本当に痩せるダイエットメソッド

ダイエットの味方「豆腐」!よく知り一段上へ

ダイエットや健康を気にしている人なら必ず食べているであろう食材「豆腐」。

 

ヘルシー食材の代表格と言っても過言ではありません。

しかし低カロリーということ以外はあまり知られていない悲しい存在でもあります。

豆腐にもいろいろ種類があり

低カロリー以外にもいろいろなダイエット効果、健康効果があります。

しかも「体にいいから!」だけで食べていると思わぬ落とし穴に落ちることもあります。

実際ダイエットに取り入れている方の中には「効果がなかった」と言っている人もいます。

キレイに落とし穴に落ちた人ですね。

 

もしかしたらあなたもそうですか?

 

もしそうならこの記事を読めば

もうその落とし穴にはもう落ちなくて済みます。

 

今回はいつも食べている豆腐について

お伝えしていきます。

 

【豆腐とは】

 

今さらかもしれませんが

豆腐とは何なのかを簡単にお伝えしていきます。

 

豆腐は大豆を煮てすりつぶしたものを

濾して「おから」と「豆乳」に分けて

その豆乳ににがりなどの凝固剤をいれて

固めたものです。

 

ちなみによく売られている絹ごし豆腐と木綿豆腐は

絹ごし豆腐を圧縮して水分をある程度抜いたものが木綿豆腐となります。

水分が抜けている分栄養素が凝縮している代りに絹ごし豆腐よりも固くなっています。

他にも油で揚げた厚揚げや油揚げ

凍らせたり乾燥させてつくった高野豆腐や凍り豆腐などがあります。

 

【豆腐のダイエット効果】

 

豆腐のダイエット効果は原料である大豆に由来します。

 

〔大豆イソフラボン〕

豆腐をダイエット食材として選んだ方なら大豆イソフラボンはご存じだとおもいます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンである

エストロゲンと非常に構造が似ていて

体内での作用も似ています。

 

エストロゲンには肌の新陳代謝を活発にする効果がありますので美肌ホルモンともいいますし

通常生理が終わった1~2週間の間に

分泌量が増える時期があります。

そのときのことを思い出してください。

なんとなく調子がよくないですか?

 

エストロゲンには女性の心身の調子を整える効果がありますので

活発的になります。

もちろん代謝が上がるので

ダイエットをする上で一番効果がでやすい時期でもあります。

 

そのエストロゲンと似た効果がある大豆イソフラボンは

ダイエットに非常に効果的です。

※大豆イソフラボンはあくまで植物性の物質なので完全にエストロゲンの代わりとなるわけではありません。

 

ちなみにエストロゲンの分泌量が減少して起こる更年期障害にも効果が期待できます。

 

〔腸内環境を整えて便秘解消!〕

これはあまり知られていませんが

大豆には大豆オリゴ糖という成分が含まれています。

この大豆オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌として非常に優れています。

善玉菌が増えて便秘が解消されると

体内の老廃物が効率よく排出されるので

代謝がよくなります。

 

しかし大豆の消化吸収率は約60%ほどです。

少し魅力がない数字かもしれませんが

大豆を豆腐にするとそのパーセンテージは約98%ととても魅力的な数字になります。

 

柔らかく煮たり、すりつぶしたりするので大豆の細胞壁が壊れることが要因と言われています。

 

〔カルシウムが豊富〕

カルシウムというと牛乳などがイメージとして強いですが実は豆腐にも豊富に含まれています。

 

毎食150gの豆腐を食べれば1日に必要なカルシウムの80%を摂取することができます。

 

150gというと小分けで何パックかセットだったり繋がっているタイプで販売されている豆腐の1パック分が大体ですが150gほどです。

そんなに大変な量ではないと思われます。

※ダイエット方法とは別です。

 

カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく

ダイエットにも効果的です。

糖質や脂質を燃やすときに

ビタミンやミネラルも使われるのですが

そのミネラルの1つがカルシウムなのです。

 

カルシウムはダイエット期間中は食事制限などで摂取量が減ってしまいます。

 

骨粗しょう症などの原因にもなりますので豆腐に限らずちゃんとカルシウムは摂取しましょう。

 

〔鉄と銅も豊富〕

鉄分が不足すると貧血になるとよくいいます。

それは事実で血液中の赤血球が少なくなることを指します。

 

赤血球に含まれているヘモグロビンは体内の各所に酸素を運び、二酸化炭素を回収していくという働きがあります。

これがスムーズに行われないと

エネルギーを効率よく燃やすことができません。

つまり代謝が悪くなるということです。

特に女性は鉄分不足になることが多いので注意が必要です。

鉄分はヘモグロビンの材料です。

ダイエット中でもしっかり鉄分を補給しましょう。

 

銅はあまりミネラルとして注目されにくいのですが

鉄分がヘモグロビンに変わるときの手助けになります。

鉄分と銅をバランスよく摂取していきましょう。

 

〔たんぱく質が豊富〕

大豆は畑の肉とも言われるくらいたんぱく質が豊富に含まれています。

ダイエット期間中は肉などの高カロリーなものがなかなか食べれません。

しかし肉は大事なタンパク源です。

食べないのは筋肉が落ちたりするので

かえって逆効果となります。

 

しかしカロリーが・・・とループに陥ってしまいます。

 

豆腐に含まれているタンパク質は

植物性タンパク質です。

さらにカロリーも低いです。

 

高タンパク低カロリーと最高のダイエット食品です。

 

〔低糖質・低GI食品〕

糖質制限ダイエットや低インスリンダイエットなどで認知されはじめている

低糖質食品や低GI食品ですが

豆腐はその両方に当てはまります。

 

低糖質とされるには定義があって

厚生労働省が定めています。

「100gあたり糖質が5g以下の食品」とされています。

豆腐は100gで2gもいきません。

正しく低糖質食品です。

 

GI値というのは血糖値の上がりやすさを示した指数で

主に糖質の高いものが多くなります。

GI値が高いと血糖値が急激に上がり

インスリンというホルモンが分泌されます。

このインスリンは「太らせホルモン」とも言われ余分な糖をどんどん中性脂肪に変換していくという作用があります。

※急激に血糖値が上がらなければ問題はありませんし、インスリンはなくてはならないホルモンです。

 

ですので血糖値が急激に上がりにくい

低GI値のものがダイエットには適しています。

GI値が60を境に高いか低いかが決まります。

豆腐のGI値は約40となりますので

文句なく低GI食品となります。

 

【豆腐ダイエットの落とし穴】

豆腐はダイエット食品として優秀です。

 

しかし気を付けないと思わぬ落とし穴に落ちます。

 

〔糖質・脂質が少なくて腹持ちが悪い〕

豆腐は糖質も脂質も低くで一見ダイエット食品としていいかと思われます。(実際適しています)

しかし糖質や脂質は人間にとって重要なエネルギー源です。それが少ないとすぐにエネルギーが枯渇したように感じます。

すると人間の体はそれを補おうと

空腹感としてサインをだします。

それによって間食などが多くなり

結局カロリーや糖質・脂質の摂取オーバーになってしまうのでダイエット失敗となってしまいます。

 

〔豆腐だけではタンパク質を補いきれない〕

豆腐は先にも述べたとおり

高タンパクな食品ですが

豆腐に含まれているタンパク質は

あくまで「植物性たんぱく質」です。

確かに大豆に含まれている植物性たんぱく質は優秀なものですが

完全に豆腐だけ食べて必要なたんぱく質は補いきれません。

 

実際に食品にはアミノ酸スコアというものがあります。

たんぱく質は食事で肉などを食べて

体内でアミノ酸という形に分解され吸収されます。

その中でも必須アミノ酸と呼ばれる人が生きていくのに文字通り必須のアミノ酸です。

これらの多さを表したのがアミノ酸スコアです。

 

肉や卵などはアミノ酸スコアがほぼ100となります。

アミノ酸を摂取するにはベストですが

高カロリー、高脂肪なのが気になるところです。

 

豆腐のアミノ酸スコアはどうでしょう?

アミノ酸スコアは82と高得点かと思われるかもしれませんが

これではアミノ酸をバランスよく摂取することができません。

 

豆腐ダイエットで失敗する人は

豆腐ばかり食べて

アミノ酸量のバランスを崩し

ダイエットに必要な筋肉などの代謝が悪くなってしまうことがあげられます。

 

豆腐でのたんぱく質の補給は

あくまで補助的なものとして使いましょう。

 

【豆腐ダイエットのやり方】

 

豆腐ダイエットでは木綿豆腐を使うのがオススメです。

 

絹ごし豆腐を圧縮したもので

栄養素も凝縮してますので

木綿豆腐がオススメです。

 

ですが絹ごし豆腐の滑らかな食感も美味しいので気分で変えてもそこまでの問題はありません。

 

簡単な方法としては

1日1食を豆腐メインの食事に変えてみるというものです。

特に夜がオススメです。

夕食を豆腐メインにすることで

たんぱく質を豊富に摂取することができます。

このとき摂取したたんぱく質は肝臓の働きをよくしてくれます。

肝臓の解毒や代謝に必要な酵素の原料になります。

 

そのときはたんぱく質、糖質、脂質のバランスを考えながら献立を作ることが

非常に重要です。

 

それらを注意した上で豆腐ダイエットをするなら

夕食置き換えが効果的です。

 

【豆腐ダイエットのまとめ】

 

どうでしたか?

落とし穴から出られそうですか?

 

豆腐は注意点をしっかり抑えることができれば非常にダイエット向きな食材となります。

 

是非1ステージ上の豆腐ダイエットを試してみてください。