本当に痩せるダイエットメソッド

筋肉が増えない?プロテインダイエットで痩せない3つの原因

今まではアスリートやボディビルダーの方が飲むイメージの強かったプロテインですが、たんぱく質が豊富に含まれているという点からダイエットで飲んでも効果があると話題になりました。ダイエットを機会にプロテインをはじめて飲んだという方も多いのではないでしょうか。

しかし、プロテインを飲んでも、本来期待できるはずのダイエット効果が得られず痩せないという方も多いのが現状です。今回は、実はプロテインダイエットは痩せないのか解説していきたいと思います。

プロテインダイエットを行っても痩せないのは何故か

プロテインダイエットを行っても痩せなかった方の多くは、ある1つのプロテインダイエットに関する間違った認識をしているといわれています。プロテインをダイエットに使うのであれば、よりプロテインの効果を活かせるような生活をすることが大切です。

まずは、プロテインダイエットをしても痩せなかった人が多いのは何故なのか解説していきたいと思います。いくらたんぱく質が豊富であっても、飲むだけで痩せるというようなダイエットドリンクは存在しないと思った方が良いかもしれません。

プロテインを飲む=筋肉が増えると思っている

プロテインは極端にいうとたんぱく質がたくさん含まれたドリンクといえます。プロテインと聞くと、筋肉がゴツゴツした方が飲むイメージがありますが、不足しがちなたんぱく質を補うこともできるので、栄養の補給ができるドリンクでもあります。

プロテインを飲めば痩せるといわれるようになったのは、筋肉をつくることに欠かせないたんぱく質がたくさん摂れるということで、筋肉量が増える=代謝が上がるといわれたからです。そして、プロテインを飲めば筋肉がたくさんつくと考える人が非常に多くなりましたが、それは大きな勘違いであることを知っておかなければいけません。

しかし、プロテインはあくまで筋肉の材料となるたんぱく質を補給するためのものなので、プロテインを飲むだけでは筋肉を増やすことができません。筋肉を増やすのであれば、筋肉をつくるだけのトレーニングも必要になります。

食事でもたんぱく質を過剰に摂りすぎている

プロテインは商品にもよりますが、たんぱく質が非常に豊富に含まれています。しかし、脂質や糖質と異なり、たんぱく質はいくらでも摂っても良いと考えている人が多く、プロテインに加えてたんぱく質を豊富に取り入れた食事を積極的に行う方が多い傾向にあります。

体脂肪率が一桁の方や、消費カロリーがかなり高い方であればある程度代謝できるのかもしれませんが、たんぱく質を過剰に摂取してしまうと、身体に吸収しきれなかったたんぱく質は脂肪に変わってしまう恐れがあります。たんぱく質のみならず、栄養素は摂れるだけ摂るべきものはありません。どんな栄養素も過剰な摂取を避けて、適度に摂取することが大切です。

たんぱく質をプロテインで摂取しつつ、さらに食事もたんぱく質たっぷりにしてしまうことを良かれと思っている方は多いかもしれませんが、実は過剰なたんぱく質の摂取が原因で痩せないのかもしれません。

プロテインの飲み方・使い方を間違えている

プロテインは筋肉を増やす目的で飲む場合、トレーニング後に飲むと効果的であるといわれてきました。プロテインは飲むタイミングや飲み方によって効果が大きく異なるといわれています。ダイエットの場合、プロテインは1食の置き換えに使用されたり、空腹時の間食時にも使われるそうですが、筋肉をつけることを考慮するのなら運動や筋トレ後が一番良いでしょう。

プロテインは決してカロリーが低いわけではありません。そのため、やみくもにプロテインを飲んだとしてもカロリーが増すだけでダイエット効果は得られないと考えられます。ダイエットするのであれば、プロテインのカロリーを考慮し適度な食事制限を行うことも大切です。

ダイエットを目的であれば置き換えや間食代わりも良いですが、筋肉を効率よく作るのであればトレーニング後がオススメです。夕食前に筋トレを行い、夕食の置き換えとしてプロテインを飲むこともダイエット効果が期待できるでしょう。

プロテインダイエットで期待できる効果

次に、プロテインダイエットで期待できるダイエット効果についてご紹介します。プロテインはたんぱく質を摂取することができるので、ダイエットだけでなく健康目的で飲むこともオススメです。しかし、プロテインは前述の通り飲めば痩せるドリンクではないので、しっかりとプロテインの効果を知って正しくダイエットに取り入れることが大切です。

プロテインも決して安くないドリンクであるので、せっかくダイエットに使うと決めたのであれば、最大限プロテインのメリットを活かせるようにしましょう。

たんぱく質を効率良く摂取することができる

鶏肉や豚肉、牛肉などの肉類や魚類、卵などにたんぱく質は豊富に含まれていますが、一方で脂肪に直結する脂質が多いという点がネックになります。しかし、プロテインはたんぱく質が豊富に含まれているだけでなく、脂質も少ないので効率良くたんぱく質を摂取することができます。

さらに、プロテインはたんぱく質がどれだけ含まれているかしっかりと明記されているので、1日当たりに必要なたんぱく質の摂取量を考慮しながら適切な量を摂ることができます。そのため、たんぱく質の不足や過剰摂取を防ぐことにつながるのです。

たんぱく質は5大栄養素の1つとして数えられており、人間の身体にとっても非常に重要な栄養素です。毎日摂取する必要がある栄養素なので、たんぱく質を確実に摂取できるプロテインはダイエット目的以外でも重宝すべきなのかもしれません。

筋肉を保ち代謝の低下を防ぐことができる

プロテインは飲むだけでは筋肉を作ることはできませんが、筋肉を保つことはできます。筋肉はたんぱく質が不足してしまうとどんどん減ってしまうといわれており、筋肉の減少は代謝の低下へと繋がります。つまり、筋肉が減るにつれてどんどん痩せにくい身体になってしまうのです。

1日に摂取すべきたんぱく質の量は決まっていますが、食事だけでその量を摂ろうと思うとわざわざ食材に含まれているたんぱく質の量を知る必要があり面倒ですよね。しかし、プロテインであればどれだけ含まれているのかすぐにわかりますし、自分がどれだけのたんぱく質を摂取しているかもわかります。

たんぱく質を毎日一定の量を摂取することができ、筋肉を保って代謝の低下を防ぐことができるプロテインは、ダイエットが成功してからも飲み続けていくべきではないでしょうか。

プロテインダイエットの目的はダイエットの土台作り

プロテインは筋肉の餌となるたんぱく質を効率良く摂取することができ、筋肉を作るサポートすることができます。つまり、プロテインだけで筋肉を作ることはできず、筋肉を作るためにはトレーニングや運動が必要になります。

そのため、プロテインダイエットはプロテインを飲んで痩せるのではなく、プロテインを飲んで筋肉を作りやすくして痩せやすい身体を作るためのダイエットだといえます。プロテインが脂肪燃焼に直結しているのではなく、あくまで痩せるための土台を作っていると思ってください。

プロテインを飲んでいるだけでなく、プロテインを飲みながら食事制限や運動を行うことではじめてダイエット効果期待できるといえます。プロテインを飲むことで、痩せると思ってしまうと、ダイエットを失敗してしまう可能性が高いので注意しましょう。

まとめ

プロテインはボディビルダーやスポーツ選手など筋肉がしっかりついているアスリートの方が飲んでいる印象が強く、プロテイン=筋肉が増えると考えている方が非常に多いと思います。しかし、プロテインはあくまでたんぱく質のサプリメントのようなものであり、プロテインは筋肉を効率良く作るためのサポート要員だといえます。

つまり、プロテインはただ飲むだけでは痩せることはできません。プロテインの栄養素を活かすためには運動や食事制限を取り入れるなど、ダイエットを意識した生活を行うことが大切です。もちろん、たんぱく質の過剰摂取は脂肪を増やしてしまう恐れがあるので摂りすぎには注意しましょう。

プロテインは毎日摂る必要があるたんぱく質を効率良く摂取できるので、筋肉を保つためにも是非取り入れたいドリンクです。代謝キープにもダイエットの効果が期待できるので、ダイエット中だけでなくダイエット後も活用することをオススメします。