本当に痩せるダイエットメソッド

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは何?異なる解消方法を3つずつ紹介!

最近太ってきたけど、「これって何ていう脂肪なんだろう?」って思ったことありませんか?

皮下脂肪やら、内臓脂肪やら、脂肪には何種類かあるみたいだぞとは知っていても、脂肪ごとに対処が異なることは意外と知られていません。

ここでは、脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があることをまずは説明し、それぞれに異なる解消方法を3つずつ紹介していきます。

脂肪は1種類じゃない!?見分け方は簡単だけど、全然違う脂肪!

ダイエットする際に、自分についてる脂肪がどんな脂肪か分かっていますか?

実は脂肪は2つに分かれます。

それが、皮下脂肪と内臓脂肪になります。

これらの脂肪はダイエットする上ではまったく異なる対処が必要になる場合もあるのです。

皮下脂肪は、皮膚の下にあって、簡単につまむことができる脂肪です。

もう一方の内臓脂肪は、体の深部の内臓の周りにあるです。

また、これらの脂肪は女性と男性でもつき方が違ったり、落としやすさや特徴なども様々に分かれています。

今回は、皮下脂肪と内臓脂肪の特徴を紹介しつつ、それぞれに異なる脂肪燃焼方法を3つずつ紹介していきます。

食べるのを制限するだけでもなければ、運動すればいいわけでもないい、脂肪特有の悩みを解消しましょう!

皮下脂肪と内臓脂肪に違いはあるの?場所だけ?つねってみれば分かる!

皮下脂肪と内臓脂肪には、大きな違いあります!

その違いは、皮下脂肪はなかなか落とせない脂肪、内臓脂肪は簡単に落とせる脂肪、ということです。

ただし、個人差は大きく、内臓脂肪といえどもそう簡単には落とせない場合もありますし、だからこそのメタボの男性がこれだけいるのだと思います。

主には皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性に多くなっています。

まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

皮下脂肪とは!?皮下脂肪はカロリーの過剰摂取と運動不足が原因!

皮下脂肪の場所は、皮膚のすぐ下に位置していて、比較的体の表面に近い場所にあります。

この皮下脂肪は、見た目に出やすく、膨らみが分かりやすい特徴があります。

皮下脂肪が多くなってくると、お尻や太ももなどの下半身の肉が増えてしまいます。

皮下脂肪が多い体型は「洋ナシ型肥満」と呼ばれ、男性よりも女性の方が多くなりやすい体型です。

皮下脂肪がつく原因としては、主に以下の2つです。

  1. カロリーの過剰摂取
  2. 運動不足

食生活において、「摂取カロリー>消費カロリー」の状態が続いていくと、どんどん脂肪が蓄積してしまいます。

さらには、食べていなくても運動不足によっても、脂肪の蓄積は助長してしまいます。

また、女性の場合には授乳期の貯蓄として皮下脂肪を溜める働きもあるので、注意が必要です。

内臓脂肪とは!?リンゴ型肥満と言われ、女性より男性に多い!

内臓脂肪の場所は、腹筋の内側の壁である腹腔内にあります。

皮下脂肪と比べても、お腹周りにつきやすい特徴があり、内臓脂肪は多くなってくると「リンゴ型肥満」と呼ばれます。

女性よりも男性に多く見られる体型でメタボと呼ばれる症状もこのケースが多くなってきます。

内臓脂肪がつく原因としては、やっぱり生活習慣における食生活が大きく影響してきます。

運動もせずに、カロリーの高いファストフードや弁当ばかりを食べてしまったり、飲み会などによりアルコール摂取の機会が多くなってくると注意が必要です。

また、内臓脂肪にはストレスも関わっていると言われており、その他にも喫煙などによっても内臓脂肪は蓄積してしまいます。

皮下脂肪を解消するためのオススメ方法3選!

皮下脂肪が蓄積してしまうのは、主にカロリーの過剰摂取と運動不足です

そのため、大事なのは食生活のコントロールと運動になります。

食生活もやみくもに何も食べないようにするのが大事かと言えば、そういうわけではありません。

運動もただ単に運動をすればいいわけではありません。

ここでは皮下脂肪を解消するための方法を3つ紹介していきます。

摂取カロリー<消費カロリーは絶対守る!できなくてもカロリーは制限!

皮下脂肪の大きな原因は、カロリーの過剰摂取です。

そのため、当たり前ですが、食事によるカロリー摂取を制限することが解決の近道になってきます。

1日の摂取カロリーの目安は、男性では2560kcal、女性では1950kcalになります。

単純に最低でもこの摂取カロリー内に収まるようにカロリーを摂取しましょう。

食品の目安としては、以下のようになっています。

  • おにぎり 170kcal
  • パスタ 700kcal
  • かつカレー 900kcal

このように主食だけでもこれだけのカロリーがあり、これを1日3回摂取すれば、すぐに1日の目安に到達してしまうので、おかずなどは工夫しましょう。

特に脂質や糖質を日頃から多く摂取してしまいがちな人は注意が必要です。

もちろん、食べ物だけでなく、飲み物にもカロリーが含まれているので、低カロリーな飲み物を選ぶようにしましょう。

理想はミネラルウォーターです。

万能な有酸素運動は、皮下脂肪解消にも最適な方法!

皮下脂肪を落とすのにもっとも効果的な方法が、この有酸素運動です。

有酸素運動には、以下のように様々なものがあります。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ランニング
  • ドローイング

皮下脂肪は、内臓脂肪と比べても燃えにくい脂肪だと考えられており、1回あたりの運動時間を比較的に多めにとらなければなりません。

また、そもそも運動時に脂肪が燃焼しはじめるのが、20分後以降からとなっているので、自分自身でもそれだけの時間続けられるのかどうかも大事なポイントです。

そのため、日頃からあまり運動していない人はいきなりランニングなどに手を出してしまうと、あきらかに続かないはずなのでやめた方が無難です。

まずは、ウォーキングでもいいので、長く続けられる有酸素運動を選びましょう。

筋トレも大事!有酸素運動と合わせることで相乗効果!

運動には、有酸素運動以外にも無酸素運動というものがあり、その代表格が筋トレです。

筋トレも皮下脂肪を落とすには大事な方法の1つです。

日頃から運動していない人には、かなりキツいイメージがあるのでダイエットをする上では避けられがちな印象があります。

それでも、筋トレをお香ことで、脂肪燃焼を促してくれる成長ホルモンが分泌されるので、皮下脂肪を落とすには効果的です。

しかも、筋トレの後に、有酸素運動をすると、さらに脂肪燃焼効果が増すのでオススメです。

理想的な、順番は以下になります。

  • 筋トレを、30分くらい行います。
  • 有酸素運動を20分以上行う。
  • 効率的に脂肪が燃焼される。

また、できることなら、筋トレは少しつらいと思うレベルでゆっくりとじっくりと、行いましょう。

内臓脂肪を解消するためのオススメ方法3選!

内臓脂肪は皮下脂肪と比べれば、落としやすい脂肪です。

とはいえ、アルコールや喫煙を控えつつ、適切な食事コントロールが必要な脂肪でもあります。

楽な脂肪とはいえ、当然運動なども行うことでより簡単に落とすことができます。

ここでは、オススメの内臓脂肪解消方法を3つ紹介します。

内臓脂肪はまずは食生活の改善!食べるべきものとダメなもの!

内臓脂肪の場合には、皮下脂肪に比べると、落としやすいということで、比較的簡単に運動などで落ちるので油断しがちです。

そもそも食べ過ぎなければ脂肪もそう簡単にはつかないので、まずは食生活の改善が必要です。

ただし、脂肪を減らすために食べる量を著しく減らすこともあまりオススメはできません。

かえって、栄養が不足してしまったり、筋肉量が低下することで、脂肪をためやすくなってしまいます。

必ず、内臓脂肪を減らすためでなくとも、食生活を改善する場合には量を単純に減らすだけでなく、バランスよく栄養をとりながら減らしていきましょう。

基本は、野菜類を多めにとることです。

野菜類以外にも、大豆、海藻類、きのこ類なども食物繊維が多いものがオススメです。

食物繊維は、最初に食べることで脂肪の吸収を抑えることができるので、ダイエットに最適です。

漢方を飲んで効果的に脂肪を燃焼!防風通聖散がオススメ!

内臓脂肪を解消するためには、漢方を飲むのもいい方法ですよ。

特にオススメなのが、防風通聖散です。

防風通聖散は、18種類の以下の成分が含まれています。

トウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシン、レンギョウ、ハッカ、ショウキョウ、ケイガイ、ハマボウフウ、マオウ、ダイオウ、硫酸ナトリウム、ビャクジュツ、キキョウ、オウゴン、カンゾウ、セッコウ、カッセキ

特にいろいろな食生活を試したけどダメだった、運動するのがそもそも苦手という人にオススメです。

18種類の成分によって基礎代謝を上げることで、脂肪を燃焼してくれます。

摂取カロリーを抑えることも大事ですが、代謝を高めることで、排出をしっかりとすればおのずと脂肪燃焼のメカニズムがスムーズになります。

防風通聖散であれば、代謝を高めて、便通を促し、利尿もすすむので、体が健康的なバランスを維持してくれます。

有酸素運動は内臓脂肪にも効果的!ウォーキングで十分!

内臓脂肪を減らすには、皮下脂肪と同様に運動が効果的です。

内臓脂肪はそもそも、皮下脂肪に比べて落としやすい脂肪でもあるので、有酸素運動をすれば、効率よく落としていけます。

有酸素運動には、水泳やランニングなどのハードなものもありますが、内臓脂肪なら落としやすいので、ウォーキングなどの軽めなものを20分以上つづける方にしましょう。

かえって水泳などのハードなものをしてしまうと、その後の反動で食事をとりすぎてしまうのであまり、オススメしません。

負荷をかけるのであれば、距離を長くしたり、毎日行ったりする方がよいでしょう。

それとともに上記で紹介したような食事制限を行ったり、漢方を飲んで見たりする方がバランスよく脂肪を燃焼することができるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

皮下脂肪も内臓脂肪もどちらも、つかない方が良い脂肪ですし、つきすぎると健康にも影響してきてしまいます。

また、女性の場合にはどちらも見た目が太ってしまって見えたり、お腹が出ているように見えるので、マイナスでしかありません。

できることなら、ここでそれぞれにあげたように1つの方法で解決するのではなく、食事制限や有酸素運動を両方やりながら、バランスよく脂肪を燃焼することをオススメします。

これらの解消方法は、どれも相互的に効果を助長できるので、いろいろ試すことをオススメします。

また、脂肪は病気などが原因でも引き起こされるので、日頃の健康診断を欠かさずにBMIなどから肥満症でないかなども注意深く見つめ直すようにしましょう。