本当に痩せるダイエットメソッド

お酒をやめるだけで良い!?禁酒ダイエットで1ヶ月-3kgも可能!

「お酒は太るから飲んではいけない。」「お酒を飲むとお腹がぽっこり出るよ。」「ダイエットするならお酒とタバコは辞めないと。」こんな言葉を1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ダイエットにおいてお酒は控えるべきものだといわれています。

そんな中効果があるといわれているのが禁酒ダイエット。お酒を断つダイエットですが、どのようにすれば痩せるのでしょうか。今回は禁酒ダイエットについて詳しく解説していきたいと思います。

禁酒ダイエットで痩せるための方法

まず、禁酒ダイエットで痩せるための方法をご紹介します。禁酒ダイエットとは文字通りお酒を飲まないダイエット方法ですが、お酒を飲まないというのは、人によっては甘い物や油物を控えるよりも辛いのではないでしょうか。

そこで、禁酒ダイエットで挫折しないためのコツを含めて解説していきたいと思います。禁酒ダイエットで何よりも大事なのはお酒を飲むと太るということを知ることです。その上で無理なく続けるようにしましょう。

お酒を飲まない・お酒=太ると意識する

禁酒ダイエットの方法は非常に簡単です。要は今まで飲んでいたお酒をやめれば良いのです。しかし、ただお酒好きな方や、今までお酒を飲む習慣が付いてしまっている方には少し厳しいですよね。大切なのは、お酒を飲むと太るということを常日頃意識することです。

何故お酒を飲むことで脂肪が増えてしまうのかという点については後述しますが、ダイエット中は甘いものと同じようにお酒は控えるべきだと言う方が非常に多い傾向にあります。それは禁酒ダイエットだけでなく、ほとんどのダイエット方法に共通しています。

お酒を飲むことで脂肪が増えるということを意識し、一度お酒を断ってみましょう。禁酒ダイエットで何よりも大切なのは、「お酒を飲まない!」という強い意思と、「お酒を飲むと太ってしまう。」という意識を常に持ち続けることです。

期間はとりあえず1ヶ月程度に設定する

お酒を飲まないだけのダイエットと言ってしまえば簡単ですが、お酒を飲むことを毎日または毎週の楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。お酒を飲むと気分も良くなりますし、毎日の疲れやストレスを発散させるために飲みに行く方も多いですよね。

そのため、お酒を飲まないだけのダイエットとは言いますが、お酒を飲まないことで逆にストレスが多くかかりすぎてしまう恐れもあります。ストレスが溜まるのを防ぐためには、お酒を飲まない期間を設定するようにしましょう。

あえて長期間に設定をするのではなく、まずは1ヶ月がんばってみましょう。1ヶ月の結果を見てご褒美デーとしてお酒を解禁する日を作っても良いですし、「まだ大丈夫そうだ。」と思ったらあと1ヶ月期間を延長してみても良いです。大切なのは無理をしすぎないことです。

どうしても飲みたい時には低カロリーのお酒を飲む

上記と少し似ていますが、どうしてもお酒を飲みたいと思った時は思いっきり飲んでしまいましょう。お酒の飲みすぎは確かに良くありませんが、少量であれば身体に良い効果をもたらすのもお酒の特徴です。

その時に大切なのは、糖質の少ないお酒を選ぶことです。甘いジュースが混ざったカクテルやプリン体という恐ろしいワードが出てくるビールは糖質の塊だと思ってください。禁酒ダイエット時にオススメなのは焼酎やウイスキーなどです。水割りやお湯割りにしていただきましょう。

また、痩せやすい身体をつくるために大切な栄養素ポリフェノールを豊富に含んでいるのは赤ワインだといわれています。また、レモンの果汁(生の果汁です)が含まれたお酒は食欲を抑える効果も期待できるので、禁酒ダイエット中はこれらのお酒を飲むことをオススメします。

お酒を飲むと何故太ってしまうのか

「お酒を飲むと太る!」というのは多くの方が共通して持っているお酒へのイメージだと思いますが、では何故お酒を飲むと太ってしまうのでしょうか。甘いジュースと混ぜたカクテルなどはまだジュースが入っているので太るのは理解できますよね。

しかし、中には口当りが辛く到底糖分が入っているようには思えないお酒もたくさんあります。製造過程を考えても「なぜカロリーが高いの?」と疑問に思うこともあるでしょう。お酒を飲むと太るといわれている理由をいくつか集めたので是非参考にしてください。

アルコールは糖質が高く高カロリーなものが多い

お酒を飲むと何故太るのか、と聞かれたときに一番多く言われている理由はアルコールの糖質の高さと高カロリーな飲み物が多いということでしょう。皆さんはお酒を飲むときにカロリーを見たことがありますか。100ml単位で記載されていますが、実際に飲む量に換算するとかなり高いお酒が多いことに気付くと思います。

また、カロリーだけ見るのもオススメできません。アルコールは糖質の高いお酒が非常に多く、乾杯する時に定番とされているビールはその代表格です。また、お酒を飲むとついつい高カロリーで脂っこいおつまみを食べてしまいますよね。それらによってさらにカロリーが増えてしまいます。

実際、普段の食事に加えてお酒を飲む量が増えたと同時に体重が増えたという方は多いのではないでしょうか。お酒もまた、甘いジュースなどと同じようにカロリーと糖質には十分に気をつけるべきお酒なのです。

お酒を飲むと身体がむくみやすくなる

お酒を飲んだ翌日顔がパンパンにむくんでいたり、全身の流れが停滞しているような感覚を感じたことはありませんか。気持ちよく飲んでいても翌日の体調が優れないという方も多いでしょう。お酒を飲むと身体がむくみやすくなってしまいます。

何故お酒を飲むとむくみやすいかというと、お酒を飲むことによって摂取されるアルコールを分解すべく水分が優先的に使われるようになるからです。すると身体は水分が足りなくなり、身体の巡りが悪くなってしまい結果むくんでしまうのです。

むくみを放置しているとセルライトの原因になる、便秘や冷えの原因になるなど身体にとって良くありません。便秘や冷え、セルライトは身体をどんどん痩せにくくさせてしまう恐れがあるので、むくみは常日頃から積極的に解消していくべきでしょう。

お酒が原因でお腹がぽっこりしてしまう

ビール腹というワードは多くの方が聞いたことがあると思います。ビール腹と聞くと、中年のサラリーマンがなるものというイメージを持つ方が多いと思いますが、実際には全ての方に襲い掛かるリスクでもあることを知っておくようにしましょう。

お酒でビール腹になる理由は、お酒を飲む人がお酒を飲まない人よりも内臓脂肪の蓄積が多くなるからだといわれています。お酒による下腹部のぽっこりがなかなか解消しにくいのも、内蔵脂肪を落とさなければいけないからなのです。

内臓脂肪は皮下脂肪を落とすよりも難しいといわれています。だからこそへそ周りについてしまったぷよぷよの脂肪を落とすことに四苦八苦する方が多いのです。ぽっこりお腹を解消するためにもお酒を断つことは効果的だといえるのではないでしょうか。

禁酒ダイエットで期待できる効果は

お酒に含まれるアルコール自体のカロリーが高いこと、糖質の高いお酒が多いこと、そして内臓脂肪が付きやすいという点からお酒を飲むと太りやすいということがわかりました。これだけ見ていてもいつも楽しみにしていた飲み会が怖くなりますね。

では、禁酒ダイエットをすることで身体にどのような効果を得ることができるのでしょうか。次に禁酒ダイエットによって期待できるダイエット効果について解説をします。禁酒ダイエットのモチベーションアップに繋げていきましょう。

摂取カロリーを抑えることができダイエットに効果的

禁酒ダイエットで期待できる効果として、普段毎日お酒を飲んでいた方がお酒を断つだけでその分カロリーの摂取量を抑えることができます。これはアルコールそのもののカロリーでもありますが、アルコール摂取時に食べるおつまみのカロリーなども抑えられます。

つまり、普段からお酒を飲むことが多い人ほど効果を得られると考えられるダイエット方法なのです。お酒を飲んでいる方にとってアルコールとおつまみのカロリーは食事全体の大半を占めます。それを断つことによって効率良くカロリー制限ができるのです。

しかし、お酒をやめたからと言って普段の食事を好きに食べたら良いわけではありません。しっかりとカロリー計算をしつつ、摂取カロリーが毎日の消費カロリーを上回らないように気をつけましょう。

肝臓が休められむくみの解消も期待できる

アルコールを分解させるのは肝臓の役割であり、常日頃から頻繁にお酒を飲んでいる方は肝臓が休みなく働いていると思ってください。人間の内臓も同じで、仕事をし続けていれば疲れてしまいますし、仕事の質も下がります。

そのため、肝臓のアルコールの分解能力が下がり、悪酔いしやすくなったり、体内にアルコールが残ったまま翌日を迎えるなんてことも増えてしまう可能性があります。そしてそれらはむくみの悪化にも繋がります。

まずむくみを解消して身体のラインを整え、痩せやすい身体を作るためにもお酒をやめることが効果的だといわれています。お酒をやめて肝臓を休めることで、肝臓が今まで通りに動けるようになるからです。健康面を考慮しても、肝臓は是非労わって欲しい臓器の1つです。

まとめ

今回は禁酒ダイエットについて解説を行いました。禁酒ダイエットは、お酒を普段から飲んでいる人ほど効果が期待できるダイエット方法ですが、毎日ではなくても習慣的にお酒を飲んでいる人にとっても、肝臓の疲れやむくみの解消など良い効果がもたらされると考えられます。

禁酒ダイエットで一番学べることは、アルコールのカロリーの高さと糖質の高さです。そして何より、アルコールを飲むことによってどれだけ摂取カロリーが上乗せされていたのか知ることができるでしょう。飲んだ後のラーメンなんてダイエッターにとっては最悪ですよね。

禁酒ダイエットをすることによってカロリーを抑えることはもちろん、おつまみ類を食べなくなったり、その分体内を循環する水分量も増えるのでむくみの解消にも繋がります。また、肝臓を休ませることで本来の肝臓の働きを取り戻すことが可能なので、健康面にとっても良い効果がたくさんあります。是非一度試してみてくださいね。