部位別に痩せるダイエット法

部位別セルライトのマッサージ方法を解説!マッサージのコツもご紹介

セルライトというのは、脂肪が凝り固まった状態の脂肪の塊だと思ってください。ぎゅっとお腹や太ももを握るとでこぼことしたものが見えると思います。余程太っていない限り何もしない状態で見えることはありませんが、セルライトは痩せていても太っていても女性のほぼ半数にあるといわれています。

そこで今回はお腹と太ももの部位別に、セルライトのマッサージ方法を解説したいと思います。マッサージをする上でのコツなども併せてご紹介するので、セルライトが気になる方は是非参考にしていただけると幸いです。

お腹のセルライトのマッサージ方法

お腹のセルライトは、お腹をぎゅっと掴むとでこぼことしている塊が見えると思います。お腹にセルライトができてもわかりにくいのは事実ですが、セルライトは燃焼しにくい脂肪なので早く対処するべきです。セルライトのマッサージは基本的にセルライトを揉身ほぐすように行われます。

痛いと思いますが、ぎゅっぎゅっと潰すことで凝り固まったセルライトをほぐすことが可能です。そこで、詳しくお腹のセルライトのマッサージ方法についてご紹介するので、是非試してみてください。セルライトはリンパの流れをスムーズにして温かい状態で行うとほぐしやすいといわれています。

お腹をグルグルと時計回りに揉んでリンパを流す

まず、お腹に手を当てて軽く押すくらいの力で時計回りにグルグルと回してください。ゆっくり10回グルグルと回すことを5回ほど繰り返すことをオススメします。10回グルグルと回したあとは、足の付け根に向かってリンパを流すように手を下に下腹部に向かって移動させましょう。

このマッサージをすることによってお腹に溜まっていたリンパをスムーズにすることができ、血行促進などの効果が期待できます。血行が促進されるとお腹がポカポカしてくるので、よりセルライトがほぐしやすくなるのです。

また、時計回りにグルグルと回すことで腸の動きに刺激を与えることができます。腸の流れをスムーズにさせることが可能なので、マッサージしてしばらくしたらトイレに行きたくなったという方もいます。便秘解消にもオススメのマッサージなので是非日課にしてみてください。

お腹の肉を満遍なく掴んで揉みほぐす

リンパマッサージでお腹を温めたところで、次にお腹の肉を満遍なく掴みながら、ゆっくりとセルライトを揉み解していきましょう。セルライトを掴むんで揉み解すとかなり痛みがあると思うので、無理のない程度に揉み解してください。

このマッサージもお腹の腸にも刺激を与えることができるため、便秘解消目的としてもマッサージを行うことをオススメします。なかには、セルライトは潰しにくいから相当強くしなければいけないと言う方もいますし、青アザができるまでやる方もいますが、それは逆効果となります。

適度な力で優しくほぐすようにお腹のセルライトを揉むようにしてください。揉んでいくとお腹に赤い痕ができるようになりますが、それがセルライトだといわれています。

太もものセルライトのマッサージ方法

次に、太もものセルライトのマッサージ方法をご紹介します。お腹と同じように太もものセルライトも始めはリンパの流れを良くするためのリンパマッサージをすることをオススメします。太ももが温まってきた時点でセルライトのマッサージをした方が、セルライトをほぐしやすくなります。

太もものセルライトは、お腹よりもわかりやすいことが特徴です。太ももをぎゅっと掴むとぼこぼことした凹凸ができると思いますが、それがセルライトです。セルライトがあると太もものシェイプアップがさらに難しくなるので、是非セルライトは積極的に解消しましょう。

膝上→足の付け根に沿って足を摩る

まず、膝上から足の付け根にかけて手のひらで太ももを包みながら摩ってください。強さは少し足を握る程度の強さで構いません。この動作を10回程度行いましょう。このマッサージをしていくと太ももがポカポカとしてくるので、セルライトのマッサージ前にオススメです。

足の付け根にはリンパの関門と呼ばれるようなリンパ筋が通っています。このリンパ筋の流れをスムーズにさせることで血行が良くなり、老廃物の排出やむくみの解消も期待できるので、足のむくみが気になる方は是非このマッサージを毎日行うようにしましょう。

マッサージをする時のイメージとしては、膝から太ももにかけて停滞しているリンパ液を足の付け根に戻すというようなイメージです。決して強くやりすぎず、ゆっくりと適度な力で摩るようにしてください。

膝上から足の付け根に向かって雑巾を絞るように揉む

次に、膝上から足の付け根に向かいながら、太ももの肉を掴んで雑巾絞りの要領で揉み解しましょう。恐らく太ももが手に収まることはないと思うので、先に内腿側の肉を雑巾絞りで揉み解し、次に外側の太ももの肉を揉み解すようにしましょう。

この時、1箇所につき5回ほど揉み解してください。部位によってはかなり痛みを感じることもあると思いますが、セルライトだからとって強くやりすぎず、あくまで凝り固まった脂肪を優しく解すような感覚でマッサージすることをオススメします。

この雑巾絞りの揉み方は、セルライトだけでなくむくみの解消にも良いリンパマッサージです。足は身体の部位の中で一番心臓から遠くむくみやすい部位でもあり、むくみはセルライトの原因にもなるので、是非毎日の日課にしてほしいと思います。

手のひらで拳をつくって太ももを拳で摩る

最後に、膝上から足の付け根にかけて、手で拳をつくり太ももの外側を摩り上げてください。摩る回数は10回程度で大丈夫です。外側が終わったら次は内側を摩りましょう。拳で摩るのでかなり痛いと思います。決して強くやりすぎず、痛いけど気持ち良い程度の強さで行ってください。

このマッサージもリンパの流れを良くする効果があります。マッサージを終えた直後から太ももがいつもと違う、太もも全体がポカポカしていると感じるかもしれません。セルライトも拳で摩ることで解しやすくなります。

感覚的にはマッサージ用のローラーのような感じかもしれません。自分の手でマッサージをした方がどの部位が硬くなっているのか、どこにセルライトが集中しているかがわかるので、是非手でのマッサージもしてほしいと思います。

セルライトのマッサージをする時に大事なこと

セルライトのマッサージをする時に大事なことを解説して行きたいと思います。美容エステなどでセルライトのマッサージを受けると、びっくりするほど痛くされたという経験がある方も多いのではないでしょうか。そのため、自分でやる時もかなり痛くしないとダメだと思うかもしれませんが、独自に強くやりすぎることは危険です。

また、マッサージをする時は滑りを良くするためにクリームやオイルなどのグッズを使うこともオススメです。

保湿クリームやオイルなどを使う

保湿クリームやオイルなどは、マッサージの時に手の滑りと良くするために非常に便利です。そのままでもマッサージはできますが、手の摩擦によって肌を傷めてしまう可能性もありますし、肌がダメージを受けてくすみなどの原因にもなりかねないので、クリームやオイルを塗るようにしましょう。

中には、カプサイシンなどの脂肪燃焼効果が期待できる成分が含まれたクリームなどもあります。温かくなるクリームもあるので、よりセルライトのマッサージの効果を高めたい方はこのようなクリームを使うことをオススメします。

また、香りも自分の好きな香りを選んでください。好きな香りのクリームでマッサージをすると心が安らぎますし、リラックス効果も期待できます。保湿や美容成分によって美肌を目指すことも可能ですよ。

強くマッサージしすぎるのもNG

前述でも多く触れていますが、強くマッサージをしすぎるのはNGです。エステで悲鳴を上げるほど痛くされた方もいるかもしれませんが、エステはプロの知識が合って、しっかりとわかった上で行われていることなので、自分でマッサージをする時に強くしすぎるのは危険です。

間違っても青アザができるまでマッサージしないようにしてください。あまりに強くマッサージをすることで、セルライトを揉み解すどころか逆効果になってしまう恐れもありますし、肌を傷つけてしまう恐れもあります。

適度に、心地の良い痛さがある程度でキープしてマッサージをするようにしましょう。手でマッサージをするからこそ力加減の調整は可能ですし、自分でやるからこそ自分に合った加減でマッサージすることができます。無理なく毎日続けるようにしましょう。

毎日継続することが大切!3ヶ月以上は続けよう

リンパマッサージもセルライトマッサージも、毎日続けなければ意味がありませんし、今まで蓄積してきたセルライトを解すのですから、それなりに時間がかかることも覚悟しなければいけません。そのため、最低でも3ヶ月は継続するようにしましょう。

セルライトマッサージは、揉み解すことでどんどん柔らかくなります。しかし、放置してしまえば老廃物やむくみ、脂肪の蓄積などでどんどん硬くなり、最終的には自分ではどうしようもなくなってしまう場合もあります。

専門家の力を借りずにセルライトを除去するためにも、しっかりと毎日自分で地道にケアをすることも大切です。むくみ解消にも役立つので、是非毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、太ももとお腹のセルライト解消に効くマッサージの方法をご紹介しました。あまりに酷く、自分では対処しきれない程度のセルライトは専門家に任せるべきですが、自分で何とかケアが出来る部分は是非、毎日のマッサージでケアしていきましょう。

毎日のマッサージの効果を高めるためにも、クリームやオイルなどのセルライト解消グッズを活用することもオススメです。セルライト用でなくても、自分の好きな香りのクリームや、お気に入りの保湿クリームなどを使っても構いません。

自分でマッサージをするからこそ、適度な力で無理のないように行うことが大切です。継続は力なりというように、毎日続ければセルフケアでも大きな効果が期待できます。是非毎日の日課にしてくださいね。