本当に痩せるダイエットメソッド

セレーナ・ゴメスが激太り!?実践した3つのダイエット方法とは

アメリカのティーンを中心に大人気のセレーナ・ゴメスさん。ジャスティン・ビーバーさんとの交際なども話題になり、ハリウッドセレブの中でも非常に知名度は高いですよね。しかしそんな彼女も、多くのハリウッドセレブが歩んできたように激太りを経験していたのです。

今回はそんなセレーナ・ゴメスさんが激太りを解消するために実践したダイエット方法を3つご紹介したいと思います。併せて、セレーナ・ゴメスさんがダイエットする上で大切にしてきたこともご紹介するので是非参考にしてください。

セレーナ・ゴメスが実践したダイエット方法3つ

最初にセレーナ・ゴメスさんが実践したダイエット方法を3つご紹介します。「セレブのダイエットだからどうせ高い物を使っているんでしょ。」と思うかもしれませんが、今までのハリウッドセレブ発のダイエット方法を見ていても、すぐに実践できそうなものが非常に多いです。

セレーナ・ゴメスさんも例外ではなく、少し意識をすれば多くの人が日常生活に取り入れることができそうなダイエット方法でした。是非自分のダイエットへの参考にしてみてくださいね。

アーモンドミルクを飲む習慣をつけた

ローラさんも飲んでいるというアーモンドミルクは女性に嬉しい効果がたっぷり含まれています。ダイエット中はおやつとしてアーモンドを食べると良いということを聞いたことがありませんか。アーモンドには脂肪の燃焼を促進させるオレイン酸がたっぷり含まれていることで知られています。

また、鉄分も豊富に含まれているので貧血気味な女性にもピッタリです。その他にもビタミンなど栄養素が豊富に含まれているため、ダイエット中に不足しがちな栄養を補給するという点でもアーモンドミルクは重宝できます。

味はほんのり甘いミルクといった感じで、普段食べているシリアルにかけるのも相性が良いと思います。また、アーモンドミルクを使ってスープを作ったりなど普段の料理にも取り入れられるので是非使ってみてはいかがでしょうか。

食事にピクルスなどの酢の物を取り入れた

ハンバーガーやホットドックなどアメリカで多く食べられているジャンクフードについているのがピクルスですが、実はピクルスにはダイエット効果があるといわれています。ピクルスはお酢を中心に作られた液に野菜を漬け込みますが、お酢は身体の代謝をアップさせる効果が期待できるそうです。

また、お酢には食欲を抑える効果も期待できるため、ドカ食いを避けることにも繋がるそうです。きゅうりやセロリ、パプリカ、玉ねぎが漬けられることが多いですが、食物繊維やカリウムが豊富なので腹持ちも良くむくみ予防にもピッタリです。

市販のピクルス液が苦手なら自作することもできます。案外簡単に作ることができますし日持ちもするので自宅で作り置きしてみてはいかがでしょうか。サラダのアクセントとしてもオススメですし、お肉や魚料理の付け合せにもピッタリです。

ダンスやスイミングなどの運動を行った

セレーナ・ゴメスさんは食事制限のほかにダンスやスイミングなどの運動を積極的に行っていたそうです。もともとセレーナ・ゴメスさんはアーティストですしいつも激しいダンスのパフォーマンスを行います。ダンスレッスンも良い運動になったのでしょう。

ダンスは音楽のリズムに合わせて身体を動かすエクササイズなので、走る・歩くなどの単調なエクササイズが苦手な方も楽しんで続けることができると思います。ダンスの多くは体幹を鍛えられるので、筋肉量も増えて痩せやすい身体を作ることができます。

また、スイミングは運動の中でも消費カロリーが非常に高いエクササイズです。ダイエットをしたいなら是非取り入れるべきでしょう。そこまで大きな負荷をかけてしまうと身体が逞しくなってしまうので、適度な負荷でゆっくり泳ぐだけでも構いません。水の中にいるという時点で身体には大きな負担になっているので、それ以上の負荷をかける必要はないといえます。

セレーナ・ゴメスが激太りした原因とは

ここまでセレーナ・ゴメスさんが実践していたダイエット方法をご紹介しました。ピクルスなどは好き嫌いが分かれてしまうかもしれませんが、比較的日常生活に取り入れやすいものばかりだと思います。ダンスも音楽を鳴らして身体をがむしゃらに動かすだけでも有酸素運動の効果はあります。

次に、そんな彼女が何故激太りをしてしまったかについてご紹介したいと思います。ハリウッドセレブの多くは一度激太りを経験していますが、やはりアメリカ特有の食生活にも原因があるようです。

ジャンクフード中心の食事が大好きだった

セレーナ・ゴメスさんの現在の美しいプロポーションからは想像ができませんが、彼女はかなりジャンクフードが好きだったそうで、毎日の食事もジャンクフード中心だったそうです。また、ジャンクフード以外にもチョコレートが大好きで普段からたくさん食べていたなど、むしろ何故激太りが報道されるまでスレンダーな体型だったのか不思議に思えるほどです。

ジャンクフードやチョコレートと聞くとダイエッターの方であれば思わず頭を抱えてしまいそうな食事内容ですよね。恐らく長い期間そのような食生活を続けていたツケが身体に来てしまったのではないかと思います。

若い頃の食生活は年を重ねてから反映されるとも言いますし、恐らくセレーナ・ゴメスさんが激太りした理由には、昔からの偏った食生活が含まれていると思います。

精神的にとても不安定な時期があった

セレーナ・ゴメスさんは精神的にとても不安定な時期があったそうです。ストレスは食欲を増進させてしまうリスクを高めますし、ダイエット中もストレスはなるべく発散することが大切だといわれています。

セレーナ・ゴメスさんが太った理由としても、恐らくストレスによるドカ食いなどの過食があったのではないかと考えられます。また、ストレスホルモンが分泌されると太りやすくなるということもいわれているので、ストレスが溜まった上にドカ食いをしていたとなれば激太りは避けられなかったでしょう。

精神的な問題は解決が非常に難しいですし、本人が気付かずに溜め込んでいる場合も多いです。このように激太りなど身体に症状が出る前にストレスや悩んでいることを吐き出せる環境が必要だといえるでしょう。

大切なのは自分の姿に自信を持つこと

セレーナ・ゴメスさんがダイエットを通じて大事にしてきたことは「自分の姿に自信を持つこと。」だそうです。現に激太りした以降、セレーナ・ゴメスさんには「太りすぎ」という批判がたくさん来たそうです。

しかし彼女は一貫して「それでも自分の身体が好きよ。」と言っていたようです。どんな自分の姿でも自分だけは受け入れるという姿勢が彼女をダイエット成功に導いたのかもしれません。

体型に悩んでいる多くの方は「どうせ自分なんて…。」と思っているでしょう。しかし、自分を肯定して自信を持つことでダイエットを続けるモチベーションをキープできるのではないでしょうか。周りの人が否定しているからと自分を否定するのではなく、自分が自分自身の理解者になってあげることも大切です。

まとめ

セクシーで可愛いということで同世代の女性から爆発的な人気があったセレーナ・ゴメスさん。ジャスティン・ビーバーさんの交際相手としても話題になりました。アーティストとしても素晴らしい彼女でしたが、激太りに悩んでいた時期があったのです。

セレーナ・ゴメスさんが実践したダイエット方法は、大きく分けて食生活の改善と積極的にエクササイズを行うという方法です。ピクルスやアーモンドミルク以外にも、アボカドを積極的に食べたり日本食を食べる機会も多かったそうです。

そして彼女は見事スレンダーな体型を取り戻しましたが、大切なのは「どんな自分の姿にも自信を持つこと」です。自分はダメだ、太っていると思うことでモチベーションをキープする方も多いと思いますが、そのモチベーションもいつまで続くかわかりません。どんな自分も受けて入れた上で、さらに自分を良くしていくという方が前向きに考えられるのではないでしょうか。