痩せるダイエット運動法

2ヶ月で25kg!? 柳楽優弥が実践したダイエット方法とは?

子役で一躍有名となった柳楽優弥さん。一時期は体調不良が重なり芸能界を去っていた時期もありますが、最近になって再度映画やドラマで見かけるようになりました。そんな柳楽優弥さんは子役の時の可愛らしい感じから一気に大人びでかっこよくなったように見えますが、現在の姿になるまでに壮絶なダイエットをしたそうです。

そこで今回は、柳楽優弥さんが実践し、2ヶ月で25kg痩せたダイエット方法についてご紹介したいと思います。そして、柳楽優弥さんのダイエットが如何にスゴイかをお伝えしたいと思います。

柳楽優弥が実践したダイエット方法

まず、柳楽優弥さんが実践したダイエット方法についてご紹介します。紹介の前に、柳楽優弥さんの実践したダイエットは非常にストイックで過酷なものでした。2ヶ月25kg痩せるのも納得できるものです。正直これを2ヶ月こなせたことに驚くレベルのダイエット内容でした。

確かにダイエット効果は期待できるかもしれませんが、体調を崩したりリバウンドをするなどのリスクが伴うので、基本的にはオススメできません。実践する場合は自己責任でお願いします。あらかじめご了承ください。

バナナと温野菜しか食べない食生活

1日バナナ6本と、あとは温野菜のみの食事を2ヶ月徹底したそうです。低血糖やたんぱく質不足などさまざまなリスクが懸念されますが、柳楽優弥さんもダイエット中はめまいなどに悩まされていたようです。

2ヶ月で25kgの減量なので相当厳しい食事制限をしているということは想像できましたが、あまりに極端すぎる食事制限だと思われます。確かに痩せることはできると思いますが、痩せてもすぐにリバウンドする可能性が高いので、「絶対に維持してやる!」という強い気持ちがなければオススメできません。

そもそも体調不良などの弊害も出ているので、日常生活をしながらこの食生活を2ヶ月するのは厳しいでしょう。それをやり遂げた柳楽優弥さんは相当意思が固く、相当な努力をしたに違いありません。

アスリート並みに負荷のかかるトレーニング

バナナと温野菜のみという驚異的な食事制限に加えて、トレーニングはアスリート並みにハードなメニューをこなしていたそうです。それで倒れなかったことが不思議なくらいですが、一気に25kgを落とすとなると皮膚のたるみなども気になりますし、身体を絞らざるを得なかったのでしょう。

ちなみに運動は、低血糖状態の空腹の時に行うことが良いといわれています。それは、エネルギーになるはずの糖がないため、脂肪が燃やしやすくなるからだそうです。そのため、厳しい食事制限とハードなトレーニングは理に適っているといえますが、あまりに酷なメニューではないでしょうか。

相当「痩せてやる!」という強い意思と根気強さがなければ続けられないと思います。アスリート並みのトレーニングではなく、まずは自分の身体に合った強度のトレーニングを徐々に続けた方が継続しやすいでしょう。

あえて2ヶ月という短期間に設定

2ヶ月で25kgの減量とあるように、あえて2ヶ月という短期間でダイエットをすると決めていたようです。ダイエットは長期間で尚且つゆるやかに体重を落とした方がリバウンドのリスクもなく、身体にも減っていく体重が定着しやすいといわれています。

しかし、柳楽優弥さんの場合は2ヶ月という短期間で一気にやるというスタイルでダイエットに臨んだようです。長続きさせることが苦手な人、ゆるやかに色々我慢しながらダイエットを続けることが苦痛な人にとっては、2ヶ月で一気に自分を追い込んで結果を出すことは有効な方法かもしれません。

しかし、リバウンドは常に付き物だということを覚えておくべきでしょう。短期間で結果を出す分、元の生活に戻ってしまえばすぐに体重は戻ってしまいます。リバウンドのリスクが高い諸刃の剣と言えます。

柳楽優弥のダイエットのここがスゴイ

柳楽優弥さんは相当ハードなダイエットをして25kgの減量に成功したことがわかります。温野菜とバナナだけで2ヶ月過ごせる自信があるかと聞かれて答えられる方はごく僅かでしょう。また、それだけ厳しい食事制限をしておきながらアスリート並のトレーニングをしていたこともすごいです。

次に、そんな柳楽優弥さんのダイエットで何よりもスゴイと思える点を2点ご紹介したいと思います。リバウンドをしていない、その後も役作りで体重の増減を行っているなど考えられないことが多いです。

ダイエット後一切リバウンドをしていない

一番驚いた点が、柳楽優弥さんは25kgの減量に成功した後、一切リバウンドをしていません。もしかしたら数キロ増えるということはあったかもしれませんが、短期決戦タイプの方によくある、「1ヶ月経ったら元通り」という凄まじいリバウンドがなかったのです。

柳楽優弥さんのダイエット方法を見ている限り、先ほどから散々述べているようにリバウンドするリスクしかありません。相当強い意思と覚悟がなければ痩せたとしてもあっという間にリバウンドしてしまうでしょう。それがなかったということは、柳楽優弥さんの意思も覚悟も相当なものだったのだと思います。

子役から挫折し体調不良になり、一時期はバイトをして社会勉強をするなど役者としては波乱な道を歩んだ柳楽優弥さんだからこそできたのかもしれません。

現在は役に合わせてプラスマイナス10kgの調整が可能

柳楽優弥さんは現在も依然としてスレンダーな体型を保っています。最近になって映画やドラマに出演することが増えましたが、役作りとして最大10kgの体重の変動を操っているそうです。もはや自分の体重をコントロールできているのではないかと思えるレベルですよね。

2ヶ月で25kg痩せた体重を維持し続け、そこから仕事に応じてわざと10kg減らしたり増やしたりするというのは並大抵の気持ちではできないでしょう。短期の大幅な減量=リバウンドという考えも柳楽優弥さんには通用しなかったようです。

つまり、相当強い意思と覚悟を持って、どんな時もストイックに自分と向き合うことができれば短期間で痩せたとしても維持できるということではないでしょうか。それだけ強い思いを持ってダイエットをするのであれば、「ブランドの服を着る」「ウエディングドレスを着る」などのしっかりとした目標が必要になるでしょう。

まとめ

柳楽優弥さんのダイエット方法は非常に極端なものなので、体調を崩すリスクやリバウンドの恐れを考えてもあまりオススメできるものではありません。しかし、実際このダイエット方法を行ったご本人がリバウンドをしていないとなると、相当強い覚悟さえあれば出来てしまうのかもしれません。

しかし、柳楽優弥さんはダイエットの間家族に非常に支えられたと話しています。ハードなダイエットには第三者で協力してくれる人、見守ってくれる人が必要不可欠ということでしょう。

同じダイエット方法をして柳楽優弥さんのように痩せられるかは、恐らく個人差があると思います。また、とてもハードなメニューになるので自分の体調としっかり話し合いながら厳しい時は休むなど、決して無理をしないことが大切です。