本当に痩せるダイエットメソッド

20代のダイエットでオススメの運動は?目的別の運動を5つご紹介!

まだまだ働き盛り、遊び盛りの20代。外に出ることが多く、おしゃれを思う存分楽しんでいる方が多いからこそ、自分の体型を気にしている方も多いですよね。20代は基礎代謝がピークとなる18歳からまだそこまで時間が経過しておらず、比較的基礎代謝が高い年齢層でもあります。

体型を変えていくなら20代がチャンス。そこで今回は、20代のダイエットでオススメの運動について解説していきたいと思います。目的別に5つの運動をご紹介しているので、今からダイエットをしようと考えている方は是非参考にしてください。

20代のダイエットでオススメの運動

体力も気力も有り余っている20代ですから、とにかく運動してカロリー消費をしつつ筋トレで筋肉をつけて身体を引き締めていくダイエットがオススメです。代謝がそもそも高いからこそ、その代謝力を活かして脂肪を減らしていくべきでしょう。

そのため、20代ダイエットでは厳しい食事制限よりも運動をメインにすることをオススメします。20代の方にオススメの運動を5つ解説するので、是非今後のダイエットに取り入れてみてください。

とにかく脂肪を減らしたい方には水泳がオススメ

とにかく脂肪を減らしたい!と考えている方には水泳がオススメです。水泳は全身を使って行う運動であり、水の中で水圧が身体の負担になっている状態で泳ぐため、消費カロリーが他の運動と比べて圧倒的に高い傾向にあります。

とにかく余分な脂肪を落としていきたい、多少ストイックなことも喜んでやる!という方は、この機会に是非プールのあるジムに入会してみてはいかがでしょうか。市民プールなどの公共施設も利用できるので、是非水泳をする習慣をつけてみましょう。

プールではクロールで泳ぐことが、一番カロリー消費が高いといわれています。もちろん泳ぐスピードによっても消費カロリーは異なりますが、決して無理だけはしないようにしましょう。水圧で身体に負荷がかかっている状態なので、正直なところ遊んだりプールの中を歩くだけでもカロリー消費は期待できます。

バストをキープしたい方には腕立て伏せ

女性がダイエットをする上で一番悩んでいることは「痩せられるかどうか」ですが、痩せてきた女性が一番悩むのは「これ以上胸を落とさずにいられるかどうか」だと思います。20代でおしゃれも恋愛も楽しい時期ですから、できれば女性らしい身体をキープしたいと思いますよね。

そこで、バストをキープした状態で痩せたい方にオススメなのは、腕立て伏せをすることです。腕立て伏せは二の腕を鍛えるイメージが強いと思いますが、身体を持ち上げる際に胸の筋肉を使っているため、胸筋にも非常に効く筋トレだといわれています。

胸筋を鍛えればバストをキープするだけでなく、バストをキュッと上に上げる効果も期待できるそうなので、是非女性のダイエットには腕立て伏せを取り入れるべきでしょう。まずは10回程度から徐々に身体を慣れさせるようにしてください。

下半身をすっきりさせたいならスクワット

20代も半ばに差し掛かると、下半身の脂肪が気になりだす方も多いのではないでしょうか。女性という身体の構造上、妊娠出産の準備として下腹部から下に脂肪がつきやすいのはもう仕方のないことですが、できればスラッと綺麗な下半身を手に入れたいですよね。

そこでオススメなのがスクワットです。正直スクワットは全身に効く筋トレなので、下半身が気にならない方も日々のダイエットに取り入れてほしいと思います。スクワットで主に鍛えられるのは太ももの筋肉とお尻の筋肉です。

太くなってしまうのではと懸念する方もいると思いますが、やり方さえ間違えなければ問題ありません。むしろ太ももが綺麗に引き締まり、お尻がキュッと上がるようになるため、脚を長く見せることにも効果が期待できます。

家でも簡単に運動をしたいならダンスエクササイズ

ジムに通う暇がない、まとまった時間を確保して運動をする余裕がないと、働き盛りの20代の方には時間の問題が出てくると思います。そんな時に自宅でもできる運動があれば嬉しいですよね。そこでオススメしたいのがダンスエクササイズです。

動画サイトにはたくさんのダンスエクササイズの動画がアップされています。ウエストの引き締めに効果があるものや、ノリノリで踊って全身を使い有酸素運動を行えるものまで種類が豊富です。

踊る場所を確保さえすれば自宅でも行うことができます。パソコンの画面を見ながらでも良いですし、より本格的にダンスをしたいということであれば市販のDVDを購入しても良いかもしれません。好きな音楽に合わせて踊るので、楽しんで続けられると思いますよ。

運動が苦手な方はまず「ながら運動」から

誰もが痩せたいと思って運動をしても、ほとんどの方が成功せずに終わってしまいます。その理由の多くは、「痩せるために頑張ったけど、実は運動が苦手で苦痛に思ってしまったから。」だといわれています。痩せるためと言っても苦手なことを無理矢理続けるのは大変ですよね。

運動が苦手、運動嫌いの方は、まず運動をするという意識の少ない「ながら運動」から始めてみましょう。仕事をしながら、家事をしながら、テレビを観ながら、お風呂に入りながら、など日常の中で自然と身体を動かす習慣を身に付けるのです。

オススメは、1日中お腹をへこませている状態をキープしたり、座っているときに内腿を閉じて力を入れるなどです。テレビを観ているときにストレッチをしたり、お風呂に入っている時にバタバタと脚を動かしてみるのもオススメです。「何かをしながら」ということなので、運動に集中しているよりも苦痛を感じにくいため、長く続けられるのではないでしょうか。

20代のダイエットで運動を効果的に行うコツ

次に、20代のダイエットで運動を効果的に行うためにはどのようなコツがあるのかご紹介したいと思います。確かにただ運動をしているだけでも、今までよりは消費カロリーが上がりますし、身体にも良い影響を与えることができるでしょう。

しかし、折角ハードな運動をしたり、慣れないことを痩せたいという目的のためだけに続けているのですから、より効果を高めたいと思いますよね。効果を高めるためにはどのようなことに気をつけるべきなのか解説するので、是非参考にしてください。

筋トレ→有酸素運動の順で脂肪燃焼効果アップ

多くの方は、有酸素運動だけでなく筋トレなどの無酸素運動も一緒に行っていると思います。どちらを先にやっても問題ないのでは?と思うかもしれませんが、実はより脂肪燃焼の効果を高める運動の順番というものがあります。

基本的に、筋トレは糖をエネルギーとして運動を行い、代謝をアップさせることができます。対する有酸素運動は酸素をエネルギーとして脂肪の燃焼を促す働きが期待できます。つまり、先に筋トレをして代謝を上げた後に有酸素運動を行うことで、代謝が上がっている状態でより脂肪燃焼効果を高めることができるということです。

逆に、有酸素運動を先に行い、筋トレを行うと、負荷不足で筋トレの効果が半減してしまうといわれています。運動をする時は必ず筋トレ→有酸素運動の順番を徹底して行うようにしましょう。

運動の様子をSNSにアップしてモチベーション対策に

20代の方の多くはSNSを利用していると思います。近年種類はかなり増えてきましたが、その中でも主流なのはツイッターとインスタグラムではないでしょうか。ダイエットで運動を始めるというのではれば、思い切ってSNSを利用しましょう。

利用方法は簡単で、「ダイエットを始める」「毎日運動をこれだけする」という宣言をしたり、目標体重と現在の体重を公開したり、運動の様子を写真に摂ってSNSにアップするなどです。実際の友人やフォロワーなど不特定多数の方が見ている中でダイエット宣言をするので、挫折しそうになっても「SNSで言ってしまったから。」と踏ん張れるかもしれません。

また、途中経過をアップすることで、「綺麗になった。」「すっきりしたね!」「こんな体型になりたい。」などのコメントを見ることで、よりダイエットの励みになるのではないでしょうか。

代謝力の高い20代に運動のダイエットはぴったり!

冒頭でも軽く触れましたが、20代は代謝がピークとなる18歳からそこまで時間が経過していません。18歳を過ぎれば代謝は右肩下がりになるといわれていますが、それでも20代はまだ比較的基礎代謝が高い年齢層だといわれています。

そのため、30代以降の年齢層に比べて痩せやすい状態であることに間違いはありません。もちろん体質などの差はあると思いますが、20代はこの代謝力の高さを活かしてダイエットを行うべきです。

そのため、下手に食事制限をして筋肉を減らしてしまったり、代謝を低下させるくらいなら、運動をたくさん行って脂肪を燃焼させ、筋肉量を増やして30代以降に備えて代謝を上げることをオススメします。20代だからできることを、30代40代の自分の身体に備えて準備しておくことが大切ではないでしょうか。

まとめ

20代は代謝力が高く、ダイエットをするには適した時期だといえます。しかし、30代に差し掛かれば差し掛かるほど代謝は下がりますし、この先どんどん痩せにくくなっていきます。だからこそ、20代は運動をしっかりと行って脂肪を減らし、筋肉をつけて痩せやすい体質を手に入れるべきだと考えます。

20代にオススメの運動は水泳やダンスなどの有酸素運動から、スクワットや腕立て伏せなどの無酸素運動までたくさんあります。自分に合った運動を続けることが一番ですが、必ず筋トレの後に有酸素運動を行うという順番は厳守しましょう。

モチベーションキープのために、皆さんが持っているSNSのアカウントを利用することも1つの手です。個人情報がわからない程度にダイエットの様子や途中経過を報告することによって、寄せられたコメントを見て励みになるかもしれません。まだまだアクティブな20代ですから、ダイエットもアクティブに行っていきましょう。