本当に痩せるダイエットメソッド

我慢できない人必見!食べて痩せる方法を3つご紹介!

きつい食事制限や運動が辛くて、いっそのこと食べて痩せる方法があれば良いのにと思ったことはありませんか。食べながら痩せることができれば、皆さんダイエットに失敗することなんてないですよね。

しかし、実際には食べて痩せる方法は存在します。そこで今回は食べて痩せる方法と、食べているのに痩せている人の特徴を中心に解説していきたいと思います。食べて痩せるなんてあり得ないと思ったり、「自分は太りやすい体質だから…。」と諦めないことが大切です。

食べて痩せるにはどのようにすれば良いか

まず、食べて痩せるにはどのようにすれば良いのか方法をご紹介します。食べて痩せるというのは夢のように聞こえますが、できればダイエットの最終目標にして欲しいことでもあります。食べて痩せるのではれば、ダイエット成功後もリバウンドのリスクが格段に減るからです。

食べて痩せるには、その分運動や食事の内容に気をつける必要があります。基礎代謝や腸内環境、低GI値食材などダイエットだけでなく健康面においても大切な要因が多く関わってきますので、是非参考にしてください。

運動をして筋肉をつけて基礎代謝を上げる

何を食べても太らない、食べても痩せるなんて夢のように聞こえますが、それは不可能ではありません。基礎代謝を上げることによっていくら食べても太りにくい身体を手に入れることができるのです。

基礎代謝とは、身体が動いていない状態で消費するカロリーであり、つまり何もしなくても勝手に消費してくれるカロリー数だと思ってください。基礎代謝が高い人の多くは太りやすい方が少なく、基礎代謝を上げることによって今までよりも楽に痩せることも夢ではありません。

基礎代謝を上げるには筋肉を鍛えることが一番有効的です。普段のダイエット習慣に是非筋トレを取り入れてみましょう。筋トレをすることによって身体も引き締まるため、ただ脂肪が減っただけの不健康そうな見た目ではなく、メリハリのついた美しいボディラインを手に入れることができます。

低GI値の食品を積極的に食べるようにする

食材によってGI値と呼ばれるものが設定されています。このGI値とは、簡単に言うと血糖値の上がるスピードを表す数値であり、この数値が高ければ高いほど血糖値の上がるスピードが速いということになります。

血糖値が急激に上がることで考えられるリスクは、普段よりも多く食べてしまう・脂肪を作りやすくなってしまうなどが挙げられます。つまり、ドカ食いと余計な脂肪がつくのを防ぐためにはなるべく血糖値の上昇を抑えた食事をするべきなのです。

高GI値の食材として代表的なのがパンや白米、白砂糖など「白い」食材といわれています。逆に低GI値の食材は黒砂糖や玄米、ライ麦などといわれているので、普段の主食や糖類の質を変えるだけでもダイエット効果が期待できるといえるでしょう。

腸内環境を整えて脂肪を溜め込みにくい身体にする

痩せ菌デブ菌というのを聞いたことがある方は多いと思います。腸内には悪玉菌、善玉菌と呼ばれるものがあり、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌などが元から多い方は痩せやすい方が多いといわれています。

逆に、悪玉菌の比率が多い方の多くが、脂肪を溜め込みやすく太りやすい体質である傾向があるといわれています。食べて痩せるためには腸内環境を整えることが必須といえるでしょう。腸内環境を整えるためには生きたまま腸に届く乳酸菌が含まれたヨーグルトなどを摂取することがオススメです。

また、腸内細菌は夜間に活発に働くといわれています。そのため、ヨーグルトなどを食べる時間帯は寝る前などの夜がオススメでしょう。腸内環境が整うと基礎代謝もアップするので食べて痩せるためには腸をキレイにすることを意識することが大切です。

食べても痩せている人は何故痩せているのか

次に、食べても痩せている人が何故痩せているのかについてご紹介したいと思います。甘いお菓子や脂っこい食事などを好んでしているのに何故か痩せている人って周りに必ず一人はいると思います。そのような方を見ていると、自分と何が違うのか思わず比べてしまいますよね。

遺伝的なもの、体質的なものはどうすることもできませんが、日頃の生活習慣が「痩せる生活習慣」に知らずになってる方も多いのが現状です。そのような人たちはどのような生活をしているのか見ていきたいと思います。

意識せずに動き回っていることが多い

「全然運動してないよー。」と言っていても、運動と意識していないだけでかなりこまめに動き回っている方が多い傾向にあります。例えば、休日も家に閉じこもっているだけでなく外に積極的に出て歩いたり、職業上身体を動かす機会の多い方は運動と意識していなくても動いているかもしれません。

散歩やジョギングがストレス発散だと自然に毎日歩く距離が長いという方も多いですし、痩せている方は意識していないだけで運動量が高く、その分エネルギーの消費が行われているのではないかと考えられます。

普段からインドアの方は特に意識しなければ外に出て動くなんてできませんよね。しかし、日々の料理や掃除中などにも少し意識するだけで運動量を上げることができます。徐々に日常生活での運動量を増やし、それを習慣にしていってみてはいかがでしょうか。

毎日の食事が自然とヘルシーなものになっている

先ほど食材のGI値について解説をしましたが、食べても痩せている方の多くの共通点が、「日頃からヘルシーな食材を好んで食べている」という点です。つまり、意識していなくても毎日の食事で、低GI値で栄養のある食材を食べている機会が多いんですよね。

お菓子やケーキが嫌い、揚げ物が嫌いということであればどんなに良かったかと考える方もいると思いますが、太る原因となるような食材を嫌う方もスリムな方が多い印象を受けます。食べても痩せている人は、がむしゃらに何でも食べているのではなく、しっかりと栄養のある食材を自然に取り入れているといえるでしょう。

今までジャンクフードや脂っこい食べ物を好んで食べていた方にとっては意識して取り入れるしか方法はありません。自炊などを習慣にして積極的にヘルシーな食材を料理に使っていくようにしてみましょう。

食事に時間をかけてよく噛んで食べている

人間が食事を始めてから満腹感を得るまでに、20分ほどかかると言われています。早食いの人が太りやすいといわれているのは、満腹感を得るまでに必要以上にたくさん食べてしまっているからだといわれています。

つまり、ゆっくり食べれば少量で満足できるはずなのに、満腹感を得られない20分の間にたくさん食べてしまうからカロリーオーバーになってしまうのです。食べていても痩せている人の多くは、食事の時間が長くよく噛んでゆっくりと食べている印象があります。

そのため、1口30回を心掛けてよく噛むことをまずは意識してみてはいかがでしょうか。よく噛むことは顔の筋肉を動かすことにも繋がるので、小顔トレーニング効果も期待できます。食事の時間を増やすことで、摂取カロリーも自然と減らすことができるでしょう。

体内の痩せ菌が多い・体質的に太らない

ギャル曽根さんのように、何を食べてもどれだけ食べても太らない人は確かに存在します。その場合、羨ましい限りですが遺伝や体質的な問題だとしかいえません。基礎代謝が高いわけでもヘルシーな食事を食べているわけでもなく痩せの大食いの方はいます。

この場合はどうしようもできませんが、生まれつき体内の痩せ菌が多いという方もいます。これは前述した腸内のビフィズス菌や乳酸菌のことです。生まれつき痩せ菌の多い腸内環境の方もまた太りにくいといえるでしょう。

腸内環境に関しては、遺伝や体質関係なく痩せ菌を増やすことは可能です。痩せ菌を増やすためにはヨーグルトなど乳酸菌が多く含まれた食材を摂取すると良いでしょう。乳酸菌を摂ることを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

食べても太りにくい身体は作ることができる

遺伝や体質の問題であればどうすることもできませんが、ある程度までは食べても太りにくい身体を作ることは可能といえます。方法は、腸内環境を整えたり、筋トレをした基礎代謝を増やすなどたくさんあります。

また、毎日の食事内容を一度見直し、低GI値の食材や栄養の豊富な食材を積極的に摂取することもオススメです。よく噛んで食べるなど、日頃の食生活習慣を少しずつ変えることで身体を変えていくことができるので、できることから実践してみてはいかがでしょうか。

食生活以外にも、毎日何かと動いている人、運動と意識していないけど身体を動かすことが多い人なども痩せている印象を受けます。普段あまり動くことがないと自覚している方は、特に少しずつ身体を動かしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

食べて痩せる方法と聞くと一見夢のようなものに思えてしまいますが、毎日の生活習慣を少しずつ変えるだけで食べても太りにくい身体を作ることは可能だといえます。筋トレをして筋肉量を増やし基礎代謝を上げるのは、代表的な方法といえるでしょう。

また、腸内環境を整え体内に痩せ菌を増やすなど、元々腸内環境が良くて太りにくい方と同じ身体の状態にすることも不可能ではありません。夜にヨーグルトなどの乳酸菌が含まれた食材を摂取することをオススメします。

ヘルシーな食事を心掛けていたり、自然と動くことが多いなど食生活や日々の運動量などで、痩せている人には必ず「何か」痩せる要因があります。日頃の自分の生活習慣を見直しつつ、取り入れられるものから取り入れてみてはいかがでしょうか。