本当に痩せるダイエットメソッド

水分が減るだけ?サウナで痩せない3つの原因と痩せるために必要なこと

サウナや岩盤浴のような温度の熱い空間で汗をたくさん流すものは、昔からダイエット効果が期待できるといわれてきました。そのため、ダイエット目的でサウナや岩盤浴を利用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、サウナにいくら通ってもダイエット効果が得られず痩せないと悩む人も多いそうです。サウナもただ通っているだけでは十分なダイエット効果は得られません。そこで今回は、サウナで痩せない3つの原因を解説していきたいと思います。

サウナで痩せないといわれている理由

サウナに入ると汗をたくさん掻きますし、身体の芯から温まっているような感覚を得るので、「これで脂肪が燃焼できる」と考えている方も多いかもしれません。しかし、サウナはただ汗を掻くだけであって、脂肪を燃焼させるためには別の行動が必要になります。

まずはサウナに行っても痩せない理由をご説明したいと思います。サウナは通うことで直接ダイエットの効果が期待できるのではなく、痩せるためのサポートをしてくれるものだと考えることが大切です。

体内の水分が減った=痩せたと思っている

サウナはたくさん汗を掻く場所ですし、サウナから上がると身体がスッキリしますよね。だから身体そのものがスッキリしたと思ってしまうかもしれませんが、サウナはあくまで身体の水分を汗として排出するだけのものなので、体重が減ったとしても体内の水分が減っただけといえます。

つまり、サウナから上がった後に水分補給をすれば減った分の体重は元に戻るということです。サウナに入ったからといって、サウナの熱で脂肪が溶けて痩せるということはありません。ではサウナはダイエットに取り入れても意味がないかと聞かれれば、答えはNOです。

サウナに入って身体を熱い程に温める行為は、体内にある褐色脂肪細胞を刺激させるために有効だといわれています。褐色脂肪細胞とは身体の脂肪を燃焼させるための細胞であり、細胞が刺激されることによって脂肪燃焼を促すことが期待できるのです。

サウナに入るだけで運動をしていない

上記のように、サウナは身体の脂肪を燃焼しやすくなる効果が期待できます。しかし、サウナに入るだけでは脂肪の燃焼に直結しません。そのため、脂肪を燃焼させて痩せるためには、脂肪を燃焼させるための行動をしなければいけません。

つまり、運動をして消費カロリーを増やすことが大切になります。消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ脂肪を減らすことはできません。脂肪を1kg減らすとなると、約7,200キロカロリーの消費が必要になります。それだけのカロリーの消費をするためには運動はもちろん、適度な食事制限も必要です。

確かにサウナは汗をたくさん掻くので、身体の老廃物を排出することができ代謝を上げる効果も期待できるので、サウナに入るだけでもダイエット成功の可能性は0ではありません。しかし、本当にサウナで痩せたいと思うのであれば運動を取り入れるべきでしょう。

サウナに入った後に甘いアイスやジュースを摂る

サウナに入ってたくさん汗を掻くと、身体も気分もスッキリしますよね。そして、サウナがあるような施設はスーパー銭湯や温泉旅館の大浴場などが挙げられますが、大きいお風呂に入った後にアイスやジュースの自販機を見るとつい買ってしまいたくなると思います。

サウナに入った後に、甘いジュースやアイスを食べてしまうのもダイエット中には良くありません。時々のご褒美であれば問題ありませんが、毎週のように頻繁に食べてしまうとサウナに行ったらアイスや甘いジュースを飲むことが癖になり、我慢しにくくなってしまいます。

また、サウナに入った後は体が水分を欲している時なので、甘いジュースやアイスを入れてしまうと糖分が多く取り込まれてしまい血糖値が急上昇してしまう恐れがあります。そして、上手く水分が循環できずむくみに繋がってしまう可能性もあります。スムーズに水分を吸収させるためにも、必ず水を飲むようにしましょう。

サウナで痩せるために必要なこと

サウナで痩せない原因として、サウナ後に甘いものを食べてしまっている、運動をしていない、水分が減ったのを痩せたと勘違いしているなどが挙げられます。サウナはあくまでダイエットのサポート要員のような立場であり、サウナに行ったからといって痩せるわけではないということです。

そこで、サウナを使って痩せるためにはどのようにダイエットを行うべきか解説していきたいと思います。サウナは痩せやすい身体を作ることに効果が期待できるので、是非積極的にサウナを利用していきましょう。

サウナだけでなく適度な運動を心掛ける

サウナで痩せるために必要なことは、サウナで刺激された褐色脂肪細胞に働いてもらうために運動を取り入れることです。サウナでは脂肪燃焼を促す細胞を刺激させることができますが、何もしないよりも運動を取り入れて消費カロリーを増やした方が効率良く痩せることが可能です。

脂肪燃焼をスタートさせるためには最低でも20分は運動をしなければいけないといわれているので、1日30分を目安に運動をしてみましょう。30分のウォーキングでも構わないので自分に無理のない範囲で続けることが大切です。

30分の運動が慣れてきたら、負荷を増やしてみたり時間を延ばしてみましょう。もし可能であれば、無理のない範囲で食事にも気をつけてみることをオススメします。5大栄養素を意識して、バランスの整った食事を心がけましょう。

正しい方法でサウナを利用し決して無理をしない

サウナはよく我慢大会などに使われることが多いですが、長時間サウナに入ってしまうと逆上せや体調不良を招いてしまいます。褐色脂肪細胞を刺激させるためには、サウナに10分程度入っただけでも効果が期待できるので、10分を目安にサウナに入るようにしましょう。

そして、10分過ぎたら外に出てクールダウンしてください。可能な方は水風呂に入るのもオススメですが、サウナに入って広がった血管は水風呂に入った瞬間に一気に収縮します。普段から高血圧や心臓疾患がある方、コレステロール値が高い人などは脳梗塞や脳出血のリスクが高まるので絶対にしないでください。

サウナは正しく入浴すればダイエットだけでなく健康にも良い影響を与えますが、入り方を間違えると体調を崩す恐れがあり、最悪命を落としかねません。無理はせず、適度にサウナに入るようにしましょう。

サウナと同じ効果が得られるシャワーの浴び方

サウナをダイエットに使うといっても、毎日又は毎週サウナに通うのもお金と労力がかかって大変ですよね。サウナでは褐色脂肪細胞を刺激させ、脂肪を燃焼しやすくする効果が期待できますが、実は褐色脂肪細胞を刺激させる方法はサウナ以外にもあります。

褐色脂肪細胞を刺激させるには、家のシャワーを使って簡単に行うことができるので是非実践してみてください。温かいシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びれば褐色脂肪細胞を刺激させることが可能です。大体温かいシャワーを5分間、冷たいシャワーを3分間程度浴びるのを繰り返してみてください。

もし3分間冷たいシャワーを浴びることが辛い方は、肩甲骨の中心辺りを中心に冷水シャワーで30秒ほど当てるだけでも効果が期待できます。肩甲骨の中心辺りには一番褐色脂肪細胞が集まっているので、十分冷水シャワーで刺激させることができます。

まとめ

サウナはたくさん汗を掻いて気分も心もスッキリさせることができるので、ストレス発散にピッタリですよね。また、サウナは脂肪の燃焼を促す褐色脂肪細胞を刺激させることもできるので、脂肪を燃焼させたいダイエッターさんには是非取り入れて欲しいと思います。

サウナは心身ともにスッキリする一方で、身体にそれだけの負担もかかります。長時間サウナに入るなどの無理はせず、サウナの入浴時間は10分程度にしてクールダウンを挟むようにしてください。高血圧や心臓疾患がある人はサウナを控えるか、事前に医者に相談してから行うようにしましょう。

褐色脂肪細胞を刺激させることは、自宅のシャワーでも簡単にできます。褐色脂肪細胞が刺激されれば脂肪の燃焼も促進されるので、是非毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。