本当に痩せるダイエットメソッド

コンビニサラダでダイエット!24時間お手軽にできる方法を紹介!

ダイエットと聞いてまず食事に取り入れるのは

サラダという方は多いと思います。

サラダを取り入れてヘルシーに

そして健康的に痩せようという考えから

そうなるのです。

 

そのとき便利なのが24時間空いているコンビニサラダです。

ダイエットのイメージがないコンビニですが、実際はどうなのでしょうか。

わかりやすくお伝えしていきます。

 

【コンビニサラダのダイエット効果】

今はセブンイレブンを筆頭にローソン、ファミリーマートなど

コンビニが乱立している時代です。

そして各社の競争が激化しています。

 

より高品質、低価格で勝負してきています。

 

利用する側としてはありがたい話です。

 

競争の中で世間的に健康志向が高まっていますので

コンビニのサラダも健康を意識したものに変わって来ています。

 

脂質を抑えたものや

塩分を抑えたもの、多品目を食べれるようにしたものなど様々ですが

どれもこれも味もおいしく

バリエーション豊富で量も多くです。

ドレッシングもノンオイルのものから

和洋中多種多様で楽しめるのも嬉しいポイントです。

 

食事制限をしないといけない

ダイエットは「飽きること」との戦いになります。

 

バリエーション豊富なコンビニサラダは

ダイエットに適した環境にあります。

 

 

他の置き換えダイエットや

運動などは飽きてしまったり

時間を作らないといけなかったりして

何かとやめてしまうタイミングが多いので続きません。

 

自分で何かしないといけなかったり

新しい習慣をつけないといけないのは

ストレスがかかるものです。

 

コンビニサラダダイエットの利点は

何より

あなたは「何もしなくてもいい」ということです。

 

コンビニは24時間開いていて時間の制約はないですし

調理もしてくれています。

さらに季節によってバリエーションも変わります。

手軽かついつでもできるコンビニサラダダイエットは

現代人にとって

一番やりやすく効果的なものです。

【カロリーはどうなの?】

 

サラダといっても気になるのが

カロリーですよね。

 

選ぶものによってかなりの差があります。

 

そこで某コンビニのサラダをカロリーを調べたところ

 

やはり健康志向が増しているので

低カロリーなものが多く見受けられます。

 

しかし高いものでも約300キロカロリー程度にとどまっています。

 

その高いものはチキンやパスタなどが入った

オカズや主食の要素が強いものなので

オカズや主食としてなら300キロカロリーというのは

かなりの低カロリーです。

 

サラダと名はついて

一見あっさりしてヘルシーに見える

サラダ巻きなどのほうが約480キロカロリーとかなり高いです。

 

ですのでサラダ巻を食べるよりは

パスタサラダやチキンが多めに入っているサラダのほうが

カロリーは控えめになります。

 

そしてカロリー高めのサラダはごく一部で

他のほとんどのサラダは100~200キロカロリーにとどまっています。

 

カロリーを調整することはダイエットの基本になりますので

ちゃんと意識しましょう。

【カロリーの低いものはどうやって見分けるのか】

 

ご存知の方も多いと思いますが

コンビニの総菜系の商品には確実にラベルが張ってあり

そこに消費・賞味期限、値段の他に中身に入っているものや

カロリーなども表示されています。

 

そこでは今はやりの糖質制限ダイエットに関わる

「炭水化物」というものの表記もあります。

これが低いと糖質も低いといえます。

 

カロリーのコントロールだけでなく糖質のコントロールもできる

コンビニサラダダイエットはおすすめです。

 

【サラダと一緒に食べたいコンビニ商品】

 

〔ホットスナック〕

 

ホットスナックとはレジの横にある

フライドチキンや唐揚げなどのことを言います。

 

コンビニ各社オリジナリティを出していますので

コンビニが多い地域の人は気分を変えるために違う

コンビニに行くこともアリです。

 

しかしフライドポテトなど炭水化物の多いものは逆効果になるので

きをつけてください。

 

〔ゆで卵〕

 

自分でも作れるゆで卵ですが

時間のないときはコンビニで買うのも1つの手段です。

 

しかも味付けされているものが多いので

調味料を使わなくてもそのままサラダと一緒に食べることで

満足感を得やすくなります。

 

〔豚汁・味噌汁・ポトフ〕

 

サラダは低カロリーでダイエットにピッタリですが

体を冷やしてしまうことが難点です。

 

身体が冷えると代謝が悪くなってしまいダイエット効果が落ちます。

 

豚汁やみそ汁などの汁物が体を温めるのに非常に効果的です。

 

【コンビニサラダに使われている野菜は安全なのか?】

 

そもそもコンビニに並んでいるものは

全国に一律に配送されているもので

配送センターからトラックで運ばれてきます。

 

当然配送センターに近いところは新鮮な状態でしょうが

少し離れたところにあるコンビニに並べても大丈夫なように

いろいろと野菜に手を加えているようです。

 

実際野菜のほとんどは細菌などを漂白剤で殺菌しています。

そしてそれを水洗いしてサラダにします。

 

実際ドレッシングなどには

ph調節剤や酸化防止剤など入っているものがありますが

 

生野菜はその殺菌作業だけになります

 

ですが「漂白剤で~」というところが気になりますよね。

 

さらに漂白剤を洗い落とすために

水洗いを何回もして野菜の栄養素は大丈夫なのか

心配です。

 

漂白剤は国の認可を受けているれっきとした成分を使っています。

しかも2回水洗いをしているので残留しているものはありません。

もし残留しているものがあれば大問題となります。

全国に何百とあるコンビニ店舗から

全ての商品を回収しないといけません。

そのほうがコンビニ企業からすれば大打撃になるので

残留しないようにしています。

 

ですが野菜の栄養素は確実に流れ出ています。

特に水溶性の栄養素ビタミンCなどは失われていきます。

 

しかしそれは元々の約20~30%程度です。

 

そういった水溶性のビタミンは熱に弱く

温度管理が悪いほうが損失する割合は多くなります。

 

コンビニの配送技術は年々進化を続けていて

某コンビニでは野菜を畑で収穫したその瞬間から

店頭でお客さんが買うまで温度を一定にして徹底的に管理して

その鮮度を保つ工夫をしています。

 

栄養も鮮度も損失を最小限度にとどめていますので安心ですね。

 

 

残留物はなく栄養の損失もあまりないので

コンビニサラダに使われる野菜は安全だそうです。

 

【まとめ】

 

・カロリーはラベルの表記を確認する。

・バリエーションが豊富で飽きない。

・サラダに使われている野菜は安全。

 

現代人にとってコンビニはなくてはならない存在になりました。

毎日通っている人も多いと思います。

 

そこでコンビニサラダをチョイスすることで

ダイエットになるのでおすすめです。