本当に痩せるダイエットメソッド

梅干しに秘められた優れたダイエットパワー!焼いてもおいしい理由とは?

梅干というと日本の伝統的な食べ物です。

ごはんのお供、疲労回復、殺菌作用などいろいろな効果があるものですが

実はダイエットにも効果があるのが

最近の研究でわかってきました。

実際

「運動しなくても痩せた!」

「手の込んだ料理をしなくてもいいから楽♪」

 

などの口コミから見ると

痩せるという確かな効果と、

楽に続けることができるという効果に

集中しているようです。

 

梅干に一体どんなダイエット効果が、あって

どんな方法なんでしょうか?

 

今回はそんな梅干ダイエットについてお伝えしていきます。

 

【梅干のダイエット効果】

 

みなさんが一度は食べたことがある

梅干には様々なダイエット効果が隠されていました!

 

〔クエン酸による脂肪燃焼効果〕

クエン酸というのは梅干特有のすっぱさの素となる成分で

疲労回復効果の素にもなります。

 

疲労回復効果というのが少しダイエット効果とも関わってくるのです。

 

私たちの体の細胞にはそれぞれにエネルギーを作り出すシステムが備わっています。

これをATP回路といい

別名クエン酸回路とも言われます。

 

このクエン酸回路は様々な物質が姿をかえながらエネルギーを産出していくもので

クエン酸はその代表として知られています。

クエン酸を摂取するとその回路に

水車に水を注ぎ込むかのように回りはじめてエネルギーをどんどん作っていきます。

ようするに体に蓄積されている

不要な糖質や脂質を消費していっていることになります。

 

ちなみにこのクエン酸回路はATP

(アデノシン三リン酸)という ものを作り出します。

これが疲労によりダメージを受けた細胞の回復につながります。

 

〔クエン酸によって筋肉を柔らかくする〕

筋肉は疲労を溜め込むと固くなってしまうという性質があります。

前述もしましたが

梅干に多く含まれているクエン酸には

疲労回復の効果がありますので

筋肉を柔らかくしてくれます。

昔から「お酢を飲むと体が柔らかくなる」というのは間違いではなかったのです。

 

筋肉を柔らかくすると何がいいかというと筋肉が固いと中を走る血管が筋肉で圧迫され血液が通るのを邪魔しています。

 

血液が滞ると代謝が低くなるということと老廃物が処理されることもなく

筋肉に留まるのでさらに血流が少なくなるというとんでもないスパイラルにはまってしまいます。

 

柔らかい筋肉を増やすことが血流アップにつながり、代謝アップにつながります。

 

〔クエン酸による血流アップ効果〕

筋肉を柔らかくすることとは別に

クエン酸には血液をサラサラにする効果があるので全身の血流がよくなります。

 

体の隅々まで血行がよくなると

栄養素や酸素が十分に届けられて

細胞1つ1つの代謝がアップするので

基礎代謝の底上げをしてくれます。

 

〔クエン酸による便秘解消効果〕

クエン酸にはまだダイエット効果があります!

 

ラストは便秘解消です。

便秘はダイエットの天敵です。

物理的考えても体に溜まっている宿便が無くなるのでその分体重は軽くなるのはイメージしやすいです。

 

その他にも便秘になると宿便から出る毒素によって体の代謝が落ちてしまったり

臓器を圧迫して血流を悪くしたりと

いいことがありませんので

便秘は健康の面でも解消しておいたほうがいいです。

 

〔抗酸化作用で代謝アップ〕

梅には梅リグナンというポリフェノールが含まれていて高い抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用というとアンチエイジングというイメージですが

ダイエットにも効果的です。

 

酸化は言わば老化ということです。

老化すると細胞レベルでの代謝が落ちますしセルライトなどの燃えにくい、とれにくい脂肪も増やしてしまいます。

 

それを高い抗酸化作用によって予防しようというイメージです。

 

〔バニリンによる脂肪燃焼効果〕

バニリンはなんと地球上で梅干にしか含まれていません!

唯一無二の存在です。

 

バニリンは脂肪細胞に直接働きかけて

脂肪燃焼を促進する効果があります。

 

そのおかげでしょうか

梅干の産地で有名な和歌山県では

BMIという肥満の度合いを測る指数が

低いという報告もあります。

 

【焼き梅干ダイエット】

 

梅干には様々なダイエット効果があるのが分かっていただけたでしょうか。

 

実は梅干のポテンシャルはまだまだこんなものではありません。

 

梅干のダイエット効果で注目しているのはバニリンです。

直接脂肪細胞に働きかけるので

ダイエット効果が高いです。

 

もちろん多く摂取したい成分ですが

梅干には塩分が多く含まれていますので

あまり多く食べるとダイエットや健康面で逆効果になってしまいます。

 

しかし1個の梅干に含まれるバニリンは簡単に増やすことができます。

 

それ「加熱」です。

 

梅干にはバニリンの他にも バニリングコシドというバニリンに似たような成分が

ありますが

バニリングコシド には脂肪燃焼効果はありません。

 

しかし バニリングコシドは加熱によって

バニリンに変化し冷やしても元に戻りません。

 

これによりバニリンは元の20%ほどアップします。

したがって脂肪燃焼効果も20%アップします。

 

しかも加熱ならなんでもいいので

フライパンで焼いても煮ても

レンジで温めても大丈夫です。

 

〔まだある焼き梅干のダイエット効果〕

 

焼き梅干にはもう1つダイエットに適した成分があります。

梅干を加熱すると通常の梅干にはない

ムメフラールという成分が作られます。

 

 

血液をサラサラにするという効果があるのです。

ムメフラールは少し変わっていて

血液をサラサラにするといってもいろいろな方法があります。

 

他の血液をサラサラにする効果の多くは

血管を広げたり、コレステロールを低下させるのがメインなのですが

ムメフラールは血液のメインの成分である赤血球に働きかけてその柔軟性を高めることができます。

 

赤血球は酸素などの物質の運搬する作用が強いので

その反応性を高めることができます。

つまりより多くの酸素を運び

不必要になった二酸化炭素などを効率よく運び出すことができます。

 

代謝が促進されてよりダイエット効果が期待できます。

 

このムメフラールもバニリン同様

一度できてしまえば

冷めても消えたりはしません。

加熱方法もバニリン同様です。

 

【梅干ダイエットのやり方】

医者 ダイエット

梅干ダイエットは梅干を食べるだけというとても手軽なものとなります。

 

しかも食べるタイミングも自由です。

 

ただし注意が必要なのは「摂取量」です。

梅干はご存じの通り

塩分が多い食品なので食べ過ぎは

健康面でオススメできません。

美容面ではむくみの原因になります。

摂取量は大きめの梅干で3つまでです。

 

上記でおすすめした焼き梅干ダイエットは

何らかの方法で加熱した梅干を使うだけで基本的には梅干ダイエットと代わりありません。

 

前述したとおり梅干のダイエット効果のメインとなるバニリンやムメフラールは

一度加熱すれば冷えても量はかわらないのでまとめて加熱して冷蔵庫などで保管すれば

そこから取り出すだけで

使えるようになるので非常に便利です。

楽に続けられる理由はここかもしれません。

 

【梅干ダイエットのまとめ】

 

梅干は日本の伝統的な食べ物です。

数あるダイエット食材の中でも

脂肪燃焼効果の高い成分の割合が大きいので直接的な効果が期待できます。

しかしその他の食事がカロリーオーバーしたり栄養バランスが偏っていたりすると失敗しやすいので要注意です。

 

手軽で楽な梅干ダイエットを

是非ともお試しください。