本当に痩せるダイエットメソッド

カロリーの消費率が上がる!?帳消しダイエットのやり方と効果

ダイエット中に糖質の多く含まれた炭水化物や、脂質の多いお肉や揚げ物などを控える人は非常に多いと思います。しかし、好きな物を我慢し続けるというのもとても大変ですよね。我慢のしすぎはストレスにつながり、最終的にリバウンドを引き起こしてしまいます。

そこで今回は、カロリーの消費率を上げて好きな物を食べられる「帳消しダイエット」について解説をしたいと思います。メリットや気をつけるべき点なども併せてご紹介するので是非参考にしてください。

帳消しダイエットのやり方と食べ合わせの例

まず、帳消しダイエットのやり方についてご紹介したいと思います。帳消しダイエットはとあるテレビ番組で取り上げられ、実践した芸能人がたった3週間で大きな成果を上げたことから話題になりました。

そこで、帳消しダイエットのやり方のほかに、番組でも紹介された食事の組み合わせをいくつかご紹介したいと思います。ダイエット中はタブーといわれているような料理も食べ方を工夫すればダイエットに活かすことができます。是非参考にしてください。

カロリーをプラスして消費カロリーを上げることが可能

まず、帳消しダイエットがどのようなものなのかを説明します。これは、「食事の組み合わせを工夫することで、対象の料理単体で食べるよりも消費カロリーの量を上げてダイエットをする」というものです。

簡単に言うと、ただでさえカロリーの高い料理に、さらにカロリーを追加することで、その料理単体で食べるよりも痩せやすくなるということです。あまりに信じられないような話ですよね。

そこで、帳消しダイエットに使われる食事の組み合わせの例を2つご紹介したいと思います。ダイエット中に食べるのを躊躇してしまうようなメニューも、少し食べ合わせを変えるだけでダイエット効果を生み出すからすごいですよね。「ダイエット中だから食べるわけにはいかない!」と神経質になってしまうのを防ぐこともできるので、ストレスの軽減にも繋がるでしょう。

帳消しダイエットの例:焼肉とコーヒーの組み合わせ

コーヒーには、余分な脂肪を吸収して排出させる働きが期待できるといわれています。そのため、ダイエッターの中でも日頃ブラックコーヒーを積極的に飲んでいる方は多いのではないでしょうか。代謝アップも期待できるので、痩せたいなら是非飲むことをおすすめします。

焼肉で使用される肉や油は、体脂肪に変化しやすいと定評があり、ダイエットのご褒美に焼肉に行くと考えるほど普段の生活で焼肉を避けている方は多いと思います。焼肉はダイエッターの中ではご法度とも言うべきメニューでしょう。

しかし、ブラックコーヒーとセットにして食べることで、ブラックコーヒーが余分な体脂肪を輩出する働きを発揮してくれるため、普通に焼肉を食べるよりもカロリーの消費量が格段に上がるのです。どうしても焼肉に行く場合も、是非ブラックコーヒーを積極的に飲んでみてはいかがでしょうか。

帳消しダイエットの例:ラーメンとチャーシュー

ダイエット中でも豚肉は摂取すべきだという声は非常に多いです。その理由は、豚肉にはたんぱく質やビタミンBなどダイエットに欠かせない栄養素が豊富に含まれているだけでなく、脂肪や糖質を代謝しやすくする成分も含まれているといわれているからです。

ラーメンと言えば、まさに脂肪と糖質の塊ですよね。種類にもよりますが、大抵のラーメンはたくさんの麺と油の入ったスープがメインとなっています。ラーメンが好物だという方も、ダイエット中は泣く泣く諦めている方も多いのではないでしょうか。

そんなラーメンの偏った栄養を整えてくれるのがチャーシューの存在なのです。豚のチャーシューは前述の通りビタミンやたんぱく質が豊富で、尚且つラーメンに大量に含まれる脂肪と糖を代謝しやすくする働きが期待できるため、ラーメンだけで食べるよりも効率良くカロリーを消費することが可能なのです。

帳消しダイエットのメリットとは

ラーメンや焼肉のほかに、ハンバーグやファーストフードなどダイエット中は避けることが多いメニューも、食べ方を変えれば効率良くカロリーを消費することが可能だということがわかりました。正直、カロリーの高い料理にさらにカロリーを重ねて大丈夫なのかと不安になりますよね。

そこで、次に帳消しダイエットのメリットについてご紹介します。好きな物を食べられることはもちろんですが、好きな物を食べることに関して罪悪感をあまり持たずに済むというのも嬉しい話ですよね。

極端なダイエットが不要なのでストレスが少ない

帳消しダイエットは、どちらかというと普段の食事の中で食べあわせを工夫するダイエット方法になるので、従来のダイエットのような極度の食事制限やハードな運動などの強制がありません。そのため、痩せるスピードもそこまで速いわけではありませんが、ストレスなく続けることができるでしょう。

「痩せるにはこれくらいしないとだめ!」と食事制限や運動をやろうとする方も多いと思いますが、まずはストレスによるホルモン分泌でさらに太りやすくなってしまう恐れがあることを知っておくようにしましょう。

ストレスによって暴飲暴食をしてしまいリバウンドしてしまうという方も非常に多いです。そのため、ストレスを軽減させるという目的としても帳消しダイエットはぴったりではないでしょうか。

ダイエットでは控えがちな食事も気にせず食べられる

ダイエット中は脂っこいものや糖質を避ける傾向にあります。しかし、最初は我慢していてもダイエットを続けていくうちにある時強烈な食欲が沸き起こることがあるんですよね。その食欲によって挫折してしまう方も少なくありません。

しかし、自分の好きなメニューを食べたとしても、消費カロリーを上げるために適したものを合わせることができるなら、通常の食事をするよりも罪悪感が減るのではないでしょうか。

前述しましたが、我慢すれば良いというものではありません。十分な栄養を摂るためにもしっかり食事をしなければいけません。帳消しダイエットは、ダイエット中にも自分の好きなメニューを食事に取り入れやすくなるという点も大きな魅力でしょう。

帳消しダイエットをする上で気をつけるべきこと

次に、帳消しダイエットをする上で気をつけるべきことをご紹介します。帳消しダイエットはダイエットによるストレスの軽減や、食事をそこまで我慢せずに食べられるなどとても魅力的なメリットがたくさんあります。

しかし、そのメリットを活かすためにはやはり限度というものが必要になってきます。一番大切なのは、帳消しダイエットをしているという事実に甘えすぎないということです。身体の脂肪を減らすというダイエット中であるという意識を常に持つようにしましょう。

完全には帳消しにならないということ肝に銘じる

帳消しダイエットという名前が付いてはいますが、100%カロリーが帳消しになるわけではありません。そこをまず理解するようにしましょう。毎日焼肉やラーメンなどを食べていてはもちろん痩せることはできません。

ダイエットにおける大前提は、消費カロリーが摂取カロリーを上回っているということです。1kgの脂肪を落とすために約7,300キロカロリーを消費しなければなりません。つまり、毎日の生活で摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなければ1kg痩せることすら実現できないのです。

帳消しダイエットは完全にカロリーが帳消しになるわけではなく、あくまで消費カロリーを上げるためのダイエットです。全く食事制限や運動をしないというのはオススメできません。

長期的にダイエットする必要がある

帳消しダイエットだけなのか、または帳消しダイエットを自分が今行っているダイエットの中に組み込むのかで効果に差は出てきます。帳消しダイエットをメインに行う、つまり普段の食事の中で食べ合わせを変えるようにするのではれば、相当な長期戦になることは覚悟しておきましょう。

前述しましたが、ダイエットは消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。普段の食事がそもそもカロリーオーバーであれば痩せられる可能性も低くなりますし、上回っていた場合でも微量の消費カロリーしか残らず痩せるスピードが遅くなるでしょう。

効率良く瘦せるためには、ある程度の食事制限や運動をしつつ、たまにこってりしたものを食べてしまった時に帳消しダイエットを取り入れることがオススメです。それだけでダイエットをするのなら効果が出るまで時間がかかると念頭に入れておきましょう。

まとめ

帳消しダイエットという名前が付いているので誤解してしまう方も多いですが、実際には帳消しダイエットは料理のカロリーを全て消すわけではありません。あくまで消費カロリーの量を上げるための食べ合わせであるので、何を気にせずに食べたいものを食べ続けたら瘦せる可能性も低くなるでしょう。

しかし、ダイエット中に躊躇されやすい料理の消費カロリーが上がるということで、ダイエット中に食べても罪悪感を得にくくなったのは良い点だと思われます。時々のご褒美として活用してみてはいかがでしょうか。

帳消しダイエットは、ダイエットの一番の問題であるストレスの軽減にも役立ちます。毎日の食事制限と運動に疲れてきてしまっている方は、是非一度思い切って帳消しダイエットをしてみてはいかがでしょうか。