食べすぎても交感神経を刺激して、エネルギー消費を促し脂肪の蓄積を防ぐ
  • 脳に直接働きかけ、食欲を抑える

これだけ力を発揮してくれる短鎖脂肪酸ですから、作ったほうがいいに決まってますよね。

そのために後述する方法などで、ヤセ菌にエサを与えて増やしていきましょう。

基本は以下のような腸内環境を整えるような食べ物がエサになるので一石二鳥です。

  • 野菜
  • ヨーグルト
  • 納豆
  • オリゴ糖

理想のデブ菌とヤセ菌の比率は、2:3!これに近づけるように努力しよう!

これまでデブ菌を完全な悪のように扱ってきましたが、デブ菌も腸内には必要な菌であり、この菌がないと食事からエネルギーを取りこむことができなくなってしまうので必要なのです。

ですので、腸内をヤセ菌100%にしようとするのは意味がありません!

それでは理想はどのくらいの割合なのか?

それは、「デブ菌:ヤセ菌=2:3」がベストです。

ただし、デブ菌は不規則な食生活を行なっていると、どんどん増えてしまうので、注意は必要です。

詳細には、次に紹介しますが、基本的には食事の間隔は、4時間以上は必要ですので間食は控えましょう。

また、消化不良なども腸内環境のバランスが崩れ、デブ菌とヤセ菌の関係はデブ菌が増加する方向になってしまいます。

そのためにも食事の摂りすぎは避け、適度な量に抑えましょう。

デブ菌を減らして、ヤセ菌を増やすための3つの方法を伝授!

基本的にデブ菌が多くなるのは、食生活による影響が一番です。

その食生活の特徴は、先ほども紹介したように、塩分の摂りすぎだったり、不規則な食生活だったり、野菜不足だったりと、無数にあげられます。

そして、この食生活が狂うことで、腸内環境も悪化し、デブ菌が太る方向に体を導いていってしまいます。

それじゃあ、どうすればいいか。簡単ですね、デブ菌が増えずに、ヤセ菌が増える食生活などに変えていけばいいのです。

ここでは、アレコレやっても大変なのでオススメの方法を3つ伝授します!

つまみ食いはやめる!寝る前には何も食べない!

まずは食べ過ぎはやまえることが大事です。でもこれは誰だって分かっているもんですよね。

だから食事をするときはしっかりと気をつけるんですよ、ただし、その後がいけない!

間食などをしてしまうのです。とくに過剰な間食は控えなければダメです!

間食をしているといつまでたっても胃が休む時間がなくなってしまいます。胃が休めればヤセ菌を増やすための成長ホルモンなども分泌されるので胃を休ませる時間を作りましょう!

さらに、食べる時間も気をつけなればダメですよ。

寝る3時間前は何も食べないのが理想です。寝ているときは胃腸が休むために活動が弱まります、そのため、デブ菌が増えやすい環境になるので、デブ菌が増えるのです。

せっかくデブ菌が増えづらい食生活にしたとしても、あまり意味がなくなってしまいます。

さらには寝る前の食事は、逆流性食道炎などの胃腸症状の悪化もまねきますので、良いことはありません。

寝る3時間前からは食べることを控えましょう!

ひたすら「水溶性食物繊維」を食べる!痩せ菌を喜ばす「糖」も食べる!

ヤセ菌を増やすには食物繊維を食べることが大事なポイントです。

食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」がありますが、ヤセ菌を増やすには断然「水溶性食物繊維」がオススメです!

水溶性食物繊維は、ゲル状のぬるっとした材質なので、腸内にある不要な老廃物を上手く絡めとって排泄してくれる力をもっているのです。

代表的な水溶性食物繊維である、ワカメやモズクなどの海藻類や、納豆、オクラなどのネバネバ系をどんどん食べましょう!

あとは、「糖」もヤセ菌が喜ぶ食べ物です。

ただし、気をつけなければならないのは、砂糖はダメです!砂糖はデブ菌が喜んでしまう「糖」なので気をつけましょう。

ヤセ菌が喜ぶ「糖」は、オリゴ糖、ハチミツ、メープルシロップなどの甘い成分になります。

もちろん、これらの「糖」でも食べ過ぎはカロリーオーバーになるので注意しましょう。

朝ごはんはなるべく食べる!夕食は消化の良いもの!

朝ごはんを食べるのは、体のコントロール全般において大切なことなんです!

というのも、消化をコントロールしているのも脳であるということがポイントになってきます。

脳をしっかりと働かせるためにも、朝からちゃんと食事をすることが大切です。

これを怠ってしまうと、脳が働かないことで体内時計が狂ってしまい、胃腸がしっかりと機能しなくなってしまいます。

そのため、まずは起きたら朝ごはんを食べて、胃腸と脳の両方をたたき起こして活動をはじめましょう。

フルーツやヨーグルトだけでも脳は活性し、ヤセ菌も働き出しますよ。

また、先ほどから水溶性食物繊維がオススメと言っているように、朝から食物繊維を摂るのもオススメです。

朝食にはぜひ、海藻サラダでワカメやオクラと食べて、痩せ菌を目覚めさせて、すぐに働かせましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デブ菌は全部退治して、ヤセ菌をどんどん増やしていこうと単純に考えていた人もいるかと思いますが、あくまで理想的なのは、デブ菌:ヤセ菌=2:3です。

これは大切なポイントなのでしっかり認識しておきましょう。

とはいえ、食事制限や運動をちゃんとやっているのに痩せないのは、デブ菌が多くなっている証でもあります。

ここでも紹介したようにポイントは以下の4点です。

  1. 不規則な食習慣をあらためる
  2. 水溶性食物繊維を食べる
  3. 朝ごはんを食べる
  4. 寝る前には食べず、夕食も消化の良いもの

これらをきっちりと守っていけば、おのずとデブ菌とヤセ菌のバランスは良くなっていくと思いますので、ぜひ試してみてください!