本当に痩せるダイエットメソッド

「野菜の王様」明日葉で脂肪燃焼ダイエット!おすすめの方法と注意点

明日葉という野菜をご存じですか?

 

首都圏のスーパーでは販売されているようですが

それ以外のスーパーではあまり見かけないと思います。

 

その聞きなれない明日葉には

健康効果やダイエット効果が高いので

隠れたブームになっています。

 

栄養価が非常に高いので

健康的にキレイになれて

ダイエットにもなるといういいことずくめです。

 

今回はその明日葉のダイエット効果と方法をお伝えしていきます。

 

【明日葉って何?】

明日葉というのは日本原産の植物で

主に太平洋側の房総半島から紀伊半島までに自生しています。

 

「今日摘んでも明日には芽が出る」というくらい成長が早いので、その名がつきました。

植物としては珍しく良質のタンパク質が豊富に含まれています。

 

その栄養価の高さと含有量のバランスの良さから「野菜の王様」と言われてます。

 

世界的にみるとケールがその立ち位置にいますが

そのケールをも上回る栄養価とバランスが特徴です。

 

その健康効果から

大昔は不老長寿の薬として重宝されていました。

 

【明日葉の健康効果とダイエット効果】

上記しましたとおり明日葉は栄養価が非常に高くバランスも素晴らしいので

 

健康のため、ダイエットのためにとても

優秀な食材となります。

 

〔カルコンによる脂肪燃焼効果〕

明日葉には「カルコン」という

世界中の植物の中でも明日葉にしか含まれないポリフェノールがあります。

 

このカルコンが生活習慣病として名高いメタボや肥満の解消に役立ちます。

 

このカルコンには脂肪細胞自身が出す

抗メタボホルモンである「 アディポネクチン 」というもの分泌を促進する効果があります。

 

聞きなれないこのホルモンは

・ 筋肉や脂肪への血中の糖の取り込みを促進し血糖値を下げる

・肝臓や骨格筋を活性化して脂肪燃焼を高める

・ 血管を拡張して血圧を下げる

・ 血管に働き動脈硬化の進行を予防する

・ヒアルロン酸の生成

といった作用があり

メタボ、高脂血症、糖尿病、高血圧、動脈硬化、長寿に効果があります。

 

アディポネクチンの作用は多岐にわたるのでそれだけで長々と説明しないといけなくなるのですが

「健康でキレイに長生きするために必要不可欠なホルモン」と思ってください。

 

さらにダイエットをしている人にとって

アディポネクチンは

「食事制限・運動なしで痩せることができる」という夢のようなダイエットをすることができます。

 

そしてこのアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるのにも関わらず、肥満の人は分泌量が低いという特徴があります。

そして痩せすぎの人も分泌量が低いという傾向があります。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが、脂肪細胞1つ1つが大きすぎる小さすぎるとなると正常な量が分泌されないからです。

 

〔クマリンによるダイエット効果〕

カルコンと並び明日葉が特に多く含まれているのが「クマリン」と呼ばれる成分です。

クマリンには抗菌作用や血液をサラサラにする作用、脳機能の改善などの効果があります。

 

ですので糖尿病、アルツハイマー、

がん、心臓病、脳梗塞などに効果が期待できます。

 

 

クマリンには女性に嬉しい効果があります。

クマリンは女性ホルモンの一種である

「エストロゲン」と似た働きがあります。

エストロゲンが減少することによって

女性の心身は様々な不調が現れます。

更年期障害がそのいい例です。

生理周期によっても増減があるので

減少しているときは

健康面でもダイエット面でも

あまりいい効果はありません。

 

クマリンはその状況を改善する効果があります。

 

しかしクマリンの過剰摂取は体にとって有害です。

明日葉の他にはシナモンやメリロートなどにも多く含まれているので

同時に多量に摂取するのは危険です。

シナモンを普段から使っている人は

明日葉ダイエットは避けたほうがいいかもしれません。

 

〔食物繊維が豊富かつバランスがいい〕

食物繊維はダイエットにとても重要な存在です。

なぜなら食物繊維は便秘解消に非常に効果的だからです。

 

便秘は老廃物や毒素を溜め込み、全身の細胞の代謝を悪くしたり

臓器を圧迫することによる内臓の働きが鈍くなったり

物理的に便が腸に貯まることによって

その分重くなります。

 

便秘解消はダイエットのためには

必須であると言っていいでしょう。

 

そこで登場するのが食物繊維です。

 

食物繊維は2種類あって

水溶性と不溶性の2種類です。

 

・水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維はその名のとおり

水に溶ける食物繊維で水分と混ざりあってゲル状の物質になります。

腸内をゆっくり動いていくので

空腹感を感じにくくなります。

さらに腸内にゲル状の膜を作り

糖質の吸収を遅くします。

この完全にブロックするのではなく

吸収を遅くするということが重要なことなのです。

 

糖質を多く含むものを食べると

腸からすぐに吸収されて血糖値が急上昇します。

血糖値が高くなるとインスリンというホルモンがでます。

これは血糖値を下げるホルモンなのです。通常なら何事もなく血糖値の調整を行ってくれます。むしろないと困るホルモンなのですが

血糖値の「急上昇」というのがポイントで血糖値が急上昇するとインスリンが過剰に分泌されることにより糖を中性脂肪にかえるという作用が追加されるのです。

この作用のせいでインスリンは「太らせホルモン」という汚名を着せられています。

元凶となるのは「血糖値の急上昇」です。

水溶性食物繊維にはその元凶を抑えてくれる効果があります。

 

ですが水溶性食物繊維が含まれているものは少ないので明日葉は水溶性食物繊維を手軽に摂取できるので有用です。

 

・不溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維は水溶性と違い水分を含んでもゲル状にはならず、膨らんでいきます。

増えるワカメのようなイメージです。

腸は腸内のものが増えると蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。

不溶性食物繊維が膨張することによって蠕動運動が活発になります。

 

さらに水分を含んだまま運ばれていきますので、柔らかい状態を維持できます。

便秘の人の宿便は水分が少なく固くなりやすいので、水分を維持できる不溶性食物繊維は便をスムーズに移動できるので

便秘解消に効果的です。

 

そして重要なことがもう1つあります。

 

それは水溶性と不溶性のバランスです。

水溶性と不溶性は1:2~3というのが理想です。

野菜や果物などに食物繊維は含まれていますが、どちらかが多いということが多いです。

 

しかし明日葉は100グラムあたり

水溶性が1.5グラム、

不溶性が4.1グラムで

1:2.7という理想のバランスなのです。

 

〔カリウムによるむくみ解消〕

体重が増える原因は脂肪だけではありません。

「水太り」という言葉もあるように水分が体に貯まってその分重くなってしまうということもあります。

 

水分が体に貯まる要因は様々ありますが

塩分の摂りすぎが挙げられます。

 

体内の塩分濃度が高くなると

水分を加えて濃度を低くしようとします。

 

明日葉に含まれているカリウムは

体内の余分な塩分を排出する効果があります。

塩分が少なくなれば今度は逆に塩分濃度が低くなりすぎるので体は体内の余分な水分を排出します。

 

その水分は意外に多く、むくみ解消するだけで2~3キロは体重を落とすことができます。

先に述べた便秘解消を合わせると4キロは変わることになります。

 

ちなみにむくんでいる状態だと水分のせいで体中の細胞が膨らんでいるような状態なので血流が悪くなって

代謝が落ちるので痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

むくみを解消するだけで痩せやすい体質に変化します。

 

〔ビタミン類・ミネラルが豊富〕

明日葉にはビタミン・ミネラルが豊富にふくまれています。

 

健康を維持するためにも

ダイエットを効率的にするにも

ビタミンやミネラルを十分補給することは重要なことです。

 

明日葉はビタミン・ミネラルの含有量が他の野菜よりも比較的高いのです。

ビタミン・ミネラルのどれか一種類だけをみれば明日葉より多いものもありますが全ての平均点が高くバランスがいいのが明日葉の特徴です。

 

特に注目なのはビタミンB12です。

実はビタミンB12は野菜の植物の中で明日葉にしか含まれていません。

主に動物性のものにふくまれていますので特にダイエットをしている人は避けられがちになります。

しかしビタミンB12は造血ビタミンともいわれ赤血球を作る上で必要なビタミンです。

赤血球は酸素や栄養分を運び、細胞から出る二酸化炭素などの老廃物を集める

宅配便とゴミ収集車の役割を果たす

健康にもダイエットにも必要なものです。

 

【明日葉ダイエットのやり方】

明日葉ダイエットは非常に簡単です。

「明日葉を食べる」だけです。

 

しかし明日葉がなかなか手に入らないという人もいると思います。

 

そのときに便利なのは青汁です。

ケールがメインの青汁もありますが

それと比べると飲みやすいので続けやすいです。

 

青汁というとケール・明日葉・大麦若葉などが主原料として有名です。

明日葉の効果をメインにしたい場合は

原料名の表示が明日葉が先頭にあるものがいいですね。

原料名は多いもの順に書かれているからです。

 

その青汁を1日1回コップ1杯をどのタイミングでもいいので飲めば終わりという

忙しくて時間のないときでもできます。

 

【明日葉ダイエットの危険性】

明日葉ダイエットは非常に体にいい面がある一方、一歩間違えると体にとって大きなマイナスになる可能性があります。

 

明日葉にはビタミン類が豊富にふくまれています。

その中にビタミンKというものがあります。

聞きなれないビタミンですが

血液の凝固作用があるビタミンです。

循環器系の疾患がある人で治療のために「ワーファリン」という薬を処方されている人やビタミンKの摂取制限を受けている人には明日葉は食べたり飲んだりしてはいけません。

 

ワーファリンは血液を固まりにくくするための薬です。

ビタミンKとは相反する効果があり

薬の効果が無くなってしまいます。

 

さらに医師にグレープフルーツやグレープフルーツジュースを飲んではいけないと言われている人にはオススメできません。

それはクマリンの効果によるものです。

血圧を下げる効果の薬は

本来医療効果を発揮した後は肝臓で処理されていくのですが

クマリンはその効果を阻害して処理できないままにしてしまいます。

薬を服用する度に体内の薬の濃度が高くなり非常に危険な状態になります。

 

そしてそのクマリン自体にも過剰摂取による健康被害が報告されています。

過ぎたるは及ばざるが如しという言葉があるように適量摂取を心がけましょう。

 

【明日葉ダイエットのまとめ】

 

明日葉は昨今人気のスーパーフードと肩を並べるほどの栄養価があります。

 

注意点こそあれど

ちゃんと把握すれば、そこまで危険でもありません。

 

健康にキレイにダイエットしていきましょう!