本当に痩せるダイエットメソッド

お腹のお肉は落ちにくい?腹回りが痩せない3つの原因とは

他の部位は痩せてきているのに、なぜか腹回りのぶよぶよだけが落ちない…。そんな経験はありませんか?腹回りのお肉は非常に痩せにくいということに定評があります。手足も細くすっきりしているのに、何故か腹回りだけプヨプヨという方も少なくありません。

そこで今回は、腹回りのお肉が痩せない理由と、腹回りを痩せるためにはどのようなことをしたら良いのか解説していきたいと思います。すっきりウエストを目指して是非参考にしていただければ幸いです。

腹回りがなかなか痩せない理由とは

まず、腹回りがなかなか痩せない理由について解説をしたいと思います。女性が痩せたいと思う部位のTOP3には必ず入る腹回り。銭湯などでも、全体的に細いのに何故かお腹のお肉だけ妙についているという女性はいますよね。

他が痩せているのに腹回りだけ痩せないことには理由があります。それは女性特有の原因であったり、皮下脂肪が落ちる順番にも関係しています。ここで原因を知り、それを活かして腹回り痩せを成功してもらえたら幸いです。

胎児を守るための女性特有の体質だから

元々女性の身体は下腹部を中心に皮下脂肪がつきやすくなっています。それお腹の中で子供を育て、出産するためだからです。分厚い皮下脂肪も胎児を守るためなんですよね。そのため、太った時に腹回りに肉がつきやすかったり、痩せてもなかなか腹回りが落ちないのは言ってしまえば仕方がないことなのです。

生命活動の維持のためと思えば人体の神秘にも思えますよね。しかし、スラッとしたウエストが美しいといわれている昨今、見た目の美しさを重視したい方は非常に多いはずですが、女性は腹回りに肉が付きやすい体質であるということをまず知っておきましょう。

健康な身体で赤ちゃんがすくすくと育ち、元気に生まれてくれるためには必要不可欠なのです。逆に男性のウエストがすっきりしている(ビール腹を除く)ことが多いのも、この女性との違いと思って良いでしょう。

皮下脂肪が溜まってしまっているから

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪とあります。内臓脂肪の場合は常に代謝が行われている為比較的燃えやすい脂肪として定評がありますが、皮下脂肪はかなり落ちにくいといわれています。そもそも、皮下脂肪は飢餓状態に備えて蓄えられる脂肪なので、そう簡単に落ちることはありません。

また、皮下脂肪は基本的に痩せる順番が身体の先端から中心にかけての順番になるそうです。つまり、足首や手首から徐々に中心に寄っていくという流れになるので腹回りが痩せるのも他の部位に比べて時間がかかる傾向にあります。

そのため、腹回りを痩せようとエクササイズや食事制限を行っても別の部位が痩せるばかりで、なかなか腹回りが痩せないと感じるのはそれが原因なのです。腹回りはお尻に次いで最後から2番目に痩せるので、どうしても効果が感じにくいです。

食べなさ過ぎて脂肪を溜め込むようになっている

ダイエットでありがちな失敗が、食べなさ過ぎることです。早急に結果が欲しくてつい無理な食事制限をしてしまう方が多いですが、その食事制限こそが腹回りが痩せにくくなっている原因である可能性もあるのです。

前述の通り、皮下脂肪は飢餓に備えて蓄えられる脂肪です。ダイエットなどにより極端な食事制限を行うと、身体はすぐに「栄養が入ってこなくなった!これは危ない!」と飢餓の危険性があることを警告します。

すると、飢餓に備えて脂肪をさらに溜め込みにやすくなり、さらには入ってきた食材の栄養の吸収率が上がってしまうのです。ダイエットのために良かれと思ってやっていることが、逆に腹回りの脂肪を溜め込もうとされてしまっている可能性も高いのです。

腹回りが痩せるようにするために必要なこと

次に、腹回りが痩せるようにするために何をすれば良いのか解説していきたいと思います。腹回りは前述のとおり、かなり瘦せることが大変な部位です。瘦せる順番も遅いですし、飢餓に備えて脂肪を蓄えてしまうので、一度ついてしまったら取り除くのも一苦労です。

つまり、腹回りを痩せたいのであれば、地道に長くダイエットを続けていくしか方法はありません。腹回りの脂肪を綺麗に落とすためにはどのようなことが必要なのか詳しく見ていきましょう。

極端なカロリー制限を避けてバランス良く食べる

極端にカロリーを制限してしまったり、栄養バランスを偏らせてしまうと、身体が飢餓状態になりさらに脂肪を溜め込みやすくなります。そこで大切なのが、毎日一定の栄養バランスとカロリーを意識してしっかりとした食生活を行うということです。

日によって食事の量にあまりに大きな差があると、身体は「食べれるうちに栄養を摂っておこう」と栄養の吸収率が上がるといわれています。なるべく毎日同じ量で栄養バランスの整った食事を心掛けましょう。

もちろん、ドカ食いしてしまった翌日に食事を減らすなどの調整はしても構いません。しかし頻度は少なめにするようにしましょう。食べなさ過ぎは太る原因となるので、決して無理のない食事量でたんぱく質やビタミン、ミネラルを中心に日々の食事に取り入れていくことをオススメします。

筋トレをして筋肉量を増やし基礎代謝を上げる

脂肪を燃焼させるためには、基礎代謝を上げることが一番手っ取り早いともいわれています。基礎代謝とは、身体が動いていない状態で消費するカロリーの量であり、基礎代謝が高ければ高いほど楽に痩せることができます。

基礎代謝が高ければより効率よく脂肪を燃やすことも可能なので、しつこい腹回りの脂肪ともお別れできるでしょう。基礎代謝を上げるには身体を温めるなどの方法がありますが、一番のオススメは筋トレをすることです。

筋トレであればお腹周りを鍛えることもできますし、腹回りの脂肪が落ちた時に筋の通った綺麗なウエストを手に入れることも夢ではありません。筋肉量が増えることによって基礎代謝は格段に上がるので、是非エクササイズに筋トレを取り入れてみましょう。

まとめ

腹回りの脂肪は皮下脂肪が溜まっている場合が非常に多いと思います。皮下脂肪が溜まる原因としては、食べ過ぎや飲みすぎはもちろん、極端なダイエットをして食べなさすぎて脂肪が溜め込みやすくなってしまっている可能性があります。

元々女性の体質上、腹回りの脂肪はつきやすく取れにくい非常に厄介な存在です。だからこそ、日頃から皮下脂肪が必要以上に付かないように気をつける必要があるのです。高い基礎代謝を維持し、毎日安定した栄養バランスと食事量を心掛けることが大切です。

筋トレは基礎代謝を上げることにも繋がりますし、ウエストのシェイプアップにも繋がるので是非実践してみてください。皮下脂肪が落ちるまで多少時間がかかりますが、根気強くダイエットを続けていくようにしましょう。