本当に痩せるダイエットメソッド

楽で簡単!相武紗季が実践するストレスフリーなダイエット方法6つ

女優の相武紗季さん。さまざまな映画やドラマに出演されていますね。美しい外見からは想像もできませんが、今では相武紗季さん、アラサーで一児のママなのです。アラサーママとなってもあの美しいスタイルは若い頃から変わっていません。一体どのようにキープしているのでしょうか。

今回は相武紗季さんが実践している6つのダイエット方法の具体的なやり方とその効果をお伝えします。相武紗季流ダイエットを生活に取り入れて、美しいスタイルを手に入れましょう。

相武紗季は美しいスタイルをキープし続けている

相武紗季さんはおととしに結婚されて、去年には第一子をご出産。結婚、妊娠、出産を経ても相武紗季さんの美貌は変わることなく保ち続けられています。

また、相武紗季さんは、数多くのドラマや映画に出演されて、さまざまな役を演じています。役に応じて体を絞ることもあるようです。その際には本格的にダイエットに取り組むそうですが、そんなダイエット後にもリバウンドすることなく体型維持されています。

芸能人は体型が変化すると「太った」「ぽっちゃりした」などとうわさされることもしばしばありますが、相武紗季さんに限ってはそういった情報は一切ありません。相武紗季さんはどうやら美しいスタイルをキープし続けるための努力を怠らないようですね。

相武紗季が実践する6つのダイエット方法

相武紗季さんはダイエットには自信があるそうです。本人曰く、リバウンドの経験が一度もないそうで、かなりストイックな生活をしているのかと思いますよね。実は、全くその逆と言っていいほど取り組みやすい内容のものが多く、これで本当に痩せられるのかと疑問に思うものさえもあります。

しかし、その取り組みやすさが相武紗季さんの美しいスタイルを維持するカギとなっているのです。そんな誰でも手軽に取り組める相武紗季さんのダイエット方法を6つご紹介します。

食べたいときに食べたいだけ食べる

相武紗季さんは、「食べたいときに食べたいだけ食べる」という食事の取り方をするそうです。これは一見太りそうですが、裏を返せば食べたくないときは一切食べない、ということです。ですから1日3食食べるのではなく、2食の日もあれば4食の日もあって不規則な食べ方をしているようです。

これは相武紗季さんの「ダイエット中だからこそ、我慢をせずに美味しく食事を食べることでストレスが溜まらず、ダイエットを続けられる」というダイエットを意識した考えから実践している食べ方です。

食べたくないときにまで無理に3食食べないようにすることで、体が軽くなり、体重が安定したそうです。

お腹が空いていないのに食べ物を体内に入れることは消化器官のリズムが崩れる原因となります。そのため、お腹が空いたときだけ食べるという相武紗季さんの食事摂取の仕方は消化器官を正常に機能させ、太りにくい体質をつくります。

食事は手作りで和食中心を心がける

相武紗季さんは料理を作るのが好きで、基本的にどんな料理でも作ることができるようです。作る料理は和食が多く、和食はダイエットにも美容にも良いと言って和食中心の食事を心がけているようです。

和食は洋食や中華料理よりも平均的にカロリーが低いため、ダイエットには向いています。ただし、和食は塩分量が多くなりがちであるため、塩や醤油などの調味料は控えめにして、手作りの和食とすると健康に良いです。

相武紗季さんは和食の中でもひじき料理や豆腐料理をよく作るそうです。

ひじきは食物繊維が豊富で便秘解消の効果が期待できるため、ダイエットに取り入れると良い食材です。また豆腐は低カロリー、低脂質、高タンパク質でダイエットには非常に適した食材です。腹持ちも良いため、主食の代わりなどに用いても良いかもしれません。

得意な水泳を続けて全身運動を行なう

相武紗季さんは幼い頃から水泳をして、大会で優勝した実績があるほど水泳は得意なスポーツだそうです。そのため、水泳は抵抗なく続けられる運動で、休みの日にはプールへ行って泳いだり、海へ行ってサーフィンをしたりして体を動かすよう心がけているそうです。

水泳は運動の中でも極めて消費カロリーが多いため、脂肪の燃焼に非常に効果的な運動です。また、全身運動であるため、しなやかな筋肉を作ることができます。

運動の中でもダイエットに非常に効果的な水泳を長年やってきた相武紗季さんは、痩せにくい体質となっていて、リバウンドも一切しないのだと考えられますね。

水泳は普段の生活にはなかなか取り入れにくい運動かもしれませんが、少し行なえばかなりのカロリー消費となるため、運動して痩せたいという方は取り入れると非常に効率よく痩せられますよ。

インナーマッスルを鍛える運動を積極的に行なう

相武紗季さんはバランスボールを愛用していて、毎日バランスボールを使ってテレビを見ながら全身ストレッチを行なっているそうです。

バランスボールはインナーマッスルを鍛えるのには効率的なアイテムです。腹筋運動で鍛えられるのはアウターマッスルでインナーマッスルは鍛えられません。

インナーマッスルを鍛えることで、ウエストラインやヒップラインに影響が出てくるため、女性らしいくびれができたり、お腹が出にくくなったりします。バランスボールを使ったストレッチは、自宅ですきま時間に簡単に行なえるため、取り入れやすくおすすめな運動です。

相武紗季さんはバランスボール以外にもヨガやピラティスも取り入れていて、どちらもバランスボールと同様にインナーマッスルを鍛えられる運動です。インナーマッスルを鍛えることは相武紗季さんのような美しいスタイルとなるために大切なようですね。

1日2回の半身浴とマッサージを行なう

相武紗季さんはどんなに忙しいときでも、朝と夜の1日2回、30分の半身浴を毎日行なっているそうです。水を飲みながら、ぬるめのお湯に胃の位置まで浸かってじっくり汗をかくそうです。

これはデビュー当時から欠かしていない習慣で、半身浴中にはDVDを見たり、本を読んだりと好きなことをするそうです。

相武紗季さんは脚の太さにコンプレックスを持っていたようで、半身浴をしながらリンパマッサージで脚やせダイエットを行ない、脚やせに成功したそうです。周りから「細くなった!」と言われるまでに効果が見られたため、今でも半身浴をしながら脚のマッサージをすることを続けているようです。

入浴剤や、入浴後に使用するボディークリームには好きな香りのものを使用してリラックス効果を得ているそうです。好きな香りは心を癒してくれるため、ストレスが解消され、前向きにダイエットに励むことができるようになります。

期間を決めてダイエットに取り組む

相武紗季さんは、ドラマや映画などの役作りのために体を絞らなければならないことがあります。そんな時には本格的にダイエットに取り組むそうですが、必ず期間を決めて体を絞るようにしているそうです。まずは1ヵ月だけ、2ヶ月だけ、などというようにゴールをつくることでダイエットが苦にならず続けられるのだそうです。

確かに終わりの見えないダイエットだと挫折してしまう可能性がありますし、逆に痩せるのに快感を覚えてしまい、過剰なまでに減量してしまう人もいるようです。

期間を決めて取り組むことでモチベーションも上がりますし、その期間終了後が一度自分の体型を見直すタイミングとなり、ダイエットを続ける必要があるのか冷静な判断をすることができますね。

相武紗季はストレスフリーにダイエットをする

相武紗季さんが取り組むダイエット法は、厳しかったり辛そうだったりするものは一切ありません。

特に食事においてはこだわりがあるようです。ダイエット中なら摂取カロリーを抑えたり、炭水化物を食べる量を減らしたりなどの食事制限を設けるのが一般的だと思われます。

しかし、相武紗季さんの場合はお腹が空いたときに満足する量を食べるというダイエット中とは思えない食事の摂り方です。この方が、我慢が減って余分に食べてしまうことなく、体重も安定するのだそうです。

運動も、やりたいと思ったときに自分の状況を見ながら行なうそうです。規則正しく何かをやり続けなければならないというプレッシャーはストレスとなってしまうため、決まりはつくっていないと言います。

相武紗季さんはストレスフリーにダイエットをすることで辛い思いをせず、ダイエットを続けることが大切だと考えています。

相武紗季が実践するダイエット方法のまとめ

相武紗季さんは多くのダイエット法を駆使して美しいスタイルをキープしていることがわかりましたね。

相武紗季さんが取り組んでいるもの以外にもダイエット効果が高いとすすめられている食事法や運動などは数多くあります。

さまざまなダイエット法を試して、その中で自分に合ったものだけを自分の生活に取り入れてダイエットをすることで、相武紗季さんのようにストレスなくダイエットを続け、痩せやすい体質を作ることができます。

相武紗季さんが実践しているダイエット方法は、難しいものは一切なく、どれも日常生活で意識すればできそうなダイエットばかりです。実践してみて自分に適していれば、日常生活に取り入れて、相武紗季さんのようなキレイな体を手に入れましょう。