痩せるダイエット食品

カルニチンこそダイエットの救世主!正しい痩せ方をしていますか?

近年のダイエットでは

有酸素運動、糖質制限、置き換えダイエット、カロリー計算など

いろいろなダイエットがありますが

・運動を頑張っているのに結果が出ない

・食事をだいぶ制限しているのに全然痩せない

など思い当る人も多いと思います。

 

そんな頑張っているのに報われない人にとっての

救世主的存在がカルニチンダイエットです。

 

今回はそのカルニチンダイエットが

どんなものかをお伝えしていきます。

 

【カルニチンって何?】

まずはカルニチンというものをご存知ですか?

 

カルニチンとはビタミン様物質というもので

ビタミンとついてはいますが、ビタミンではなくアミノ酸になります。

ビタミンと同じような働きをするので「ビタミンの様な物質」という意味です。

 

カルニチンは体内でリジンとメチオニンという必須アミノ酸から合成されるものです。

しかしその量は非常に微量です。

食品からも摂取可能です。

 

カルニチンは塩化カルニチン、塩化レボ、アセチルカルニチン、L-カルニチンの総称を指します。

 

【カルニチンのダイエット効果】

 

ダイエットに効果的なのはカルニチンの中でも

「L-カルニチン」です。

 

L-カルニチンは、食肉類に多く含まれていて、ヒトの体内では脂質代謝に関与するアミノ酸です。L-カルニチンは主に肝臓や腎臓で合成され、多くは筋肉に存在しています。L-カルニチンは体にため込んだ脂肪の分解を促進し、脂肪はエネルギーとして利用されます。

L-カルニチンは体内でも合成されますが、作られる量は年齢とともに減少してしまいます。歳をとるほどに脂肪がつきやすく、ダイエットが難しくなるのもカルニチンの合成量が減る理由の一つです。

L-カルニチンには脂肪酸の代謝を上げやすくして

脂肪酸をエネルギーに変えやすくしてくれます。

 

しかしカルニチンをただ単に摂取しただけではだめです。

 

わかりやすくするには脂肪がエネルギーに変わる

メカニズムを説明します。

 

【脂肪がエネルギーに変わるメカニズム】

脂肪は体内では「中性脂肪」として存在しています。

しかしこのままでは燃やしてエネルギーに変えることは難しいです。

 

例えるなら薪ストーブに切り倒した大木をそのまま入れるようなものです。

燃やそうにも脂肪が大きすぎてうまくいきません。

 

まずは中性脂肪を薪のような小さいものに変える必要があります。

その段階を経ることで燃やしやすくなった脂肪は

「遊離脂肪酸」という形になります。

 

しかしまだです。

薪は薪ストーブに入れないといけません。

 

体内で薪ストーブの役目は細胞内のミトコンドリアです。

 

そして体内を血液に乗ってやってきた遊離脂肪酸は

そのままでは細胞内に入れず細胞の前を素通りしてしまいます。

 

そこを道案内するのが「カルニチン」です。

 

血液中の遊離脂肪酸を捕まえて、細胞内を通り

ミトコンドリアに運んでくれます。

いわば薪を薪ストーブに入れる役割をしてくれます。

 

【カルニチンを飲むだけではダメ!】

カルニチンが脂肪を燃やす手助けになってくれるのは

ご理解いただけたと思います。

 

そしてカルニチンは主にサプリメントで摂取するのが一般的なのですが

カルニチンを摂取しただけではダイエット効果は得られません。

 

カルニチンは遊離脂肪酸をミトコンドリアに運んでくれますが

そもそも中性脂肪の状態から遊離脂肪酸にする効果は

カルニチンにはありません。

 

カルニチンは薪を薪ストーブに入れるだけで

薪を作る作業はしてくれないのです。

 

では中性脂肪を遊離脂肪酸にするにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは

消費カロリーを増やす「運動」か

摂取カロリーを減らす「食事制限」です。

 

体内のエネルギーが少なくなると

エネルギータンクである中性脂肪がエネルギーの元として

分解されていき遊離脂肪酸になるのです。

 

しかし最初にも述べました通り

カルニチンダイエットは

頑張っているのに効果が出ない、痩せない人の救世主的なものです。

 

運動や食事制限をすでに行っている方には

ただサプリメントを飲むだけで効果が現れやすいです。

 

運動や食事制限をしていない人でも

これから始める際にカルニチンのサプリメントを使うことで

効果が出やすくなります。

 

【カルニチンを飲むタイミング】

どうせやるなら効果が高くなるタイミングで飲みたいですよね。

おすすめのタイミングは

運動する前後と食前です。

 

運動する前に飲むのはイメージしやすいと思います。

 

これから運動をしてエネルギーを消費するタイミングで

飲むので遊離脂肪酸を効率的に燃やすことができます。

 

そしてカルニチンには疲労回復効果と食欲減少効果があります。

 

速やかに疲労が回復すれば精神的にも肉体的にもストレスがない状態で

すごすことができます。

 

食事前に摂取すれば余計な食べ過ぎを防いでくれます。

 

【サプリメント以外でカルニチンは摂ることはできないの?】

 

サプリメントが一般的ではありますが

食品で摂ることもできます。

 

カルニチンが多いのは「肉」です。

ダイエット中は敬遠しがちな肉類ですが

タンパク質の宝庫なので摂取することが望ましいです。

 

特に羊肉にとても多く含まれていますので

おすすめではありますが

カルニチンは熱に弱い性質もありますので

火の通し過ぎには気をつけましょう。

 

〔羊肉の種類〕

ラム・・・1歳未満の子羊の肉。柔らかくてくせが少ない。

マトン・・2~7歳の成羊の肉。歯ごたえが強く、特有の香りがある。

マトンにはラムよりカルニチン量が2倍多く含まれます。

 

〔羊肉の特徴〕

☆不飽和脂肪酸が豊富に含み、血中コレステロール値の改善に役立つ

☆糖質・脂質の代謝を促すナイアシンが含まれる

☆貧血の改善に役立つ鉄分が多い

☆細胞の新陳代謝に関わる亜鉛が豊富

☆必須アミノ酸がバランス良く含まれる
羊肉が苦手もしくは

手に入りにくい人は

牛肉のしゃぶしゃぶが

おすすめです。

 

短時間で火を通してでき

スーパーでも手に入りやすく

苦手な人が少ないので、取り入れやすいです。

 

ちなみに唐辛子などに含まれているカプサイシンには

脂肪を分解する効果がありますので

一緒に摂取することで効果が一層高まりますのでおすすめです。

【カルニチンダイエットの注意点】

 

カルニチンには1日の摂取量が1000mg以下と決められています。

 

それ以上はアスリートレベルの運動量をこなさない限り

使われることがなく無意味な結果になりますので

気を付けましょう。

 

カルニチンにはL-カルニチンとD-カルニチンがあります。食品にはL-カルニチンしか含まれませんが、

サプリメントではD-カルニチンが含まれている種類もあります。L-カルニチンは脂質代謝に利用されますがD-カルニチンには活性がありません。

D-カルニチンはL-カルニチンの働きを阻害すると考えられているため、ダイエット目的にサプリメントを利用する際は、成分を確かめてご購入ください。

 

【まとめ】

 

L-カルニチンは羊肉など赤身の肉に含まれるアミノ酸です。体内でも合成されますが、

加齢とともに合成量が減少します。L-カルニチンは脂肪の燃焼を促進する作用があり、L-カルニチンを十分に摂取し、

運動を行うことで体に溜まった余分な脂肪がエネルギーとして利用されます。

 

ダイエットは摂取カロリーよりも消費カロリーの分量をあげることが必須です。

消費カロリーをアップさせる栄養素を摂取して、効率よく脂肪を燃焼していきましょう。

運動を組み合わせたダイエットは体重の減少だけでなく、引き締まったメリハリあるボディーを目指せます。
カルニチンはダイエットを頑張っているのに結果が出ない、痩せれない人への手助けになるありがたいものです。

 

頑張っている人が

報われないのは不条理です。

 

是非カルニチンダイエットも併用してみてください。