本当に痩せるダイエットメソッド

食事制限で痩せないのには理由がある!オススメ対処法を3つ紹介!

食事制限をしても痩せないことってあるの?

ズバリあるんです!

食事制限をして痩せないなら、運動をするしかないってこと?

そんなことはありません!

食事制限はとても複雑なバランスと複雑な体のメカニズムによって、成し遂げられる方法なんです。

それでもしっかりと行えば必ずと言っていいほど、痩せることができます。

ここでは食事制限で痩せない人に向けて、その原因とオススメの対処法を紹介します。

食事制限で痩せない場合のちょっとした工夫が大事!

食事制限で痩せないなんてことあるわけない!と思って、始めてみたもののそう簡単に痩せないことってありますよね。

もちろん、これにはいろいろな原因が考えられますが、単純なミスを犯していたり、体の機能を理解していなかったり、様々な原因が可能性として潜んでいます。

つまり、たかがダイエットと考えている人もいるかもしれませんが、食事制限には守るべきルールがあるのです。

人間の体にとって、食事はとても大切なものであり、なくてはならないものです。

今回を良い機会に食事制限の仕方を覚えて、「ちょっと太ったら、アレをしよう」ちょっと体調がおかしくなってきたら、「少し食事をコントロールして、体調管理をしよう」といった感じで、自由自在に食事管理をできることを目指しましょう。

次からはまずは食事制限で痩せない原因を紹介します。

食事制限で痩せない人の原因はコレだ!簡単なことを忘れてる!

食事制限をしっかりとすれば必ずといっていいほどダイエットには成功するはずなんです。

ところが、多くの人が失敗していますよね。

そして、多くの人が失敗の原因を食事ではなく、運動などをしていなかったことだと考え、運動などを増やしていきます。

でも、これでは何の問題解決にもなっていませんよ。

食事制限だけで痩せることは可能なんです!

ここではまずは食事制限で痩せない人の原因を紹介します。

結局、炭水化物を食べていませんか?糖質は太りますよ!

食事制限を行なっている人の多くは、知っているとは思うのですが、意外とやりがちなミスが炭水化物を食べてしまうことです。

炭水化物は、お米やパンなどに含まれている成分ですが、体内でブドウ糖などの成分に分解されて、普段はそのままエネルギーにするために肝臓や筋肉に送り込まれます。

ところが、あまりに炭水化物を食べすぎると、あまった糖質が体の中では脂肪として蓄積されてしまうのです。

そうなったら一貫の終わりです。

食事制限なんてもはや無意味で、太る一方です。

特にやってはいけない食事制限の方法が、「おかずを少なめにして、ご飯だけにする」という方法で、結構このパターンが多いのです。

特に食事制限中などは、逆に糖質を吸収しやすくなっているので体に脂肪がつきやすくなってしまっているのです。

消化器官が疲れていて機能を果たしていない場合もある!

これも特に女性に多い症状です。

ダイエットで食事制限を頻繁にしてしまっている人は固形物をしっかりと食べずに、ゼリーやスープなどを食べていませんか?

これをしてしまうと胃や腸などの消化器官が衰えてしまって、機能が低下してしまいます。

そうなると、たしかに食事を減らしているのですが、消化器官の力が低下して、食べ物を消化する力が落ちますし、栄養の吸収すらも落ちていってしまうのです。

そうなると体の代謝活動が低下するので、せっかく食事制限をしているにもかかわらず、ちっとも痩せない、痩せにくい体になってしまいます。

食事制限をするときは栄養バランスとともに、食べ物の種類にも気をつけるようにしましょう。

空腹時間が長いことを良いと思っちゃダメ!空腹感は失敗の信号!

空腹の時間を耐えることをダイエットの真髄だと思っていませんか?

ダイエットはこの空腹感を耐えることがすべてだと思っていませんか?

これはダイエットを失敗する人の典型的なパターンですよ。

ダイエットは根性論で行う時代ではもはやないのです。

空腹時間とは、言わばちょっとした飢餓状態なのです。

この飢餓状態が続くと、人間の体は食べた食事から必要以上に栄養を吸収しようとします。

その結果、血糖値が急上昇しやすくなってしまい、インスリンが分泌され、糖質などから分解されたブドウ糖が筋肉や肝臓に運ばれ、貯蔵しきれなかった糖が、脂肪としてどんどん蓄積されてしまうのです。

つまり、ダイエットしていたのに、太ってしまうということです。

ダイエットするためには賢く食事制限をして空腹時間を作らないことも大事なのです。

食事制限で痩せない人必見!簡単にできる3つの対処法!

食事制限で痩せないのは、しっかりとした食事制限ができていないことは上記の紹介でりかいしていただけたと思います。

とはいえ、いきなり食事制限をしてもそう簡単にうまくいくわけはありませんよね。

そのため、まずは食事制限をする上で、簡単にできる3つの対処法を紹介するので、最初に食事制限にチャレンジする人はこの3つを守れるようにしていきましょう。

まずは炭水化物を調整する!1日の糖質摂取量を知る!

食事制限の肝はやっぱり、糖質の量ですよね。

理想的な糖質量は以下になります。

1日の糖質摂取量=体重(kg)×1.0g 以内(体重60kgの人なら、60gまでということ)

実際にどれくらいの感覚なのかというと、ごはんを普通のお茶碗一杯(150g)に入れると、だいたい55gくらいの糖質が含まれていると言われています。

つまり体重60kgの人だと、もうこれだけで限界です。

他の糖質をとることができなくなってしまうので、ごはんの量を減らして他の糖質をとれるように調整しましょう。

糖質は、何も米だけではありませんし、パンや麺類も含んでいます。

それ以外にも、肉、魚介類、豆、アルコールなど多岐にわたり含まれているので、注意をするようにしましょう。

食事制限の基本は、糖質の制限なので、糖質がどんなものに含まれているかを把握しましょう。

ただ食事制限するのではなく、バランスよく栄養をとる!

食事制限をするときこそ、「何を食べてはならないのか」ではなく、「何を食べるべきなのか」を意識して、食事選びをしましょう。

炭水化物を減らしつつ、以下のものを積極的に摂取しましょう。

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 酵素

これらの栄養素をしっかりと摂取することで、脂肪を燃焼するために必要な栄養素を摂取することができ、脂肪を効率的に燃焼してくれます。

何を食べていいかわからない人やいろいろ考える余裕のない忙しい人は、まずは食物繊維の豊富な野菜を食べましょう。

そうすることで最低限のアミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素を摂取することができます。

特に野菜以外でポイントとなる食品は以下になります。

  • グレープフルーツ…脂肪燃焼を促進
  • りんご…血糖値を下げる
  • シャケ…オメガ3脂肪酸により脂肪燃焼効果
  • 赤身肉…L-カルニチンによる脂肪燃焼効果

繰り返しになりますが、「何を食べてはならないか」ではなく「何を食べるべきなのか」を考えながら生活しましょう。

カロリーを気にする!消費カロリー>摂取カロリーを維持する!

結局のところ、大事なのはカロリーです。

消費カロリーが摂取カロリーを超えていれば、そう簡単に太ることはありません。

あとで、がんばって運動などをしてカロリーを消費すればいいんでしょって考えている人もいますが、それではダメです。

なにせ、7200kcalを消費して、やっと中性脂肪1kg分にしかならないのです。

7200kcalというのは、毎日1時間のウォーキングを1ヶ月してやっとです。

その1/10の720kcalくらいでも、3時間のウォーキングに匹敵します。

720kcalというのはパスタなどと同等の量です。

つまり、オーバーしないように日頃の食生活をとらないと後からでは大変な量の運動が必要になるということなのです。

なるべく毎日ベースで、摂取カロリーを消費カロリー内におさまるように食事をしましょう。

まとめ

食事制限をしているのに痩せられないのには理由があります。

その多くがここでも紹介した糖質の量だったり、空腹のコントロールミスだったりとちょっとしたミスが命取りとなっているケースです。

まずはここで紹介したように

  • 糖質をしっかりとコントロールする
  • 栄養バランスを考える
  • 消費カロリー>摂取カロリー

これらの3つを守りながら食事制限を行なっていけば、必ずや痩せることができるはずです。

一気に1、2ヶ月でダイエットを成功しても、その後も続けていけないのであれば無意味なので、辛くなったり空腹を感じすぎたりした場合には、食事制限をゆるめて辛くならないレベルで行いましょう。

少しずつ、ハードルを上げながら食事制限をしていくようにしましょう。