痩せるダイエット食品

ダイエットはインスリンの調整がキモ!調整に最適な食品はコレ!

ダイエットでは、インスリンの分泌を抑えることが必須!インスリンは糖を脂肪として体にためこもうと働きます。そのため、ダイエット中はインスリンの調節が大切です。

インスリンダイエットでは厳しい食事量の制限がないため、食欲旺盛な方におすすめのダイエット法です。

インスリンの分泌を調整して効率よくダイエットを行っていきましょう。

 

インスリンダイエットとは?

食べ物を摂り入れると、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)があがります。インスリンはこの血糖値を抑えるために膵臓から分泌されるホルモンです。

 

インスリンは細胞に糖をエネルギーとしてとりこむよう働くため、摂りすぎた糖は脂肪としてためこまれてしまいます。

 

そのため、過剰にインスリンが分泌されることは肥満になりやすくなります。

 

 

インスリンが過剰に分泌される要因は、血糖値が急上昇してしまうこと。

 

そのため、血糖値がゆるやかにあがる食品選びをすることで、インスリンの分泌が抑えられます。

 

 

インスリンダイエットでは、多くのダイエット法で伴う空腹感に我慢することがありません。

 

たっぷり食べても、血糖値があがりにくいメニューにすれば大丈夫。お肉好きな人、スイーツが大好きなヒトにも取り組みやすい方法です。

 

 

インスリンダイエットの取り組み方

GI値(グリセミック・インデックス Glycemic Index)が高い食材ほど、血糖値があがりやすいため、毎日の食事では低い食材を選ぶようにします。

 

特に主食となるご飯、パン、麺類の選び方に着目してください。

 

白米に含まれる糖質は玄米に比べると、消化吸収が早く血糖値の上昇も早くなります。

 

そのため、インスリンの分泌が上がりやすくなります。しかし、玄米や胚芽米、雑穀米、そばなどは、消化吸収がゆっくり進み、血糖値の上昇は緩やかになります。そのため、インスリンの分泌も少なくなります。

 

パンの場合も同様に、白い強力粉のパンより全粒粉やライ麦粉、小麦胚芽、玄米粉など精製度が低い粉が配合されている種類の方が血糖値の上昇がおさえられます。

 

そのため、摂り入れた糖質は体に脂肪として蓄えられるより、エネルギーとして利用されやすくなります。

 

【主な食品のGI値】

食品名 GI値
白米 84
玄米ごはん 55
雑穀ごはん 55
全粒粉パン 55
ライ麦パン 58
うどん 84
そば 55
パスタ 65
大豆食品 30~40
乳製品 20~35
野菜類(葉野菜) 25~45
野菜(根菜類) 70~90
さつまいも 55
いちご 25
りんご 39
グレープフルーツ 31

 

 

食品のGI値は70以上を高GI値56~69を中GI値55以下を低GI値と区別します。

 

<主食>

主食は白っぽいものより、精製度が低い胚芽米、雑穀米、全粒粉パン、ライ麦パン、そばなどを選ぶと良いです。

 

<肉・魚類>

肉類、魚類は数値が低いものばかりです。インスリンダイエット時は肉類、魚類を積極的に食べて、筋力アップに努めましょう。

筋力がつくと、脂肪の燃焼も高まります。

 

<野菜>

野菜のうち、葉野菜はGI値が低いため、多く摂ってよい食材です。しかし、じゃがいも、とうもろこし、さつまいも、かぼちゃ、山芋、人参など根菜類はGI値が高くなるので、インスリンダイエットでは避けた方がベターです。

 

<果物>

果物はビタミンCが豊富でダイエット中には摂りたい食材ですが、果糖が多いため、種類選びに注意が必要です。いちご、りんご、グレープフルーツなどはGI値が低いのでおすすめ。しかし、パイナップル、バナナなどトロピカルフルーツはGI値が高めのためNGです。また、ドライフルーツも濃縮されていて糖質が高くなりNGです。

 

<おやつ>

おやつやデザートにはゼリー、パンナコッタなどGI値の低いお菓子を選ぶようにしましょう。

 

【お菓子のGI値】

食品名 GI値
ゼリー 46
パンナコッタ 47
クリームブリュレ 47
プリン 52
ケーキ 82
チョコレート 91
大福 87

 

この他、大豆やおからを使ったお菓子や、カカオ含量の多いダークチョコレートのGI値も低いのでおすすめです。

 

インスリンダイエットの効果

肥満の予防  

GI値の低い食材は血糖値の上昇がゆっくり進み、インスリンの分泌が抑えられます。インスリンは血液中の血糖を肝臓や筋肉、脂肪組織に取り込む働きがあるため、過剰に分泌されると、糖が体に脂肪としてためこまれてしまいます。

 

食事制限なし

インスリンダイエットは低GI値の食材を選ぶだけなので、ダイエットに伴う細かい食事量の制限がありません。空腹感と我慢するダイエットは心身ともにストレスがたまり、継続できません。お腹と心を満たしてくれるダイエットは苦痛がなく、普段どおりの食生活が送りやすいですね。友人や家族、職場の方との会食も参加できて、楽しく続けていけそう。

 

インスリンダイエットのまとめ

インスリンダイエットはGI値の低い食材を選ぶダイエット法です。低GI食品は血糖値がゆるやかに上がり、インスリンの分泌が抑えられます。その結果、体に脂肪としてたまりにくく、肥満予防になる食事療法です。

主食は精製度の低い種類を選び、肉類・魚類は好みのものを選んでOKです。野菜は根菜類を控えるようにして、葉物類を積極的に摂るようにしましょう。

インスリンダイエットは過度な食事量の制限がないため、空腹の苦痛がなく、心と体の両方に嬉しいダイエット法です。