本当に痩せるダイエットメソッド

2ヶ月で-5kg!峯岸みなみが痩せたライザップ式ダイエットを解説

AKB48の峯岸みなみさん。彼女がライザップでダイエットに成功したのはよく知られていますよね。なんと2ヶ月で5kgの減量に成功。

少しぽっちゃりとしていた峯岸みなみさんは筋肉トレーニングと食事管理を行なったことで見事に細く美しい体を手に入れることができました。一体どんな内容のダイエットだったのでしょうか。

今回は峯岸みなみさんが行なったライザップ式ダイエットの具体的な内容とその効果についてお伝えします。

峯岸みなみはライザップでスリムボディを手に入れた

峯岸みなみさんのライザップ前とライザップ後の体を比較してみると、お腹がとくに痩せています。ぽっこり出て、肉がついていたお腹がスッキリとして、キレイなくびれもでき、適度に筋肉もついています。

体重、体脂肪、ウエストの変化は以下の通りです。

ライザップ前 ライザップ後 2ヶ月での変化量
体重 48.6kg 43.7kg −4.9kg
体脂肪 22.6% 17.0% −5.6%
ウエスト 62.1cm 57.7cm −4.4cm

わずか2ヶ月の間にこれだけの変化はすばらしいと思います。いくらライザップの指導があったとしても、本人の努力次第では結果が出ないこともあります。この結果を見ると、峯岸みなみさんは痩せるための努力を怠らなかったようですね。

峯岸みなみが行なった6つのライザップ式ダイエット

ライザップ式ダイエットは、「糖質制限による食事制限」と「オリジナル専用トレーニングによる無酸素運動」の2つの要素から成り立っています。トレーニングに関しては、個人に合わせたプログラムが設定され、人によって内容が異なります。

峯岸みなみさんがどのようなプログラムでトレーニングを行なっていたかは明らかにされていませんでした。そこで、今回は主に「糖質制限による食事制限」がどのように行なわれていたかについてお伝えします。

ダイエット効果抜群のブロッコリーをとにかく食べる

峯岸みなみさんはダイエット中、かなりブロッコリーを活用していたそうです。

指原莉乃さんは、峯岸みなみさんがライザップの後半期間にブロッコリーをたくさん食べていたのを見て、「もうブロッコリーは一生食べたくないだろうな」と思ったそうです。しかし、峯岸みなみさんはライザップCM撮影をしたその次の日も、ブロッコリーを食べているのを見て驚かれたそうです。

ブロッコリーを食べるのが習慣化されたようですね。峯岸みなみさんが食べまくっていたブロッコリーは、非常にダイエット効果の高い野菜なのです。

ブロッコリーは1房約40kcalとかなり低カロリーです。糖質量については、野菜の中でもかなり少ない方です。栄養素はビタミンやミネラルが豊富であり、この2つを充足させることで、糖質や脂質の代謝を滞りなく行なうことができます。

また、ブロッコリーは脂肪燃焼、むくみ解消、便秘解消、脂質の代謝促進など、非常に多くのダイエット効果を持ち合わせた野菜です。峯岸みなみさんはたくさん食べたブロッコリーからこのようなダイエット効果を得られたのもあり、ダイエットに成功したと考えられますね。

ローソンの「骨付きスモークチキン」で体づくりをサポート

ローソンの「骨付きスモークチキン」はまとめ買いしてしまうほど、ダイエット中に愛用していたコンビニ食品だそうです。コンビニ食品のチキンと言えば、サラダチキンも非常に人気ですよね。

骨付きスモークチキンは骨付きであるため、手で持って食べることができます。そのため、サラダチキンよりも食べやすさという点で優れています。ただ、値段は少々骨付きスモークチキンの方が高いため、ときにはサラダチキンで置きかえることで出費を抑えることができます。

骨付きチキンも、サラダチキンも低カロリー、低脂質、低糖質かつ高タンパク質であるため非常にダイエット向きな食品です。

峯岸みなみさんは、トレーニングと合わせてこの高タンパク質なスモークチキンを積極的に食べていました。そのため、適度に筋肉のついたキレイな痩せ方をしたようです。

セブンイレブンの「さばの塩焼き」で完全に糖質カット

もう一つ、峯岸みなみさんが活用していたコンビニ食品があります。それはセブンイレブンの「さばの塩焼き」です。さばの塩焼きは、他のコンビニでも売っていますが、セブンイレブンの商品が1番おいしいようで、峯岸みなみさんはおすすめだと言っています。

気になる糖質量についてですが、なんと、さばの塩焼きの糖質量は0gです。糖質制限中にはもってこいの食品ですね。

さばにはEPAが豊富に含まれています。EPAには、「GLP-1」通称「やせホルモン」と呼ばれるホルモンの分泌を促す作用があります。このホルモンは、糖質や脂質の代謝をスムーズにしてくれます。

また、満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれる働きがあります。そのためさばを食べることによって、糖質や脂質がうまく代謝され、満腹感も得ることができるというわけです。ダイエットにはぜひとも取り入れたいですね。

甘いものが食べたいときはコーヒーで気持ちを落ち着かせる

峯岸みなみさんは、食後に「甘いものが食べたい」「スイーツを頼みたい」という衝動に駆られたときに、本当に必要なのか自分に問いかけてコーヒーを飲むそうです。そうすると気持ちが落ち着いて、食べるのを防ぐことができるそうです。

コーヒーを飲むことで、コーヒーに含まれるカフェインが満腹中枢を刺激し、食欲を抑えることができます。また、カフェインとクロロゲン酸による脂肪燃焼効果も期待できるそうですよ。普段飲んでいるコーヒーにそんなダイエット効果があったとは驚きですね。

ダイエット中の方で、食欲に負けそうになった時はぜひコーヒーを飲んでみてください。食べたい気持ちを抑えることができ、余分なカロリー摂取を防ぐことができますよ。

かみごたえのあるおやつで満腹感を得る

峯岸みなみさんは、ダイエット中のおやつには、チーズ鱈やさきいかといったかみごたえのあるものを取り入れて、少量で満腹感が得られるよう工夫していたそうです。

チーズ鱈については、「生ハムを巻いて食べるだけで最高のご馳走になるよ!」とツイッターでおすすめの食べ方を紹介していました。

チーズ鱈とさきいかは、どちらもチーズや魚といったタンパク質食品が主な原材料となっています。クッキーやスナック菓子などの小麦粉を原材料としたお菓子に比べると糖質摂取も少なくなり、非常にダイエット向きなおやつですね。

ダイエット中は極力おやつを控え方が良いですが、どうしてもお腹が空いてしまった場合にはおやつを食べて、食事をあまり食べ過ぎないようにすることをおすすめします。おやつには峯岸みなみさんのマネをしてチーズ鱈やさきいかを取り入れましょう。

ライザップ式トレーニングの筋トレを週2回行う

峯岸みなみさんは、1回50分のトレーニングを週に2回行なっていたそうです。ライザップでは、一人ひとりにトレーナーがつき、その人に合わせたプログラムを組んで行なうそうです。

峯岸みなみさんのライザップ後の体つきを見ると、お腹はライザップ前よりかなり引き締まり、うっすらと腹筋が見えます。かなりお腹周りを鍛えるトレーニングを行なったようですね。

ライザップでは有酸素運動は行なわず無酸素運動から成り立ったトレーニングを行なうそうです。無酸素運動なので主に筋トレですね。

ダイエットにおいては、有酸素運動の方が効果的なイメージがあります。しかし、ライザップでは一時的な有酸素運動で燃焼する脂肪の量は程度が知れていて、筋トレによって筋肉量を増やし、基礎代謝を上げた方がずっと効果的だと考えます。

ダイエットをする側からしても、一時的な可能性のかる脂肪減少よりも、体質改善となる基礎代謝が上がるという方が良いですね。

ライザップ式ダイエットでは低糖質が要

ダイエットにおける食事制限は、食事の摂取量をとにかく減らす、摂取カロリーを制限するなどの方法をとる方が多いと思います。

しかし、ライザップでは食事量やカロリーではなく、糖質を指標として食事制限をしていきます。要するに「カロリーはしっかりとる。でも糖質は抜く。」という考え方なのです。では、なぜ糖質を抜くのでしょうか。

糖質を摂ると血糖値が上昇します。すると、血糖値上昇を抑えるためにインスリンが分泌されます。インスリンには内臓脂肪を蓄積するという働きがあるため、結果的に太ってしまうのです。糖質を抜くことで、インスリン分泌を抑えることができ、内臓脂肪が蓄積されるのを防ぐことができます。

このようなことから、ライザップでは低糖質な食事とすることでダイエットの効率化を図っているようです。

まとめ

ライザップ式ダイエットは、ダイエットの効果をより効率良く得るためによく考えられた内容で、峯岸みなみさんのビフォーアフターを見ればわかる通り、そのダイエット効果は抜群ですね。

ただし、いくらライザップで指導を受けたとしても、自分が努力をしなければ変わることができません。峯岸みなみさんのダイエット成功は、彼女の努力があったからこそ成功したのです。

ライザップに通うだけで安心してしまい、他力本願となっている場合は痩せることができず、失敗に終わってしまう人もいるようです。結局は、ダイエットは自分次第といったところですかね。

どのようなダイエットに取り組むか、内容を見極めることも大切ですが、必ず努力を怠らないようにしてくださいね。